世界レベルで活躍を続ける日本のトップ選手たち世界レベルで活躍を続ける日本のトップ選手たち

  • 髙梨 沙羅選手プロフィール写真
    髙梨 沙羅

    北海道出身
    スキージャンプ
    18年平昌五輪 個人ノーマルヒル銅メダル

    PROFILE
    ワールドカップ通算勝利数は55を数え、スキージャンプ競技において、男女を通じて史上最多の記録を更新した。ワールドカップ総合優勝を4度記録している女子ジャンプ競技の第一人者。4位に終わったソチ五輪の悔しさを晴らし、平昌五輪では銅メダルを獲得した。

  • 渡部 暁斗選手プロフィール写真
    渡部 暁斗

    長野県出身
    ノルディックコンバインド
    14年ソチ五輪 個人ノーマルヒル銀メダル
    18年平昌五輪 個人ノーマルヒル銀メダル

    PROFILE
    今季は平昌五輪で2大会連続のメダルを獲得。さらに、ワールドカップでは自身初の総合優勝を達成した。スキージャンプとクロスカントリーの異なる2種目の能力が必要とされるノルディックコンバインド競技で世界の頂点に君臨する。

  • 石田正子選手プロフィール写真
    石田 正子

    北海道出身
    クロスカントリー
    18年平昌五輪 代表

    PROFILE
    オリンピック出場4回を数えるベテランながら、いまだ日本のクロスカントリー競技を第一線で牽引する。今季もシーズン終盤でワールドカップ5位入賞を果たすなど、その力は健在。ベテランらしい粘り強い走りで世界に挑む。

  • 安藤麻選手プロフィール写真
    安藤 麻

    北海道出身
    アルペン
    18年平昌五輪 代表

    PROFILE
    全中やインターハイなど、世代ごとの全国タイトルをことごとく制覇。今や日本女子アルペンのエースに成長した。昨季はワールドカップ入賞を複数回記録するなど世界レベルにも肉薄し、平昌五輪でビッグイベントも経験。いよいよ世界のトップに挑む。

  • 原大智選手プロフィール写真
    原 大智

    東京都出身
    フリースタイル・モーグル
    18年平昌五輪 男子モーグル銅メダル

    PROFILE
    生まれも育ちも東京の渋谷ながら、幼い頃からモーグル競技に親しみ、中学卒業後はカナダにスキー留学を果たしトップスキーヤーへと成長。平昌五輪では銅メダルを獲得した。まだ21歳の新鋭が、今後のさらなる活躍にも期待が集まる。

  • 田原直哉選手プロフィール写真
    田原 直哉

    和歌山県出身
    フリースタイル・エアリアル
    18年平昌五輪 代表

    PROFILE
    かつては体操競技でオリンピック出場をめざしていたが、その道を断たれエアリアル競技へと転向。体操で培った空中感覚やバランス能力を活かし、派手なエアトリックが魅力の同競技に挑んでいる。平昌五輪で37歳にしてオリンピック初出場をつかんだ。

  • 斯波正樹選手プロフィール写真
    斯波 正樹

    山形県出身
    スノーボード・アルペン
    18年平昌五輪 代表

    PROFILE
    世界選手権出場5回を数えるなど、スノーボード・アルペン競技で男子のエースとして長く活躍。昨季は自身最高位となるワールドカップ8位を記録し、オリンピックの出場権を獲得するなど、32歳になった今も進化を続けている。

  • 鬼塚雅選手プロフィール写真
    鬼塚 雅

    熊本県出身
    スノーボード・スロープスタイル/ビッグエア
    18年平昌五輪 代表

    PROFILE
    14年ソチ五輪から採用されたスロープスタイル、18年平昌五輪から採用されたビッグエア。スノーボードの新種目ふたつで世界の頂点に輝く。16歳で世界選手権優勝を果たすなど、幼い頃からそのポテンシャルを如何なく発揮している。

  • 戸塚優斗選手プロフィール写真
    戸塚 優斗

    神奈川県出身
    スノーボード・ハーフパイプ
    18年平昌五輪 代表

    PROFILE
    タレントぞろいのスノーボード・ハーフパイプチームのなかでも、現在もっとも注目を集めるニューカマー。高校生ながらワールドカップで大暴れを見せ総合優勝のタイトルを獲得。平昌五輪では負傷退場で悔しい思いをしたが、次回にその雪辱を期す。

カタログ請求
見積りシミュレーション
試乗車検索
販売店検索