AFTER SERVICE
- SUBARUのアフターサービス -

全国スバルサービス技術コンクール
マイスター部門

年数を問わず、全国のディーラーの代表メカニックが集うマイスター部門。
予選を勝ち抜いた精鋭たちが、技術を競い合います。

  • 予選

    各ディーラーの代表を選抜。

  • エリア予選

    エリア予選を行い、全国大会への出場者を選抜。

  • 全国大会

    厳しい予選を勝ち抜いた精鋭たちが、全国大会で技術を競う。

第30回 全国スバルサービス技術コンクール
マイスター部門

大会の様子

受賞者

優勝

宮城スバル自動車株式会社 フロント:柴田真太朗 選手 メカニック:高橋和也 選手

優勝者インタビュー
Q.

優勝おめでとうございます!
優勝された今のお気持ちをお聞かせください。

A.

柴田真太朗 選手
ただただ嬉しい!日頃ご来店頂いているお客様や、店舗スタッフのみんな、そして、指導して頂いた諸先輩方、皆様のおかげで一等賞をいただきました!!
高橋和也 選手
うれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。サポートしてくださった皆様ありがとうございました。

Q.

サービス技術コンクール出場を目指したキッカケを教えてください。

A.

柴田真太朗 選手
当初は、以前出場した先輩を超えたいという想いから目指しましたが、予選を経て、自分の力がどこまで通用するのかを試してみたくなりました。
高橋和也 選手
以前、出場したユース大会で良い成績を残す事が出来ず、悔しい思いをしたので、マイスター部門の出場を目指しました。

Q.

この優勝を掴むことは本当に大変だったと思います。ご苦労された点を教えてください。

A.

柴田真太朗 選手
練習はもちろん大変でしたが、何より他のチームのレベルが凄く高かった事。会場では、どのチームが優勝してもおかしくないくらい本気が伝わって来ました。
高橋和也 選手
いくら勉強しても不安で、納得がいくまで本当に自分との戦いでした。
配線図を広げ、1本の線が切れると何が起きるのかを一つ一つ確認しながら頭に叩き込みました。

Q.

チームとして優勝できた要因は何だったと思いますか?

A.

柴田真太朗 選手
メカニックとフロントスタッフがお互いの動きを助け合う連携がうまく取れた事、そしてお互いの姿を見て自身のスキルを高め合う事が出来たからだと思います。
高橋和也 選手
お互いに信頼し合えていたので、不安の中にも心強さがあり、集中力も高まり全力を出し切れた事だと思います。

Q.

今後、コンクールを目指す方々に向けて、メッセージをお願いします。

A.

柴田真太朗 選手
いつも自分のスタイルで行こう。そう思って臨んだ技術コンクールでしたが、その過程で、自分の中の間違っている事、足りない事、そして良い所が色々と見えてきました。自分自身を見つめ直す事が出来る良いきっかけになると思います。
高橋和也 選手
この経験は、とても良い勉強になり、知識や技術が自分の身になります。ぜひ、コンクール出場を目指して下さい。

Q.

点検・修理にいらっしゃるお客様に向けたメッセージをお願いします。

A.

柴田真太朗 選手
私達SUBARUのスタッフは、お客様が心配無く安心して、そして愉しくスバル車を末永くご愛用頂けるカーライフのサポートに努めております。ご相談事等ありましたら、お気軽に何でもどうぞ!笑顔でお迎えいたします。
高橋和也 選手
自信を持って、大切なおクルマを点検・整備させていただきます。ぜひ私達にお任せください。

準優勝

名古屋スバル自動車株式会社 フロント:武藤浩史 選手 メカニック:岩田博 選手

優秀賞

大阪スバル株式会社 フロント:中村健次 選手 メカニック:安井茂雅 選手

ページトップへ戻る