室内について運行時の注意について整備・点検・用品装着についてトップページ

室内について:不慮の火災事故を防ぐために、特に室内のご使用に際して、ご注意いただきたい内容です。

ウインドウガラス周囲の注意点

  • ●ウインドウガラスにアクセサリーの吸盤を取り付けたり、インストルメントパネルやダッシュボードの上に芳香剤などの容器を置いたりすると、吸盤や容器がレンズの働きをして火災につながるおそれがあります。
  • ●その他レンズの働きをしそうなもの(眼鏡や光学機器など)を車内に放置したり、取り付けたりしないでください。

車内のスイッチ類に飲み物などの水分をこぼさないでください

  • ●インストルメントパネル、コンソールボックス、ドアなどにあるスイッチ類などに飲み物などの水分がかかると、基盤、配線ショートなどの故障の原因になったり、発火につながるおそれがあります。
  • ●スイッチ類に飲み物がかからないように十分注意してください。
    万一、水分などがかかった場合は素早く拭き取り、SUBARUディーラーにご相談ください。

ライターは車室内に保管しないでください

  • ●ライターをフロアーに落としたままシートを動かすと、ライターの着火ボタンが押されて発火につながるおそれがあります。
  • ●ライターを使用したあと、すぐにコンソールボックス、グローブボックス、インパネポケット、ドアポケットなどに入れると、発火につながるおそれがあります。
  • ●ライターをグローブボックスなどに入れたままにすると、内部のものが動いてライターの着火ボタンが押され、発火につながるおそれがあります。

タバコの灰・吸殻、灰皿、シガーライターの使用について

  • ●タバコの火種がカーペットなどに落ちて発火につながるおそれがあります。
  • ●吸殻が入った状態で灰皿のフタを開けたまま放置すると火災につながるおそれがあり危険です。
  • ●灰皿を使用したあとは、マッチ、タバコの火を確実に消し、必ずフタを閉めておいてください。また、吸殻や燃えやすいものでいっぱいにならないように清掃してください。
  • ●シガーライターを使用したあとセンターコンソールなどに放置すると、シガーライター周辺から発火するおそれがありますので、使用後は元通りに挿し込んでください。

車内にガソリンなどの危険物を積まないでください

  • ●燃料(ガソリンや灯油など)や、カセットボンベ、スプレー缶などを積んでいると、火災につながるおそれがあります。
  • ●ガソリンや火薬などの危険物は絶対に積まないでください。
    また、カセットボンベやスプレー缶をお店で購入した場合は、車室内に放置すると高温になり、爆発する恐れがありますので、決して車室内に放置せず、できるだけ早く車外に降ろしてください。

お問い合せ先

ご相談はSUBARUディーラー、または下記SUBARUお客様センターへお願いいたします。

SUBARUお客様センター
  • ■ SUBARUコール:0120-052215(内容確認のために録音させていただいております。予めご了承ください。)
  • ■ 受付時間
    9:00〜17:00(平日)
    9:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝)

  • ■ SUBARUお客様センターでは下記の内容を承っております。

(1) ご意見/ご感想/ご案内(カタログ、販売店、転居お手続き他)
(2) お問い合わせ/ご相談
※平日の12:00〜13:00及び土日祝は(1)のインフォメーションサービスのみとなります。

ページトップへ戻る

カタログ請求
見積りシミュレーション
試乗車検索
販売店検索