SUBARU XV 試乗レポート  モータージャーナリスト藤島知子 × e-BOXER アイサイト・ツーリングアシスト

モータージャーナリスト藤島知子が
e-BOXER&アイサイト・ツーリングアシストを体感解説。

モータージャーナリスト藤島知子

レースなどへの参戦経験と女性ならではの目線によるクルマのレポートに定評がある自動車評論家。自動車メディアや女性ファッション誌に広く寄稿しており、テレビ神奈川制作の新車情報番組「クルマでいこう!」には出演12年目になる。

詳細はこちら

モータージャーナリスト藤島知子

幼い頃からのクルマ好きが高じて、運転免許取得2年目となる2002年より執筆活動を開始。量産車のワンメイクレース、ミドルフォーミュラカーのレースなどの参戦経験を活かし、クルマ好き目線、女性目線を織り込みながら、自動車メディア、女性ファッション誌などに寄稿をしている。テレビ神奈川制作の新車情報番組「クルマでいこう!」は出演12年目。お茶の間のファミリーから走り好きのユーザーまで、幅広い視点でクルマの魅力をレポートしている。

opening

藤島知子氏が紹介するe-BOXERと
アイサイト・ツーリングアシスト

XV Advanceの注目点はe-BOXERとアイサイト・ツーリングアシスト。
モーターアシストによる力強い走りと静粛性、アイサイト・ツーリングアシストによる先進の運転支援をご紹介します。

  • SUBARU独自の技術
    【e-BOXERについて】

  • SUBARU XV Advanceには2.0Lの直噴ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたパワーユニットを搭載。エンジンの力に加えてモーターがアシストしてくれるので、滑らかな走り出しと爽快な加速フィールが得られます。

  • 先進の運転支援技術
    【アイサイト・ツーリングアシストについて】

  • もはや、運転支援技術の代名詞となったアイサイト。ステレオカメラが先行車と車線の両方を認識しながら追従走行し、車線の中央付近をトレースして走る操舵支援を行います。

  • 低速走行時など、アクセルの踏み込み量が少ない時は、モーターのみで走行可能。エンジンが掛からないぶん静かに走れるし、モーターはそれほど大きくないので、減速エネルギーを回収する回生ブレーキの違和感が少なく、車速もコントロールしやすいですね。

  • 渋滞時でも、前を走るクルマと車線の両方を認識しながら追従走行を続けてくれるので、ストレスを感じにくいですね。

e-BOXER 01

モーターアシストによる
e-BOXERの滑らかで力強い加速フィール

高速道路の合流では、SI-DRIVEのSモードを選択。
モーターアシストにより軽い踏み込みで目標速度へ。
燃料消費を抑えながら、気持ち良いドライブを体感できます。

  • 滑らかで軽快、レスポンスに優れた
    加速の良さについて

  • これから、高速道路の本線に合流します。SI-DRIVEのスイッチをSモードに切り替えて、モーターアシストを行う
    e-BOXERならではの加速フィールを体験してみましょう。

    とてもスムーズで、気持ちのいい加速ですね。エンジンの力にモーターアシストが加わるので、アクセルペダルは軽く踏むだけで十分。その一方で、深く踏み込めば、ぐっとくる力強い加速がやみつきになってしまいそうなほど。家族や友人とのドライブで力不足に感じることもなさそうですね。

  • e-BOXERの気持ちのいい走りを支えるのは、重量配分にこだわった設計思想。スバルグローバルプラットフォームの高剛性シャシーとボディ、ボクサーエンジンやAWDは低重心で左右対称に設計されています。

    クルマの基礎がしっかり鍛えられているからこそ、重量物であるバッテリーや力強いモーターアシストが加わっても抜群の操縦安定性が得られるのです。そんなところも、走りに妥協を許さないSUBARUのこだわりです。

  • シンメトリカルAWDと高剛性シャシー&
    ボディの組みあわせによるメリット

e-BOXER 02

住宅地で嬉しい静粛性と
自然なブレーキフィール

住宅地ではIモードを選択。
e-BOXERは回生ブレーキのフィーリングが自然でスムーズ。
EVモード走行時は静かなので、早朝や深夜の移動で迷惑になりにくいのも嬉しいです。

