えらんで安心SUBARU純正部品オイルフィルター
オイルフィルターはなぜ定期交換が必要なの?

オイルフィルターが目詰まりすると、エンジンにダメージを与える恐れがあるからです。
エンジンオイルの汚れを取り除き、オイルをきれいに保つのがオイルフィルターの役割です。エンジンオイル内には、燃焼によるカーボンなどのエンジンに有害な不純物が生成され続けます。オイルフィルターで取り除くことができる不純物の量には限りがありますので、定期的に交換することでオイルをきれいに保ち、SUBARUエンジンを重大なダメージから守ります。
純正ブレーキパッドをおすすめする理由

SUBARU車に合わせて
専用開発・設計しています。

SUBARU純正オイルフィルターは、ボクサーエンジンなど、SUBARUエンジンの特性に合わせて開発・設計されたSUBARU専用部品です。オイルフィルターの適正交換時期は、エンジン内で生成される不純物の質や量、オイルフィルターの性能により異なります。特に、オイルフィルターの性能は、ろ紙の質やろ過面積に大きく左右されますので、SUBARU純正品を推奨時期にて交換することをおすすめします。

万が一の目詰まりの際も
SUBARUエンジンを守ります。

定期的な交換をしていないなど、万が一オイルフィルターに汚れがたまって目詰まりすると、オイルが流れなくなってエンジンに重大なダメージが発生します。オイルフィルターの目詰まりは外観からはわかりません。SUBARU純正のオイルフィルターには、万一に備えて、リリーフバルブ(逃がし弁)というオイルの流れを確保する機構が内蔵されています。SUBARUエンジンに最適な圧力でリリーフバルブが開くことで、通常時のオイル供給量とエンジン保護性能を両立させています。リリーフバルブ機構がなかったり、設定圧力が適正ではないフィルターを使用すると、フィルター目詰まりの際にエンジンを保護することができない恐れがあります。
※交換時期は一般的な使われ方(舗装路を1年に10,000km程度の走行)を前提として定めてあり、その代表例を示しています。
※走行距離が多い場合や未舗装路を走行する等、特殊な使われ方(シビアコンディション*)のお車については早めに(通常の時期の1/2)点検・交換してください。
*シビアコンディション:悪路・雪道走行、山道・登降坂路が多い。または、走行距離が多い、短距離走行の繰り返しが多いなど。※車種によって異なります。
詳細はメンテナンスノートまたは取扱説明書をご覧いただくか、SUBARUディーラーにお問い合わせください。