NEW XV 誕生 先行予約3月9日より開始
スペシャルコンテンツはこちら Scroll
乗車定員
燃費
排気量
駆動方式
5
16.4km/ℓ JC08モード
社内測定値
1.6/2.0
AWD
(常時全輪駆動)

*数値は2.0i-L EyeSight(車両重量1430kg未満)

人と生きるSUBARUから、 あたらしい時代を走るSUVを。

ALL NEW SUBARU SUV SUBARU XV 都市に映える洗練デザイン。 本格的な走破性と高い機能性。 クラスを超えた感動質感。 次世代技術が実現する 総合安全性能。 クルマに求められる本質的な価値を、この一台に。 尽きることのない好奇心を満たす、 最高の安心と愉しさを。
NEW SUBARU XVを支える全21種の機能紹介動画

スバルグローバルプラットフォーム メニューへ戻る

メリット篇

総合安全性能と走りの質感、乗り心地が大きく向上。乗る人すべてに深い安心と愉しさを届けます。

テクノロジー篇

最新技術を駆使して、プラットフォームを刷新。さらなる高剛性化と低重心化を実現しました。

アイサイト・安全 メニューへ戻る

基本性能

ver.3ではカメラの視野角・視認距離が約40%拡大。カラー画像化でブレーキランプも認識します。

プリクラッシュブレーキ

衝突の危険を予測してブレーキを制御。前方車との速度差約50km/h以下まで有効になりました。

全車速追従機能付クルーズコントロール

幅広い速度において先行車に追従走行。渋滞のストレスを軽減します。減速・停止も滑らかです。

アクティブレーンキープ

ステレオカメラで区画線を認識し、車線内中央付近の走行を維持。運転負荷を軽減します。

AT誤発進抑制制御 & AT誤後進抑制制御

誤操作による急な飛び出しがあった場合、注意喚起とエンジン出力の抑制を行います。

警報&お知らせ機能

蛇行や車線の逸脱、また先行車の発進に気づかずに停止している時などに、注意を喚起します。

スバルリヤビークルディテクション

車体後部のレーダーセンサーが後側方の接近車を検知。車線変更や後退時に注意を促します。

ハイビームアシスト

前方の車両の有無を検知し、状況に応じて自動的にハイビームとロービームを切り替えます。

ステアリング連動ヘッドランプ

ヘッドランプの光軸をクルマが曲がる方向に動かすことで、より安全な夜間視界を確保します。

0次安全

分かりやすいインターフェースや死角の少ない視界など、走り出す前から安全性を高めています。

走行安全

ドライバーの危険回避操作にも素早く反応。少ないロールとVDCで安定した挙動を維持します。

シンメトリカルAWD

四輪にバランスよく荷重がかかるため、悪路やコーナーでも安定した走りを実現します。

衝突安全

効率的に衝撃吸収するボディや7つのエアバッグ、ロッキングタングなど独自の安全性能が充実。

歩行者保護エアバッグ

エアバッグがクルマの硬いパーツを覆うように展開。歩行者の頭部へのダメージを軽減します。

X MODE

路面状況に合わせて四駆の駆動力やブレーキなどを瞬時にコントロールします。

SUBARU BOXER ENGINE メニューへ戻る

パワーユニット

ピストンを水平方向に動かすことで、振動の少ない、気持ちの良いエンジンフィールが味わえます。

パッケージング・ユーティリティ メニューへ戻る

パッケージング

デザインと取り回しの良さを両立。寛げる座席や乗降しやすいドアなど、乗る人すべてが快適です。

カーゴルーム

9.5インチサイズのゴルフバッグを3つ積載可能。また開口部の幅が広く、積み降ろしにも便利です。

エアコン

大きなフットダクトと細かなモード調整により、どの季節でも乗る人すべてが快適に過ごせます。

NEW SUBARU XV WORLD PREMIERE GALLERY NEW SUBARU XV Mail Magazine 「NEW SUBARU XV」の最新情報を随時配信 今なら、店頭にてNEW SUBARU XV ご成約キャンペーン実施中!NEW SUBARU XVと行く、全国各地のプランから選べる体験ギフト。SUBARU FUN ADVENTURE BOOKプレゼント 販売店検索はこちら

