SUBARU × OUTDOOR

START YOUR OUTDOOR LIFE. 車選びから始めるアウトドアライフ

自分で選んだギアとともに、自然の中に入り込み、
非日常を味わうのがアウトドアの醍醐味。
そのためには、やっぱり車にもこだわりたい。
でも、一体どんな車を選べば、
思い描くようなアウトドアライフが叶うだろうか。
アウトドアシーンで実際に役立つ
リアルな情報をもとに、さまざまな視点から、
アウトドアのための車選びを
SUBARUがサポートします。

アウトドアギアとしての
クルマ選び6つのポイント

キャンプサイトに映えるアウトドアギアのフォレスター<SUBARU>

POINT01ギア感のあるルックス

キャンプ場ではクルマもテントサイトを彩るギア(道具)のひとつ。愛用のテントやアウトドアギアとの相性がいいかどうかも重要です。たとえば、ルーフレールが付いていればルーフキャリアをつけても様になりますし、ルーフレールにタープを結びつけて一体感のあるテントサイトを作る猛者もいます。視覚的にもアクティブな印象を与えてくれます。そういったギア感を醸し出すクルマは、帰り道に泥汚れがついたまま走ってもサマになったりします。汚したくないのが本音ですが「汚れてもいいカンジ」がポイント!

フォレスターのルーフレールのホールにタープを結ぶ<SUBARU>
大きなキャンプ道具も積み込みやすいフォレスターのカーゴルーム<SUBARU>

POINT02道具を積み込みやすい

荷室は大容量に越したことはありませんが、積み込みやすさや、使いやすさも重要です。特に、ギアの収納ボックスやテントなどの大きくて重いものを積み込む際に違いが出てきます。間口が広く、段差のないフラットな構造だと、荷物を間口付近にドカっと置いて奥にスライドすることができますし、積み下ろしもラクになります。後部座席のシートアレンジができて、ホイールハウスの張り出しが気にならないスクエアかつフラットな荷室なら、長尺ものも積みやすく、使いやすさ抜群です。

大容量で、荷物を積み込みやすいフォレスターのカーゴルーム<SUBARU>
車のカーゴルームに座って汚れたブーツを脱ぐ<SUBARU>

POINT03ラフに扱っても
気にならない

天候が変わりやすいアウトドアでは、泥や砂がついたままのブーツや、雨で濡れたテントなどを慌てて積み込むこともしばしば。とはいえ、車内はできるだけ汚したくないですよね。だからこそ手入れが簡単なのがいい。ラゲッジスペースやシートに撥水・防汚素材が使われていれば、サッと拭いてキレイになるのでお手入れラクラク。細かなことを気にせずラフに扱える、というのがポイントです。

泥や水に濡れても手入れがしやすいフォレスターX-BREAKの撥水カーゴルーム<SUBARU>
景色を楽しむことができる車の広い窓<SUBARU>

POINT04キブンが上がる、
大きな車窓ビュー

アウトドアへ出かけるなら、道中の自然豊かな景色もしっかり楽しみたいもの。じつはクルマによって見える景色は結構違ってきます。ポイントは、運転席に座った時にピラーなどによる死角が少なく、窓が大きく感じられること。運転するジブンだけでなく、助手席や後部座席の同乗者も、開放感があってキブンが上がります。さらに、着座位置が高いクルマなら高速道路での見通しも良く、周りのクルマによる圧迫感も少ないので、長距離運転でも疲れにくいというメリットも。

どこにだって行ける4WDのSUV・フォレスター<SUBARU>

POINT05行き先や季節を選ばず、
どこにだって行ける

キャンプ場や釣り場へのアクセスでは、林道や砂利道を走ることがあります。こういう場合、SUVのような最低地上高が高いクルマであることも必要になってきますが、4WD(四輪駆動)の恩恵は絶大です。車体が斜めになるような起伏が激しい道を走るわけではなくても、季節を選ばず、海・山・川どんなフィールドにも気兼ねなく繰り出せるというのが4WDの大きな魅力。雨でぬかるんだ道・雪道で不意に横滑りしてヒヤッとする場面やスタックしてしまいそうな状況など、どんなシーンでも安心感が違います。なにより、次はどこへ行こうかワクワクしませんか?

