From 2017 Nurburgring

スバルのディーラーメカニックは世界最高峰のレースで戦う

ニュルブルクリンク24時間耐久レースとは

ドイツ北西で毎年開催される世界で最も大きく、世界で最も過酷な「ツーリングカーのお祭り」
それがニュルブルクリンク24時間耐久レース。
世界中のあらゆる道が存在する、と言われる一周25.378kmのコースは、幅が狭く、荒れた路面やブラインドコーナーが連続する山岳コースで、ジャンピングスポットもあります。
このレースを観るため毎年世界中からファンが押し寄せ、アマチュアからワークスサポートのプロフェッショナルチームまで、出場レースカーは200台以上にのぼります。


スバルでは毎年、厳しい選考を経てこのレースにディーラーメカニックを派遣。
ミスの許されない厳しいプレッシャーの中、メカニックとしての技術を高め、最先端のカーテクノロジーに触れ、そして何より多くのスタッフが連携するレースで大切な、チームワークやコミュニケーションのあり方を学んでいます。
この経験を各販売店に持ち帰り、整備・点検をはじめスバルのサービス全体の向上に役立てています。

スバルはNBRにディーラーメカニックを派遣。

彼らの技術力は世界に通ずる。

チーム監督 STI 菅谷 重雄

普段、ディーラーでお客様にサービスをお届けしているスバルメカニック達とともにNBR24hrに挑戦し続けています。
今回も全国から選抜された優秀、且つ個性的なメカニック6名が私たちSTIチームに合流しました。
彼らにとって異国でのレース活動は初めてであり、最初は戸惑いが見えましたが、大会前のトレーニングを通じて日に日にたくましくなり、本番では本来の実力を存分に発揮してくれました。
ともにレースでの勝利を目指し、彼らの成長を見届けることができたのも私の宝物の一つです。

チーム監督 STI 菅谷 重雄