SUBARU GOLF

  • 選手紹介
  • NEWS
  • 試合結果
  • MOVIE
Ritsuko Ryu Ritsuko Ryu

選手紹介:Ritsuko Ryu

笠りつ子 Profile

Profile

生年月日
:1987年11月4日
出身地
:熊本県熊本市
出身校
:九州東海大学中退
身長
:160センチ
血液型
:AB型
家族
:両親、兄2人、祖父母
好きな色
:ピンク
趣味
:買い物、読書
プロ入会
:2006年8月1日(78期生)
ゴルフ歴
:9歳~
得意クラブ
:全部
ホールインワン
:1回(08年マスターズGCレディース1R)
ベストスコア
:65(08年クリスタルガイザーゴールデンSP1R)
公式サイト
http://player.pargolf.co.jp/ritsuko-ryu/

History

高校を卒業した06年7月のプロテストに一発合格し、マンシングウェアレディース東海クラシックでプロデビュー。

11年8月のニトリレディースで念願の初優勝。2打差に19人がひしめく大混戦で最終日を迎えたが、最終ホールで4メートルのバーディパットをねじ込み、自らの手で優勝を決めた。10月の日本女子オープンでは難セッティングの中、最終日最終ホールまで優勝争いを演じたことで実力をアピール、賞金ランキング10位と躍進のシーズンに。

12年は、東日本大震災の影響で前年は中止となってしまったヤマハレディースオープン葛城で、「古閑先輩が最後に勝った試合だったから、次は私が絶対勝つ」と宣言どおりに優勝。10年に優勝し、11年いっぱいでツアーから引退した古閑美保プロと歴代優勝者として名前を並べることができた。

13年は「やるからには1番」をテーマに、序盤戦から優勝争いを繰り広げたが、惜しくも優勝を逃す試合が続いた。前半の20試合中11試合でトップ10に入るなど、安定した実力でツアーを戦うも、最後まで優勝は出来なかった。

14年は、とにかくどんな試合でも勝ちにいくつもりで、毎試合貪欲に優勝を目指して戦っていく。安定感や実力的にはトップの選手だけに、序盤での優勝での勢いが、彼女を賞金女王まで導くかもしれない。

笠りつ子 History