SUBARU XV デザイン

高い質感と機能を融合させた、新時代のSUV のカタチ。

SUBARU XV デザイン

デザインページでくわしく見る

SUBARU XV ドライビング&セイフティ

乗る人すべてに、最高の安心と愉しさを。

SUBARU XV ドライビング&セイフティ

ドライビング&セイフティページでくわしく見る

インテリア360°ムービー

SUBARU XV 内装360°動画

動画視聴中に画面内をマウス操作すると360°インテリアをご覧いただけます。
360°動画を視聴するには、お使いのパソコンにChrome、Opera、Firefox、Internet Explorerいずれかの最新ブラウザがインストールされている必要があります。 360°動画を視聴するには、お使いのモバイル端末にYouTubeアプリがインストールされている必要があります。

GRADE

  • 1.6i
    EyeSight
  • 1.6i-L
    EyeSight
  • 2.0i-L
    EyeSight
  • 2.0i-S
    EyeSight
  • 1.6i EyeSight

    先進の安全テクノロジーと卓越した基本性能を備えたスタンダードモデル。

  • 1.6i-L EyeSight

    X-MODE搭載。走破性や快適性を高める多彩な装備をプラス。

  • 2.0i-L EyeSight

    上級装備とオレンジステッチ内装が魅力のハイクオリティモデル。

  • 2.0i-S EyeSight

    XVらしさとスポーティさを極めたフラッグシップモデル。

エンジン 1.6ℓ DOHC
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 85kW(115PS)/6200rpm
最大トルク[ネット] 148N・m(15.1kgf・m) / 3600rpm
燃費 JC08モード 16.2km/ℓ(社内測定値)

主な装備

  • SUBARU XV インテリア

    インテリア

  • SUBARU XV 17インチアルミホイール(切削光輝)

    17インチアルミホイール(切削光輝)

  • SUBARU XV トリコットシート

    トリコットシート

エンジン 1.6ℓ DOHC
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 85kW(115PS)/6200rpm
最大トルク[ネット] 148N・m(15.1kgf・m) / 3600rpm
燃費 JC08モード 16.2〈15.8〉km /ℓ(社内測定値)
*〈 〉内はオプション装着により車両重量が1430kg以上となった場合の数値です。

主な装備

  • SUBARU XV インテリア

    インテリア

  • SUBARU XV 17インチアルミホイール(切削光輝)

    17インチアルミホイール(切削光輝)

  • SUBARU XV トリコットシート

    トリコットシート

エンジン 2.0ℓ DOHC 直噴
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク[ネット] 196N・m(20.0kgf・m) / 4000rpm
燃費 JC08モード 16.4〈16.0〉km /ℓ(社内測定値)
*〈 〉内はオプション装着により車両重量が1430kg以上となった場合の数値です。

主な装備

  • SUBARU XV インテリア

    インテリア

  • SUBARU XV 17インチアルミホイール(切削光輝)

    17インチアルミホイール(切削光輝)

  • SUBARU XV 2.0i-L EyeSight専用トリコットシート

    2.0i-L EyeSight専用トリコットシート

エンジン 2.0ℓ DOHC 直噴
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク[ネット] 196N・m(20.0kgf・m) / 4000rpm
燃費 JC08モード 16.0km /ℓ(社内測定値)

主な装備

  • SUBARU XV インテリア

    インテリア

  • SUBARU XV 18インチアルミホイール(切削光輝)

    18インチアルミホイール(切削光輝)

  • SUBARU XV 2.0i-S EyeSight専用トリコット+合成皮革シート

    2.0i-S EyeSight専用トリコット+合成皮革シート

●燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法、習慣、整備状況およびその他の状況に応じて燃料消費率が異なってきます。

●記載内容はSUBARU XV プロトタイプによる開発目標値です。この内容はあくまで認可申請予定値であり、正式認可後は変更になる可能性があります。また、この仕様はお断りなく変更する場合があります。●写真は撮影用に点灯しています。写真はすべてプロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。●ディスプレイ装置の性質上、実際の色とは異なって見えることがあります。