  • 住宅地は、エンジンを停止してモーターのみで走るEV走行の静粛性が確認しやすい場所です。SI-DRIVEをIモードに切り替えて走ってみましょう。

    20km/h程度までの低速走行であれば、モーターのみで走ることも。早朝や深夜に住宅地を走るときは走行音に気を遣いますが、これなら心配ないですね。車内も静かで快適です。

  • モーターによるEV走行時の
    静粛性について

  • 自然なブレーキフィールに
    ついて

  • エンジンとモーターを併用する、いわゆるハイブリットと言われるクルマは様々なタイプがありますが、e-BOXERは10kWの程よい容量のモーターを採用しています。抵抗が少ないので、減速エネルギーを回収する役割を担う回生ブレーキが自然な感覚で扱えることも魅力です。

    市街地では信号や交差点でストップ&ゴーを繰り返すもの。自然な感覚で減速できる回生ブレーキは乗員の身体が不用意に揺すられづらく、カーブを通過する一連の身のこなしが自然で、ストレスが少なく快適です。

新開発パワーユニット e-BOXERの解説と ご試乗いただいたお客様の声
Check! e-BOXER搭載車
アイサイト・ツーリングアシスト 01

高速道路で活躍する車線中央維持と
先行車追従機能

高速走行ではアイサイト・ツーリングアシストの高性能を実感。
カーブがキツい場所や車線が薄れている場所でもキャンセル率が低く、ストレスなく使えます。

  • 高速道路で活躍する車線中央維持と
    先行車追従機能

  • 高速道路では、アイサイト・ツーリングアシストを利用して、車線中央維持や先行車追従走行の機能を試してみましょう。

    ステレオカメラを使って運転支援を行う機能はSUBARUならでは。精度の高い制御で交通の流れに沿ってスムーズに走れるので、信頼できて使いこなしやすく、ドライブのストレスを大幅に軽減してくれます。

  • 高速走行から渋滞時の停車まで、全車速で追従走行を行ってくれることもアイサイト・ツーリングアシストの魅力です。

    運転支援機能はクルマによって、一定の速度を下回るとカバーされないケースがありますが、アイサイト・ツーリングアシストは全車速で先行車追従走行が可能。制御を行う精度も高く、前走車や区画線をしっかり認識することが可能です。

  • 全車速で運転支援を行う
    アイサイト・ツーリングアシスト

  • 車線が見えづらくても
    追従走行を継続

  • ここから車線が薄く消えかかっている場所に差し掛かります。アイサイト・ツーリングアシストなら、車線維持を継続することが出来ます。

    車線がかすれていたり、車線の両側が見えなくても、片側の線や先行車を手がかりにして追従走行を続けます。しっかり使える機能として、移動のストレスを減らしてくれます。

アイサイト・ツーリングアシスト 02

渋滞時でも安心できる信頼の運転支援

渋滞でも活躍するアイサイト・ツーリングアシスト。
先行車に追従時のブレーキングはとても自然。
停車して3秒以内ならドライバーの操作なしで再発進してくれます。

  • ここから渋滞が始まっています。アイサイト・ツーリングアシストは渋滞時でも高精度な運転支援を行ってくれます。

    先行車を認識して追従しますが、ごく低速でも安定して一定の車間を維持しながら追従します。ブレーキは最初にしっかり車速を落とし、あとは身体が揺すられないように調整してくれるあたりもベテランドライバーの感覚に近くて安心できます。

  • 渋滞時の
    アイサイト・ツーリングアシストについて

  • 精度の高い
    追従運転支援

  • 渋滞中の走行はふらつきがちなことも。そんな時、アイサイト・ツーリングアシストなら先行車がふらついても、それについていくことはありません。

    車線と先行車を認識した情報を組み合わせて車線の中央付近を辿るから、前のクルマがふらついても自分のクルマに影響を受けることはありません。万が一、追従走行を諦める状況になると、メーター内の表示と警告音でわかりやすくしっかりお知らせ。運転者は直感的に把握できます。

