SUBARU OFFICIAL WEBSITE

  • トピックス
  • テクノロジー
  • 開発ストーリー
ホーム > スバルのクルマづくり > スバル・スピリット

SUBARU SPIRIT

SUBARU SPIRIT - どんな道でも、安心して走れる。どんなシーンでも、気持ちがいい。乗る人のそんな歓びのために、わたしたちのクルマをつくる。SUBARUのクルマづくりと、テクノロジーのすべて。
技術は進化する。想いは変わらない。

水平対向エンジンやシンメトリカルAWDといった、独創のテクノロジーに彩られたSUBARUのクルマ。
しかし、その根底にあるものは「安心してクルマを愉しんでもらいたい」という想いです。
クルマの本質は、走ることの歓びにあるとSUBARUは考えます。
しかしその一方で、クルマは事故の危険をつねに伴なう存在でもあり、
また、CO2や有害物質を排出する存在でもあります。
だからこそSUBARUは、安全性と愉しさ、環境性能を高度に融合するべく、
もっとも合理的なアプローチに基づくクルマ造りを行っています。

SUBARU SPIRIT [DRIVING] SUBARU BOXER/SYMMETRCAL AWD/シャシー性能 [SAFETY] 0次安全/アクティブセイフティ/プリクラッシュセイフティ/パッシブセイフティ [ECOLOGY] SUBARUの環境技術/環境への取り組み

DRIVING - 走りへの思想

[水平対向エンジン]SUBARUの走りの歓びは、このエンジンから生まれる

ピストンを左右に水平に配置した、独特のレイアウトを持つ水平対向エンジン。
この世界でも稀有な存在である水平対向エンジンを、SUBARUが搭載し続ける理由。
それは、このエンジンが生まれながらに持つ特性こそが、SUBARUが考える理想をもっとも合理的に、
そして高いレベルで実現できるものであると考えたからに他なりません。
回転バランスに優れ、低振動であること。低重心による優れた走行安定性。そして衝突安全性能への貢献。
SUBARUが目指す走りの歓びは、すべてこの水平対向エンジン[SUBARU BOXER]から
生まれていると言っても過言ではないのです。

もっと詳しく読む

[シンメトリカルAWD]独創のAWD。それはSUBARUの理想

高速走行や濡れた路面、雪道。どんなシーンであっても、安心して気持ちよくクルマを走らせられることが、
SUBARUの理想です。そしてSUBARUは、独自のAWDシステム「シンメトリカルAWD」によって、
理想とする性能を追求してきました。SUBARUは4輪駆動がまだ一般的でない時代から、そのポテンシャルに注目。
AWDが本来持つ優れた走行安定性、路面を問わない走破性と、水平対向エンジンを核とした左右対称の
パワートレーンがもたらす重量バランスの良さとの相乗効果によって、運動性能の高いAWDの走りを目指してきました。
シンメトリカルAWD。 そこには、SUBARUの走りへの情熱と安全への揺るぎないこだわり、
そして卓越したテクノロジーが凝縮されているのです。

もっと詳しく読む

[シャシー性能]スポーティで乗り心地もいい、という理想の走りへ

スポーティなクルマは、乗り心地が悪い。そうイメージされる方も多いかも知れません。
しかしSUBARUは、走りの気持ちよさと快適性は相反するものではないと考えています。
タイヤがしっかりと路面を捉える。ドライバーの操作に対し、忠実にクルマが従う。
路面からの衝撃を、一部の部品ではなくクルマ全体で分散・吸収する。
走りを基本から見直していくことで、 SUBARUは走りと乗り心地の高度なバランスを
追求しています。 クルマを走らせるということは、魅力的な行為です。だからこそ、
ドライバーだけでなく、 乗る人全員に気持ち良い走りを味わって欲しいとSUBARUは願っています。

もっと詳しく読む

[超低重心パッケージング]誰も体感したことのない、新次元の走り

水平対向エンジン[SUBARU BOXER]が持つ“低重心”というアドバンテージを、極限まで追求する――。
そんなプロジェクトから生まれたのが「超低重心パッケージング」であり、新世代のスポーツカー「SUBARU BRZ」です。
もともと重心の低いBOXERエンジンを、より低く、より車両の中心近くに搭載する。
FRレイアウトを選択し、新たなプラットフォームを開発するなど、クルマ全体で低重心化を徹底する。
このかつてない挑戦と革新の果てに生まれたのは、スーパースポーツに匹敵する重心高(460mm)*と、
優れた前後重量配分(53:47)*、そして誰も体感したことのない、新次元のドライビングの愉しさでした。
SUBARU BRZの超低重心パッケージング。
そこには、「安心と愉しさ」を追求するSUBARUが培ってきた、水平対向エンジンのノウハウ、
4輪を接地させるテクノロジー、そして走りへの情熱のすべてが注ぎ込まれているのです。
*自社計測値

もっと詳しく読む

[ハイブリッドシステム]走りと燃費を高度にバランスした、SUBARUならではのハイブリッド

SUBARUらしいハイブリッドとは何か。
それは、ただ低燃費なだけでなく、“走りの愉しさ”を実感できるハイブリッドであると私たちは考えます。
そのために、ハイブリッド化におけるメインパーツであるモーターとバッテリーを、
SUBARU独創のシンメトリカルAWDレイアウトに統合。
左右対称・低重心という資質を損なうことなくハイブリッド化を実現し、
軽快で気持ちの良い走りと、優れた燃費性能を高度に両立させました。
多彩な独自技術との組み合わせによって生まれた
SUBARUのハイブリッドシステム。
燃費だけを追求する従来のハイブリッドカーとは一線を画する、
SUBARUにしかつくれない走りの愉しさがここにあります。