長距離移動でも安心の最新の安全装備・運転支援装置を備えた車・フォレスター<SUBARU>

POINT06遠くに行っても
疲れ知らず

絶景キャンプのためなら長距離移動もいとわない、だからこそ少しでもラクに移動したい。というのがアウトドア好きの本音。ラクしたいなら最新の安全装備・運転支援装置を備えたクルマを選ぶべきです。一度乗ってしまうと後戻りできないのがイマの運転支援技術のスゴいところ。アウトドアで遊び倒した帰り道、ハンドルを握る腕やアクセル・ブレーキを踏み分ける足には思った以上に疲れが溜まっています。そんなときクルマがアシストしてくれると、体の負担が少なく気持ちも軽やかになりますよ。

SUBARUなら見つかる!
アウトドアの相棒

「あらゆる場面」で使う「人」を想定し、
強いこだわりを持ってつくっている。
だから、SUBARUのクルマは
アウトドアでも役立つ走りと機能を備えています。
そんな数あるこだわりの中から厳選し、
アウトドアライフが充実する
9つのポイントをご紹介します。

アウトドアライフに
おすすめのラインアップ

  • 荒れた山道も行けるフォレスター<SUBARU>

    # ミドルサイズSUV # 頼れる相棒

    本格性能を備えた相棒だからこそ
    アウトドアライフを愉しめる

    FORESTER
    価格
    2,937,000円~3,300,000円
    メーカー希望小売価格(税込)

    その他のグレード等、FORESTERをくわしく見る

    掲載グレード
    X-BREAK
    掲載グレード価格
    3,080,000円
    メーカー希望小売価格(税込)
    パワーユニット
    2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)
    駆動方式
    AWD(常時全輪駆動)
    燃費 [WLTCモード]
    14.0km /L
    乗車定員
    5名
    サイズ(mm)
    全長4640 全幅1815 全高1730
    室内長2140 室内幅1545 室内高1275

    ※グレードやオプション装着により、サイズは変わることがございます。

    その他のグレード等、
    FORESTERをくわしく見る

  • 街でも映えるデザインのSUBARU XV<SUBARU>

    # コンパクトSUV # スポカジ

    街なかでもアウトドアでも
    個性が際立つスタイリング

    SUBARU XV
    価格
    2,200,000円~2,926,000円
    メーカー希望小売価格(税込)

    その他のグレード等、XVをくわしく見る

    掲載グレード
    Advance
    掲載グレード価格
    2,926,000円
    メーカー希望小売価格(税込)
    エンジン
    2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)
    駆動方式
    AWD(常時全輪駆動)
    燃費 [WLTCモード]
    15.0km /L
    乗車定員
    5名
    サイズ(mm)
    全長4485 全幅1800 全高1550
    室内長2085 室内幅1520 室内高1200

    ※グレードやオプション装着により、サイズは変わることがございます。

    その他のグレード等、
    XVをくわしく見る

  • 豊かな自然に溶け込むレガシィ アウトバック<SUBARU>

    # フラッグシップSUV # 新しい豊かさ

    上質さだけではなく
    自然体で心地良いと感じる
    暮らしを提供してくれる

    LEGACY OUTBACK
    価格
    4,147,000円~4,290,000円
    メーカー希望小売価格(税込)

    その他のグレード等、
    LEGACY OUTBACKをくわしく見る

    掲載グレード
    X-BREAK EX
    掲載グレード価格
    4,147,000円
    メーカー希望小売価格(税込)
    パワーユニット
    1.8L DOHC 直噴ターボ“DIT”
    駆動方式
    AWD(常時全輪駆動)
    燃費 [WLTCモード]
    13.0km /L
    乗車定員
    5名
    サイズ(mm)
    全長4870 全幅1875 全高1670
    室内長1840 室内幅1545 室内高1245

    ※グレードやオプション装着により、サイズは変わることがございます。

    その他のグレード等、
    LEGACY OUTBACKを
    くわしく見る

  • 快適にどこまでも走れるレヴォーグ<SUBARU>

    # ツーリングワゴン # 移動の愉しさ # 先進

    広々カーゴルームと先進安全で快適。
    どこまでも行きたくなる愉しさを

    LEVORG
    価格
    3,102,000円~4,092,000円
    メーカー希望小売価格(税込)

