過去のイベントレポート

10月24日(水)アップ!
悔しさが残る15位フィニッシュ。2018 SUPER GT 第7戦「オートポリス」パブリックビューイング開催レポート

2018spgt-7_report_06

シーズン後半となったSUPER GT 2018年シーズン、第7戦は「オートポリス」。東京・恵比寿のSUBARU STAR SQUAREでは、恒例のパブリックビューイングを実施し、井口卓人選手/山内英輝選手が乗るSUBARU BRZ GT300を応援しました。

SUBARU BRZ GT300は、予選4位。ゲスト解説者の松田晃司さんが「スバルに(追い)風が吹いている」と言うほど、SUBARUチームにとっていい状況下でのスタートとなりましたが、レース中盤でのセーフティカー導入により、レースは思いもよらない展開に……。会場からは耐えずあたたかいエールが送られたものの、結果は15位。レースを熟知している松田さんは、「レースに“たられば”はないけれど、あのとき……」と、誰よりも悔しさをにじませました。

レース後は、気を取り直してじゃんけん大会です。今回はこれまでにない、「STI爪束子(たわし)」や「SUBARU 360×東京タワー ジグソーパズル」といった景品も登場し、松田さんとの戦いに勝ち抜いた参加者が景品を手にしました。

最後はみんなで記念撮影。悔しさをはねのけて、笑顔で次回の最終戦に向けてエールを送りました。SUPER GT最終戦は11月11日(日)。SUBARU STAR SQUAREでのパブリックビューイングも行いますので、ぜひ“チーム松田”でSUBARU BRZ GT300を応援しましょう!

2018spgt-7_report_01

MCの一戸恵梨子さん、ゲスト解説者の松田晃司さんと共にレースを観戦しました

2018spgt-7_report_02

SUBARUのユニフォームを来て応援にくるファンの方も。熱い視線を送ります

2018spgt-7_report_03

大画面でオンボード映像を見るのはパブリックビューイングの醍醐味。ドライバーの心理に迫れる!?

2018spgt-7_report_04

レース後はじゃんけん大会。松田さんVS参加者の勝ち抜き戦です

2018spgt-7_report_05

爪束子やパズルのほか、最終戦のファンシートなどが景品としてプレゼントされました

2018spgt-7_report_06

記念撮影は、最終戦の向けて明るく笑顔で!

一覧に戻る