Driving

パワーユニット

レガシィ アウトバック 水平対向エンジン[SUBARU BOXER]イメージ

PHOTO:LEGACY OUTBACK Limited ワイルドネスグリーン・メタリック 写真はイメージです。

唯一無二の、
走りの歓び。

水平対向エンジン[SUBARU BOXER]

SUBARU BOXER SINCE1966

左右のピストンが水平方向に往復する様子が、まるでボクサーが互いにパンチを繰り出しているように見えることから“BOXER”と呼ばれる水平対向エンジン。SUBARUはこのエンジンを理想のパワーユニットとして磨き続けてきました。互いの力を打ち消し合う特性から生まれる、滑らかで気持ちの良いエンジンフィール。軽量・コンパクトかつ低重心な構造がもたらす、軽快でスポーティなハンドリング。物理の法則に裏付けられた高い基本性能が、他では味わえない興奮と気持ち良さを生み出します。

レガシィ アウトバック 水平対向エンジン[SUBARU BOXER]

写真はイメージです。

高度なバランス性能を備えた2.5ℓ BOXERエンジン

  • 出力、レスポンス、燃費、静粛性など、全性能を磨き上げた「2.5ℓ BOXERエンジン」を搭載。軽量化や摩擦の低減により、スムーズで振動の少ない上質なエンジンフィーリングを実現しています。吸入音をチューニングするなどサウンドにもこだわり、シームレスに続く心地良い加速音を提供します。

  • レガシィ アウトバック 2.5ℓ BOXERエンジン

    2.5ℓ BOXERエンジン

加速の気持ち良さを高めたリニアトロニック

  • リニアな加速フィールと優れた燃費性能を提供するリニアトロニック。摩擦・騒音の低減や軽量化により、加速の気持ち良さと燃費性能を高めました。さらにアクセルを踏み込んだ時は自動的にステップ変速に切り替わり、スポーティな加速とダイレクトな変速が愉しめます。変速範囲も広げマニュアルモードは第1速から第7速としています。

  • レガシィ アウトバック リニアトロニック

    リニアトロニック

レガシィ アウトバック [動画で解説]ドライビング

[動画で解説]ドライビング

※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれている場合があります。

環境性能と機能性を両立させるエアロダイナミクス

空力性能を高める機能として「アクティブグリルシャッター」を採用。車両の状態に応じてフロントバンパー内のシャッターを自動的に開閉し、空気抵抗を減らすとともにエンジンの暖気/冷却を効率的に行い、さらなる低燃費を実現します。その他にも、後方に向けてルーフを絞り込んだフォルムをはじめ、バンパーやドアミラー形状、床下アンダーカバーなど、ボディ全体にわたる最適化によって燃費性能に貢献しています。

  • JC08モード14.8km/ℓ

    数値はインテリジェントモード時( 国土交通省審査値)

  • 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法、習慣、整備状況およびその他の状況に応じて燃料消費率が異なってきます。

レガシィ アウトバック [動画で解説]エフィシェンシー

[動画で解説]エフィシェンシー

※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれている場合があります。