    その他のグレード等、LEVORGをくわしく見る

    掲載グレード
    STI Sport EX
    掲載グレード価格
    4,092,000円
    メーカー希望小売価格(税込)
    パワーユニット
    1.8L DOHC 直噴ターボ“DIT”
    駆動方式
    AWD(常時全輪駆動)
    燃費 [WLTCモード]
    13.6km /L
    乗車定員
    5名
    サイズ(mm)
    全長4755 全幅1795 全高1500
    室内長1900 室内幅1515 室内高1205

    ※グレードやオプション装着により、サイズは変わることがございます。

    その他のグレード等、
    LEVORGをくわしく見る

SUBARUを相棒に。
“安心と愉しさ”の
アウトドア体験。

SUBARUオーナーさまより
投稿いただいた
アウトドアアクティビティの
体験を一部ご紹介します。

緑のキャンプサイトに映えるフォレスター<SUBARU>

安定性は、安心。

車種
フォレスター
投稿者
こたー さん
スバル暦
1~3年 / 1台
「安心」エピソード
雪道の安定性、高速道路での安定性、山道の安定性…。どんな環境や路面状況でも安定性があります。家族を乗せるので、安定性は安心となっています。更にアイサイトの安心感もあり、運転がとても楽しい車です。
「愉しさ」エピソード
スバルを選んだのは、まず走りの良さ。家族を乗せてどこでも行ける気がします。たっぷり荷物を載せてキャンプに出かけました。山道もスイスイと力強い走りでした。フォレスターに乗ってキャンプへ行くのが、家族の楽しみです!
ルーフキャリアが様になるSUBARU XV<SUBARU>

車酔いをしなくなりました。

車種
SUBARU XV
投稿者
kitatuba さん
スバル暦
1~3年 / 2台
「安心」エピソード
キャンプが趣味な我が家は、自宅から高速道路を走って林道を抜けてキャンプ場のサイトまでたどり着きます。サイトでは、炊飯と育児に大忙し、撤収も一苦労です。そんなコンディションで帰路に着くわけですが、0次安全の車体設計やアイサイトに運転をアシストしてもらえるので、運転手の私の無事故無違反はもちろんのこと、助手席の妻と後部座席の子供たちも安心して寝息を立てます。
「愉しさ」エピソード
ドライビングスキルや自動車の技術に明るいわけではありませんが、クルマで遠出をすることが待ち遠しく思うようになりました。運転することが、愉しくなったのだと思います。家族も同じ様で、SUBARU車に乗り始めてからは、車酔いをしなくなり、車内でのコミュニケーションが愉しいものになりました。
ルーフキャリアが似合うレガシィ アウトバック<SUBARU>

キャンプ、スキー、車中泊などに大活躍!

車種
レガシィアウトバック
投稿者
たけしん さん
スバル暦
11~15年 / 2台
「安心」エピソード
高速走行時の安定性、最低地上高、AWDの走破性、アイサイトによる安心感で長距離運転の疲労が少ない! 見た目に反して意外と小回りが利く!
「愉しさ」エピソード
キャンプ、サイクリング、スキー、車中泊、大活躍してもらってます!
キャンプサイトに映えるルーフキャリアを載せたレヴォーグ<SUBARU>

安心して家族を乗せて走れる、頼れる相棒。

車種
レヴォーグ
投稿者
ばっC さん
スバル暦
8~10年 / 3台
「安心」エピソード
趣味のキャンプに出掛ける際、アイサイトの追従機能のおかげで長距離運転が疲れない! 狭い道の幅寄せもサイドビューモニターが大活躍! よそ見して前のクルマにぶつかりそうになった時、アイサイトの警報に何度も救われています。安心して家族を乗せて走れる、頼れる相棒です。
「愉しさ」エピソード
走りの愉しさに魅かれてレヴォーグを選びましたが、家族が増えキャンプが趣味になっても、しっかり人も荷物ものせることが出来ています。今では「走りの愉しさ」に「趣味で家族の想い出をつくる愉しさ」が加わりました。
湖岸のキャンプサイトに映えるフォレスター<SUBARU>

走破性や安心感が抜群!

