SUBARUタイヤトップに戻る

タイヤの基礎知識

空気圧のチェック

タイヤの空気圧は燃費に影響します!

タイヤの空気は自然に抜けていきます。タイヤの空気圧管理は安全を考えてもとっても重要です。


空気圧過多では

タイヤの中央部だけで接地している。

●タイヤの接地面中央部だけに異常摩耗を起こしやすくなり、
タイヤが長持ちしない。
●小さな段差でも跳ねるような感じで、乗り心地が悪くなる。

空気圧不足では

タイヤの両肩に無理がかかってる。

●タイヤの転がり抵抗が増して、走行燃費が悪化。
●タイヤが早く減り、タイヤが長持ちしない。
●操縦安定性が低下し安全面で不安。
●高速走行では最悪バーストの可能性が高まる。
ハイドロプレーニング現象が起こりやすくなる。


月に一度タイヤの空気圧チェックをしましょう!
スリップサイン(磨耗限度)のチェック

スリップサインが出る前にタイヤ交換を!

スリップサインとは、タイヤの摩耗が進み、これ以上の使用は危険というサインです。
乗用車タイヤでは、溝の深さが残り1.6mmになると現れ、スリップサインの出たタイヤは雨天時の走行ではスリップしやすく、
またハイドロプレーニング現象が発生しやすくなり大変危険です。


溝の深さを定期的にチェック!!

法規上残溝1.6mm未満は、整備不良で使用禁止
または車検不適合となり、スリップサインが
一箇所でも出ると、使用してはいけないことが
法律で定められています。


すぐにタイヤ交換する必要があります。
キズ・ヒビのチェック

外観のキズ・ヒビは大変キケン!!

タイヤはゴム製品のため、経年変化を起こし、時間とともに劣化します。
古くなったタイヤは、たとえ溝が残っていてもヒビ割れが発生するため、突然破裂(バースト)する恐れがあり非常に危険です。


タイヤは古くなると大変キケンです。スリップサインが出ていなくても交換してください。
キズ・ヒビのチェック

タイヤの摩耗と損傷は、大丈夫ですか?

走ったり止まったり曲がったりすることで、タイヤは徐々に摩耗していきます。
摩耗の要因はタイヤの種類・性質、路面やクルマに起因するものまで様々です。


定期的にタイヤの摩耗チェックをしましょう。
ローテーション(位置交換)の必要性チェック

ローテーションで摩耗を予防し、タイヤも長持ち!

4本のタイヤは均等に減ることがほとんどありません。
駆動方式、装着位置、空気圧などさまざまな原因で摩耗するため、4本ともタイヤの寿命が違ってくるからです。
「ローテーション(位置交換)」を行うことは、タイヤの摩耗を均一化し、タイヤを長持ちさせるので経済的です。


定期的なローテーションを行いましょう。(5,000kmごとのローテーションが目安)

低燃費タイヤ」ラベリング制度とは?

●ラベリング制度

タイヤの性能が一目でわかるよう、タイヤの「転がり抵抗性能」、「ウエットグリップ性能」のグレーティング(等級)分けを行い、ラベル表示する制度です。

●低燃費タイヤ統一マーク

低燃費タイヤ」とは、転がり抵抗係数の等級がAAA〜A、ウエットグリップ性能の等級がa〜dの範囲内にあり、その要件を満たしたタイヤにだけ「低燃費タイヤ統一マーク」が表示されます。