過去のイベントレポート

11月28日(月)アップ!
SUPER GT 第3戦&第8戦パブリックビューイング開催レポート

11月12日(土)~13日(日)、熊本地震により中止となったオートポリスの代替戦であるSUPER GT第3戦と、最終戦となる第8戦が2日続けて「ツインリンクもてぎ」で開催。SUBARU STAR SQUAREでは両日とも井口卓人選手、山内英輝選手がドライブするSUBARU BRZ GT300を応援するため、パブリックビューイングを実施しました。

第3戦は岡嶋泰子さん、第8戦は濱田恵梨子さんがMCを担当。ゲスト解説者はパブリックビューイングと言えばこの方、松田晃司選手です。あるときはドライバーとして、あるときはチーム監督のように、そしてまたあるときはファンの目線でレースの状況を説明してくれる松田選手は、もはやSUPER GTパブリックビューイングになくてはならない存在ですね。

SUBARU BRZ GT300は、第3戦では予選3位と優勝も期待されたものの、レース後半で他のマシンと接触しエンジンストップ。ピットインを余儀なくされ、23位に。続く第8戦は予選が7位。決勝は接触やトラブルこそなかったものの、苦しい戦いを強いられ13位でレースを終えました。

井口卓人選手、山内英輝選手の視点が見られるオンボード映像は迫力満点

第3戦は岡嶋泰子さんと松田晃司選手のおふたりが登壇

第8戦はパブリックビューイングでおなじみ、濱田恵梨子さんがMCを担当

山内英輝選手や辰己英治総監督のインタビューも見られました

両日とも、スロットカー選手権を実施。スロットルのコントロールだけでSUBARU BRZ GT300を走らせることができるとあって、子どもから大人までたくさんの方がレースを楽しみました。

松田選手は、「指一本でモータースポーツを感じられるのがスロットカー。どこで減速をするか、どこまでスロットルを緩めず行けるかを見極めながら走らせるのは、本当のレースと同じ」と、スロットカーのおもしろさを語ります。ファステストラップを記録した参加者には、松田選手からSUBARU BRZ GT300のミニカーが。2日とも優勝したのはお子さんでした!

手元のコントローラーでスロットルを操作して走らせるスロットカー

コースアウトしないように速度調整をしながらSUBARU BRZ GT300を走らせます

スロットカー選手権の優勝者にはSUBARU BRZ GT300のミニカーがプレゼントされました

レース後は、恒例となっているじゃんけん大会です。両日とも景品としてSUBARUやSTIのオリジナルグッズが多数用意され、松田選手のじゃんけんに勝ち残った参加者にプレゼントされました。最後は記念撮影をして終了。2日間ともSUBARU BRZ GT300にとっては苦しいレースとなりましたが、たくさんのファンのみなさまが最後までレースを見届けてくれました。

SUBARUやSTIのオリジナルグッズをかけて松田選手と対決!

じゃんけん大会はパブリックビューイングの恒例イベントとなりました

第3戦に応援にきてくれたみなさまとの記念撮影

第8戦には第3戦から2日続けてきてくださった方もたくさんいました

SUPER GT 2016年シーズン、SUBARU BRZ GT300を応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました! SUBARU STAR SQUAREでは、今後もみなさまとクルマやレースを一緒に楽しめるイベントを企画して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

一覧に戻る