エアクリーナーはなぜ定期交換が必要なの?

フィルターが汚れるとエンジンが必要とする空気が不足して、パワーや燃費の低下につながります。
クルマは、エンジンが燃料と空気を燃焼(爆発)させることで走っています。空気中に含まれるゴミやホコリをエンジンが吸い込むと、エンジン内部にダメージを与える恐れがあります。エアクリーナーフィルターは、エンジンが吸いこむ空気をろ過して、きれいな空気だけを送る役割を果たしています。フィルターに汚れがたまってくると、エンジンが充分な空気を吸い込めずにパワー不足を感じるなど、エンジン性能の低下や燃費の悪化の原因となりますので、定期的な交換が必要となるのです。

SUBARUのエンジンに必要な空気の量と、
ろ過性能を最適にバランスさせています。

エアクリーナーの性能は見た目ではよくわかりません。SUBARU純正エアクリーナーは、SUBARUのエンジン性能が十分に発揮できるように、エンジンが吸い込む空気の量を確保しながら、ゴミやホコリを取るように開発・設計されたSUBARU専用部品です。

SUBARU専用設計だから、隙間のない
ジャストフィットを実現します。

エアクリーナーは、エンジンが必要とする空気をろ過するための大切な部品です。空気の通り道に隙間があると、ゴミやホコリが侵入し、エンジンの性能低下につながります。SUBARU純正エアクリーナーは、ろ紙の周りを樹脂で補強し、エアクリーナーボックスの中でぴったりと隙間なくフィットするSUBARU専用設計です。ゴミやホコリをしっかりキャッチし、エンジンがきれいな空気を吸い込むことで、快適なドライブを支えます。
交換時期の目安は約50,000kmごと(軽自動車は約40,000kmごと)
※クルマの使用状況によりフィルターの汚れ具合が早まることもあります。
詳細はメンテナンスノートまたは取扱説明書をご覧いただくか、SUBARUディーラーにお問い合わせください。