ニュルブルクリンク24時間耐久レースとは

ドイツ北西で毎年開催される世界で最も大きく、世界で最も過酷な「ツーリングカーのお祭り」
それがニュルブルクリンク24時間耐久レース。
世界中のあらゆる道が存在する、と言われる一周25.378kmのコースは、幅が狭く、荒れた路面やブラインドコーナーが連続する山岳コースで、ジャンピングスポットもあります。
このレースを観るため毎年世界中からファンが押し寄せ、アマチュアからワークスサポートのプロフェッショナルチームまで、出場レースカーは200台以上にのぼります。


スバルでは毎年、厳しい選考を経てこのレースにディーラーメカニックを派遣。
ミスの許されない厳しいプレッシャーの中、メカニックとしての技術を高め、最先端のカーテクノロジーに触れ、そして何より多くのスタッフが連携するレースで大切な、チームワークやコミュニケーションのあり方を学んでいます。
この経験を各販売店に持ち帰り、整備・点検をはじめスバルのサービス全体の向上に役立てています。

スバルはNBRにディーラーメカニックを派遣。

誰より市販車を知る彼らは、STIに欠かせない。

辰己 英治 STI総監督

SUBARUのレーシングマシンは市販車のメリットを最大限活しています。
だから誰より市販車を知るディーラーメカニックは欠かせません。
そして、毎年彼らは非常に高いモチベーションをもって参加し、ここでの経験、知識、STIのレースに挑む姿勢や考えをお客様に還元したいという姿勢を強く感じます。
ディーラーメカニックのレースでの活躍は、SUBARUのサービス全体の価値を上げていると確信しています。

辰己 英治 STI総監督