  • 酷い渋滞に差し掛かると、停まっては動き出す状況になることも。アイサイト・ツーリングアシストは停車してから3秒以内であれば、再発進してくれます。

    頻繁に停まっては動き出す通勤時や連休の渋滞など、イライラが募ってしまいがちな場面。頻繁に操作を行うストレスから解放されるから、目的地で気分良く過ごすことに繋がります。3秒以上経った場合はハンドルのスイッチかアクセルペダルに触れるだけで再発進します。

  • 停止から3秒以内で
    あれば再発進

アイサイトだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。アイサイトは、運転者の判断を補助し、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。わき見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。運転時は常に先行車両との車間距離や、周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏む、ステアリングを操作するなど安全運転を心掛けてください。●アイサイトの認識性能・制御性能には限界があります。ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。●雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日射しの状況によってはステレオカメラ、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。●この他、アイサイトのご使用について重要な注意事項が記載されておりますので、ご使用前には必ず取扱説明書をお読みください。●アイサイトの詳細は、販売店にお問い合わせください。

疲れを減らし、 愉しさを深める新機能 アイサイト・ツーリングアシスト
Check! アイサイト・ツーリングアシスト搭載車
SUBARU XV 本気の自由をくれるクルマ。
GT TOURER LEVORG 人生に、ツーリングの悦びを
FORESTER 新しい冒険の始まり。
WRX S4本物だけが、人を引きつける。
IMPREZA SPORT これこそがクルマだ
IMPREZA G4 大人を乗せる、プライド
Ending

e-BOXERとアイサイト・ツーリングアシストがもたらす
SUBARU独自の走り

e-BOXERとアイサイト・ツーリングアシストは人を中心に据えたSUBARUならではの技術。
車体設計から追求することで、高精度の制御と抜群の操縦性を与えてくれます。

  • e-BOXER
    についてのまとめ

  • 重量物をバランスよく配置した車体設計、スバルグローバルプラットフォームの採用など、走ることが好きな私でも、その操縦性の高さから積極的にe-BOXER搭載車を選びたくなる出来映えです。走りにこだわり抜いてきたSUBARUらしい電動化技術ですね。

  • スバル独自のe-BOXERは、専用のバッテリーを車体後方の床下に収め、既存のエンジン車と同等の実用スペースを確保しているのも嬉しいポイントです。

  • アイサイト・ツーリングアシスト
    についてのまとめ

  • SUBARUは車載用ステレオカメラの開発を30年以上も前から手掛けてきたメーカー。その蓄積した独自の技術と、車体やシャシーの理想的な在り方を追求したクルマづくりをトータルで行うことで、SUBARUならではの、安心して使うことができる精度の高い運転支援を実現しています。

  • SUBARU独自の設計思想のもと生み出された抜群の操縦安定性があるからこそ実現できる高精度な運転支援機能「アイサイト・ツーリングアシスト」。まさに、人を中心にクルマ作りを行ってきたSUBARUらしい提案だと思います。

SUBARUのお店で、SUBARU XV Advanceをご試乗いただけます。

※一部店舗では試乗車のご用意が無い場合があります。店舗にお問い合わせください。

Special Contents This is SUBARU!をトコトン解説

SUBARUのSUVでおでかけ試乗 VOL.1 仲良し四人家族に、FORESTERがやってきた!フォレスターに乗って家族でキャンプへGO!
SUBARUのSUVでおでかけ試乗 VOL.2 湘南サーフドライブには、アクティブにどこでも行けるSUBARU XVがピッタリ。SUBARU XVで行く、スバルスターズの女子旅!
プロドライバーがSTI Sportの上質な走りと体感ポイント4を解説。プロドライバー山内英輝×GT TOURER LEVORG STI Sport
モータージャーナリストがe-BOXER & アイサイト・ツーリングアシストを体感解説。
新開発パワーユニット e-BOXER 新開発パワーユニット e-BOXERの解説と
  • This is SUBARU! SUBARU試乗 ポータルサイト
  • SUBARU XV 詳しくはこちら
  • オンライン見積り
  • 試乗車検索
カタログ請求
見積りシミュレーション
試乗車検索
販売店検索