SUBARU OFFICIAL WEBSITE

  • トピックス
  • テクノロジー
  • 開発ストーリー

開発ストーリー

[デザイン 篇]LEVORG、SUBARU 25年目の革新

[FB16”DIT”エンジン 編]SUBARUの総合力が生み出した、レギュラーガソリン仕様BOXER DIT ※この開発ストーリーは、2014年10月1日に掲載されたものです。

 「FB16という型式名称は付いていますが、今回のFB16“DIT”は、インプレッサに搭載されたFB16NAエンジンと比較すると、すべて専用で開発したと思っていただいて結構です」

 レヴォーグに新たにラインアップされる1.6リットル直噴ターボ“DIT”エンジンのとりまとめを担当した佐々木礼は、そう言っている。NAエンジンとは要求性能が全く異なる直噴ターボエンジンを造るため、『専用設計』はむしろ必然であった。DITは、NAエンジンよりも高出力となるため、筒内圧が高くなる。そのため、各パーツを従来のFB16 NAエンジンの延長で設計するのではなく、すべてをDITエンジンのために専用設計としたのである。FB16NAエンジンと共通の部品はクランクシャフトぐらいであった。そこまでして、FB16NAエンジンを直噴ターボ化した理由について、佐々木は次のように述べている。 「ターゲットとしたのは、レガシィの2.5リットルNAエンジンと同等以上の性能を出すことでした。さらにレギュラーガソリン仕様でそれを実現することも大きなテーマでした」

佐々木礼氏
佐々木礼氏

 環境性能と動力性能とを両立させるため、欧州車が小排気量エンジンとターボチャージャーを組み合わせた ダウンサイジングターボという発想のエンジンをラインアップするようになったが、いずれもハイオクガソリン仕様。 SUBARUがレギュラーガソリン仕様のDITエンジンを開発すれば、それは現在の自動車マーケットにおいて、大きなアドバンテージになる。
「もうひとつ、優れた燃費性能も1.6リットル“DIT”エンジンのテーマでした。エンジンだけでなく、クルマ全体で細部に至るまで、燃費向上のための取り組みを徹底し、最終的にはJC08モード燃費17.4㎞/リットル(オプション装着により車両重量が1540㎏以上となった場合は16.0㎞/リットル)という燃費性能を実現しました」

 これらのすべての目標をクリアし、さらに気持ちの良い走りを提供する1.6リットルエンジンを新開発するのは、SUBARUの技術陣にとっても、決してやさしい道のりではなかった。

1/4
PAGE TOP
SPECIAL CONTENTS
楽しみながら知るスペシャルコンテンツ
  • アイサイト総合コンテンツ 運転支援システム アイサイトのすべてが分かる!
  • 新世代BOXER誕生!SUBARU BOXERの過去、現在、未来のすべてがここに。
  • かわいいキャラクターがSUBARUの安全性能を解説!