車種
フォレスター
投稿者
かとうぼし☆ さん
スバル暦
8~10年 / 3台
「安心」エピソード
AWDで雪道も安心!
「愉しさ」エピソード
キャンプ場や登山口へ行く際の未舗装路やスキーへ行く際の雪道での走破性や安心感が抜群です!
SUBARU XVで行くサーフィン<SUBARU>

波乗りへ行く時の頼もしい相棒。

車種
SUBARU XV
投稿者
マナブ さん
スバル暦
1~3年 / 1台
「安心」エピソード
波乗りへ行く時の頼もしい相棒。 砂浜もAWDで安心!!
「愉しさ」エピソード
海に山に砂に雪に... 路面を選ばない走破力で、いつまでも運転していたくなります。
自然の中に溶け込むレガシィ アウトバック<SUBARU>

我が家にとってかけがいのない相棒です。

車種
レガシィアウトバック
投稿者
ken09092014 さん
スバル暦
1~3年 / 1台
「安心」エピソード
#私の休日 は、なんと言っても1年を通して楽しんでいるキャンプです。 こんなご時世なので、人が少ないマイナーなキャンプ場や真冬に狙いを定めて楽しんでいます。自然の静寂と薪の爆ぜる音、外で食べるご飯など、家族で楽しむ休日では最高のコンテンツであると考えています。 積載量が多くても、目的地へ安全にアクセスする必要があるので、今ではアウトバックは我が家にとってかけがいのない相棒です。
「愉しさ」エピソード
これまでの #渋滞はストレス以外の何者でもありませんでした。ところがアウトバック に乗り換えてから、ストレスフリーなクルーズコントロールと、グランドツーリングワゴンのDNAを存分に受け継いでるお陰で、快適な乗り心地と静寂性が相まって、運転疲れが軽減されています。
ロードバイクとレヴォーグ<SUBARU>

初めてのスバルですが大満足。

車種
レヴォーグ
投稿者
ファルコン さん
スバル暦
1年未満 / 1台
「安心」エピソード
なんといっても雪道です、 特に凍結路面 以前乗っていた車は スタンバイ方式の 4 WD だったので 不安定な部分がありましたが、常時4WDレヴォーグは安心感が違います 初めてのスバルですが大満足しています
「愉しさ」エピソード
ロードバイクの趣味があるので車に自転車を載せて行く機会も多いのですがホイールを外さなくても積み込める積載スペースは大変有難いです、スバルが自転車レースのスポンサーになってる事も購入の決め手でしたね
雪道でも安定の走りをみせるフォレスター<SUBARU>

さすがSUBARU自慢のAWD。

車種
フォレスター
投稿者
やまお さん
スバル暦
1年未満 / 0台
「安心」エピソード
広島県の恐羅漢山に登山へ! 最寄りのICを降りナビは細い山道へ誘導。ここが結構道幅狭くガードレール無し、すれ違い不可能な難関! 積雪があり緊張しましたがさすがSUBARU自慢のAWD。不安無い安定の走りに大満足。 あとで知ったのですがスキー場のネットにはナビは旧道を案内しますが無視して広い林道を通って迂回するようとの案内が出てました出てました。そんなのわからんし… そしてスキー場駐車場に無事到着一番乗りで楽しい登山満喫できました。 これからも趣味である登山の心強いアイテムとして活躍してもらいます 笑
「愉しさ」エピソード
逆ですね。 登山があってのこの車です 笑 買って良かった!
雄大な自然が似合うレガシィ アウトバック<SUBARU>

買ったのは、アウトバックのあるライフスタイル。

車種
レガシィアウトバック
投稿者
chacha さん
スバル暦
1年未満 / 1台
「安心」エピソード
帰りを帰りと感じさせないアイサイト
「愉しさ」エピソード
アウトバックのあるライフスタイルを買ったつもりです
雪道をスタックせずに進むレヴォーグ<SUBARU>

大雪に遭ってもスタックせずに進みました。

車種
レヴォーグ STI Sport
投稿者
あん さん
スバル暦
11年~15年/ 3台
「安心」エピソード
今年の冬、首都圏から東北方面へ出発して550kmほど走ったところで、大雪に遭いました。まだ除雪が入っていない状態の高速道路での雪道ドライブとなりましたが、スタックする事無く進むことができました。流石スバルのAWDです。でも過信は禁物。雪道ではスタッドレスタイヤを履く事は勿論、スピードは抑えて、ステアリング操作はゆっくり丁寧に…
「愉しさ」エピソード
レヴォーグSTI-SPORTは私にとって3台目のスバル車です。綺麗に走る愉しさを教えてくれる車です。

その他の投稿作品はWhy, SUBARU?へその他の投稿作品はWhy, SUBARU?へ