もっと詳しく読む
PAGE TOP

SAFETY - 安全への思想

[0次安全]もっとも理想的なのは、危険に遭遇しないこと

様々な面で進化を続ける安全技術。しかしその基本は、ドライバーが正しい判断と操作を行えることにあります。
0次安全とは、クルマのカタチやインターフェースといった初期的・基本的(Primary)な設計を工夫することで、
安全性を高めようという考え方です。ドライバーが運転以外のことに気を遣うことなく、疲れにくく、
安心・集中して運転ができる。そうしたクルマを実現するために、SUBARUは視界設計をはじめ、
操作パネルやシートのデザインなど細部にまでこだわっています。理想的なのは、
クルマを発進させてから帰ってくるときまで、何事も起きることなく安心して運転ができること。
だからこそSUBARUは、まず事故に遭わないためにクルマに何が求められるのか、真摯に追求しています。

もっと詳しく読む

[アクティブセイフティ]「走りを極めると安全になる」という考え方

SUBARUにとって「走り」は、ただ愉しみのためだけでなく、安全のためにも大切であると考えています。
万一の事故に遭遇したとき、安全に回避ができること。様々な天候や路面状況で、普段と同じような
安定した走りができること。「走る・曲がる・止まる」というクルマの基本を磨くことは、もしもの時に
思い通りにコントロールできる、安全で頼もしいクルマづくりにもつながっているのです。だからこそSUBARUは、
水平対向エンジンやシンメトリカルAWDという優れた基本性能をベースに、
晴れの日でも雨の日でも安定したブレーキ性能、車両制御デバイスの採用など、
走行性能を様々な面で鍛え抜き、お客様が安心できる走りを磨いています。

もっと詳しく読む

[プリクラッシュセイフティ]危険を予測して安全運転を支援するアイサイト

事故を無くすこと。それは、自動車メーカーにとって究極の目標です。
だからこそSUBARUは、危険を予測することで衝突の被害を軽減するという
「プリクラッシュセイフティ」の考え方をいち早く取り入れ、開発を積み重ねてきました。
そして、その最新の成果が「アイサイト」です。ステレオカメラから得られる情報をもとに、
前方の状況を判断。エンジン・トランスミッション・ブレーキと連携を図ることで、
危険の回避もしくは被害の軽減、長距離ドライブにおける疲労軽減、
ペダルの踏み間違いによる誤発進の抑制など、さまざまなシーンでドライバーの運転を支援します。

もっと詳しく読む

[パッシブセイフティ]衝突安全性能にも、独自の発想が生きている

万一の衝突事故において、その衝撃から人間を守る。それは自動車メーカーとしての責務です。
乗員を保護することはもちろん、歩行者との衝突も視野に入れたSUBARUの衝突安全性能は、日本だけでなく
世界中で高い評価を得ています。SUBARUは自動車を作り始めたばかりの頃から、
クルマが持つべき基本性能の1つに「安全」を据えてきました。まだ衝突安全という考え方そのものが
浸透していなかった時代です。その地道な取り組みは、衝突安全ボディ「新環状力骨構造ボディ」や、
乗員に衝撃を与えないためのエンジンレイアウトなど、「クルマのすべての要素で安全性を考慮に入れる」という
SUBARU独自の衝突安全思想に結実しています。

もっと詳しく読む
PAGE TOP

ECOLOGY - 効率への思想

[SUBARUの環境技術]より少ないエネルギーで、より大きな歓びを

SUBARUは、環境性能と気持ちよい走りとの融合を追求しています。より少ないエネルギーで、
より優れた走りを実現するために、必要なのは無駄のない高い効率性です。したがってSUBARUは、
効率の良いエンジン・トランスミッションの改良や、エコドライブを促進する先進デバイスの開発など、
あらゆる取り組みを行っています。環境に配慮して走ることが、乗る人に我慢を強いることでなく、
歓びに満ちたものであって欲しい。SUBARUはそう願い、環境性能を進化させ続けています。

もっと詳しく読む

[環境への取り組み]クルマづくりそのものが、環境に配慮していること

クルマを造るということは、多大なエネルギーと資材を必要とする行為です。
したがってSUBARUは、クルマ造りそのものにおいても環境負荷の低減を推し進めることも、
自動車メーカーが果たすべき責任と考えています。
生産・物流における省エネルギー化。限りある資源の有効活用やリサイクルの推進。
クルマの開発~生産~使用~廃棄~リサイクルという一連のライフサイクルを通して、
環境に与える影響を考慮したクルマ造りを行なっています。

もっと詳しく読む
PAGE TOP
MOVIE GALLERY
SPECIAL CONTENTS
楽しみながら知るスペシャルコンテンツ
  • アイサイト総合コンテンツ 運転支援システム アイサイトのすべてが分かる!
  • 新世代BOXER誕生!SUBARU BOXERの過去、現在、未来のすべてがここに。
  • かわいいキャラクターがSUBARUの安全性能を解説!