アイサイト・ツーリングアシスト誕生

アイサイトの多彩な機能


ドライバーの認識範囲を広げ、さらなる安心をプラスするアイサイトセイフティプラス

ヒヤリを減らすために: 運転支援

車線変更や後退時の危険を知らせるスバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

車体後部に内蔵されたセンサーによって、自車の後側方から接近する車両を検知。
衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警報音でドライバーに注意を促します。

  • 死角車両検知

    ドアミラーからは見えにくい、後側方の車両を検知し、インジケーターの点灯によってお知らせ。また、その状態で自車が車線変更しようとした場合、インジケーターの点滅によって注意を促します。

  • 車線変更支援

    隣車線の後方から高速で近づいてくる車両を検知し、インジケーターの点灯によってお知らせ。また、その状態で自車が車線変更しようとした場合、インジケーターの点滅によって注意を促します。

  • 後退時支援*1

    駐車場などからの後退時、自車の後側方から接近する車両を検知し、インジケーターの点滅と警報音でドライバーにお知らせします。

夜のドライブを明るく見やすくするハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)

フロントウインドゥ内側の単眼カメラが前方の光を検知し、状況に応じてハイビーム/ロービームを自動的に切り替え。
より明るく安全な夜間視界を確保します。

※本カメラは、アイサイト用カメラとは異なります。

  • 前方に車両がいない場合

    約40km/h以上で夜間走行している時、前方に車両がいない場合はハイビームで走行。

    ※約30km/h以下は市街地走行を想定してロービームに固定します。

    対向車や先行車がいる場合

    対向車や先行車を検知した場合や、市街地走行とシステムが判断した時は、自動的にロービームに切り替えます。

  • 自動防眩ルームミラー

    周囲の光や後続車のライトの眩しさを自動的に軽減する「自動防眩ルームミラー」も装備しています。


  • *1:道路に対して斜めに駐車している時など、状況によっては、後側方から接近する車両を検知しない場合や、衝突する危険のない車両を検知する場合があります。

死角を減らすために: 視界拡張

後ろの視界をグンと広げるスマートリヤビューミラー

リヤゲートガラスの内側に取り付けられたカメラの映像を、ルームミラーに表示。乗員や荷物で後方視界が遮られてしまう時や、夕方や夜間・悪天候などで後方が見えにくくなる場合でも、安全な後方確認をサポートします。

    リヤカメラの映像を映さない通常のミラーモードと、映像を表示するディスプレイモードを設定。切り替えはミラー下部にあるレバースイッチで簡単に行えます。
    また、周囲の光や後続車のライトの眩しさを自動的に軽減する自動防眩機能も採用しています。

前方/ 左前方の死角を減らすフロント&サイドビューモニター*2

フロントグリルおよび助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像を、マルチファンクションディスプレイに表示。
死角を低減し、安全運転をアシストします。

  • フロントビューモニター

    自車の前方の様子が確認可能。見通しの悪い交差点での衝突事故防止に貢献するとともに、駐車・発進時などの前方確認をサポートします。

  • サイドビューモニター

    自車の左前方の様子が確認可能。狭い道への進入やすれ違い、道路端への幅寄せ駐車、壁直前での駐車などを、より安心して行うことができます。

  • ガイドライン表示

    運転の際に目安となる、便利なガイドラインを表示します。


  • *2:走行中にマルチファンクションディスプレイを見続けるのは前方不注意の原因となります。必ず目視で前方や周囲の状況を確認しながら使用してください。
  • アイサイトセイフティプラスだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。本システムは、運転者の判断を補助することを目的としています。
  • アイサイトセイフティプラスには作動条件があります。また、認識性能には限界があります。
  • アイサイトセイフティプラスのご使用について重要な注意事項が記載されておりますので、ご使用前には必ず取扱説明書をお読みください。
  • アイサイトセイフティプラスの詳細は、販売店にお問い合わせください。
  • 写真・イラストはすべてイメージです。

SHARE     |