レガシィ アウトバック

レガシィ アウトバック 安全性能

安全性能 Safety

あらゆる視点で磨かれた、人を守る性能。

写真はイメージです。

ACTIVE SAFETY

VDC[ビークルダイナミクスコントロール]

横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えるVDCを標準装備。コントロールの限界付近では4輪個別のブレーキ制御、エンジン出力制御、AWDトルク配分制御によってドライバーをアシスト。コーナリングや急な危険回避の時の安定性を高めます。

レガシィ アウトバック VDC[ビークルダイナミクスコントロール]

アクティブ・トルク・ベクタリング

コーナリング性能に寄与する先進機能「アクティブ・トルク・ベクタリング」を搭載。旋回時、VDCによってフロント内輪側にブレーキをかけることで相対的に外輪側の駆動力を大きくし、クルマが外へ膨らむのを抑制。ドライバーが思い描くライン通りに、スムーズかつ安定した姿勢で旋回できるようアシストします。

レガシィ アウトバック アクティブ・トルク・ベクタリング

エマージェンシーストップシグナル

走行中、急ブレーキを検知すると、ハザードランプが高速で点滅。後続車に注意を促します。

レガシィ アウトバック エマージェンシーストップシグナル

優れた視界設計

右左折時やコーナリング時に視界の妨げにならないよう、フロントのピラー形状やサイドミラーの位置を最適化するとともに三角窓をドアに内蔵。安心感を高めています。リヤも死角を減らし、後方視界をしっかりと確保しています。

SI-シャシー

SUBARUのクルマづくりの基礎となる独自のシャシー設計コンセプト。素直なハンドリング、しなやかな乗り心地、優れたスペース効率を高度にバランスします。

ブレーキ

4輪ディスクブレーキを全車に採用したほか、応答性に優れたブレーキブースターを装備。ペダルを踏み込む速度と量に反応し確実な作動をアシストする「ブレーキアシスト」、アクセルとブレーキペダルが同時に踏まれた場合にブレーキ操作を優先させる「ブレーキオーバーライド」も装備しています。

PASSIVE SAFETY

新環状力骨構造ボディ

キャビンを強固なピラーやフレーム類で囲むように結合し、衝突によるキャビンの変形防止を目指した「新環状力骨構造ボディ」をベースに、衝突安全性能をさらに強化。高張力鋼板を積極的に採用することで、高強度化と軽量化を両立させています。衝突の形態に合わせて適切な箇所に適切な強度を持たせることで、さまざまな方向からの衝突に対応。世界トップレベルの衝突安全性能を目指しています。

レガシィ アウトバック 新環状力骨構造ボディ

万一の衝突に備えた7つのエアバッグ

デュアルSRSエアバッグはもちろん、SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグを標準装備。サイドエアバッグは胸部と腰部の空気圧を変えるなど、乗員の安全性に配慮しています。それに加え、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグも採用。合計7つのエアバッグを標準装備することで、トップクラスの乗員保護性能を目指しています。
●SRS=Supplemental Restraint System[補助拘束装置]
●お子様は必ず後席に乗せてください。またチャイルドシートは後席に装着してください。このほかSRSエアバッグについては安全上ご注意していただきたい項目があります。必ず車両の取扱説明書をお読みください。なお、SRSエアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合は作動しない場合があります。

レガシィ アウトバック 万一の衝突に備えた7つのエアバッグ

衝撃吸収に有利な水平対向エンジン

水平対向エンジンは全高が低いため、前面衝突時にはフロア下にもぐり込みやすい構造となっています。そのためエンジンがキャビンに侵入しにくく、乗員に与えるダメージを低減します。

レガシィ アウトバック 衝撃吸収に有利な水平対向エンジン前面衝突時にエンジンがもぐり込み後退しやすい構造イメージ

歩行者保護性能

フロントフードやバンパーなどに衝撃吸収構造や部材を採用。歩行者保護に対しても高度な取り組みを行っています。

●写真は撮影用に点灯しています。写真・イラストはすべてイメージです。撮影用の小物は商品には含まれません。