Utility
パッケージング&カーゴルーム

SUBARU XV フロントスタイル/インプレッサ SPORT リヤスタイル

写真はイメージです。

パッケージング

毎日に絶妙なサイズと、
磨き抜かれた使いやすさ。

SUBARU XV [動画で解説]パッケージング

[動画で解説]パッケージング

ボディサイズ

SUBARU XVは、ワイド&ローのスポーティなスタイリングや広い室内空間を実現しながら、日本の交通環境に配慮し、扱いやすさや取り回しの良さはしっかりと確保。SUVならではの高いアイポイントや死角の少ない良好な視界と相まって、狭い道でのすれ違いや街中での運転も安心して行うことができます。また、車両全高を1550mmに抑え、一般的な立体駐車場なら駐車可能です。

*ルーフアンテナを倒した状態での数値です。ルーフレール装着車は1595mmとなります。

cautionすべての立体駐車場に駐車可能とは限りません。車両の状態により、表示寸法上は駐車可能な駐車場でも、駐車時に車高検知装置(センサー)による警告、車高制限バーへの干渉などで駐車できない場合があります。必ずご使用する前に駐車場をご確認ください。

SUBARU XV ボディサイズ

居住空間

新たなプラットフォームの効果により、ゆとりある居住空間を実現。足元の広い前席はドライバーに最適なドライビングポジションを提供するだけでなく、左右席間と肩周りにも十分なゆとりを確保しているので、のびのびとした快適なドライブを愉しめます。それに加え後席の足元も広く、フロントシートバック形状の工夫と相まって、ゆったりと寛ぐことができます。

  • SUBARU XV フロントシート

    ゆとりある前席左右席間

  • SUBARU XV リヤシート

    ゆったりと寛げる後席スペース

  • 乗降性

    SUBARU XVのドア開口部は頭上や足元が広いだけでなく、ドアが90度近くまで開くので、乗降性に優れています。適度な高さのヒップポイントがもたらすゆとりのある足つき性とあわせて、どなたでもスムーズに乗り降りできるほか、大きな荷物やチャイルドシートの積み降ろしなども楽に行えます。

  • SUBARU XV ドア開口部

    適度な高さのヒップポイントによる優れた乗降性

カーゴルーム

日常にも趣味にも応える、大容量スペース。

SUBARU XV [動画で解説]カーゴルーム

[動画で解説]カーゴルーム

カーゴルーム

日常の買い物から、アクティブに過ごす週末まで。乗る人の多彩なライフスタイルに応える、大容量のカーゴルーム。大きな荷物や長尺物を積みたい時は、6:4分割可倒式リヤシートによって荷室を自在に拡張することが可能。アクティビティやシーンに応じて、さまざまな荷物を積載できます。

  • サイズを表示
    荷室長(5名乗車時)820mm
    SUBARU XV カーゴルーム(5名乗車時)
  • サイズを表示
    荷室長(2名/3名乗車時)1631mm*
    SUBARU XV カーゴルーム(3名乗車時)

    *フロントシートバック〜荷室ボード後端までの数値

  • サイズを表示
    荷室最大幅1356mm/荷室幅(ホイールハウス間)1090mm
    SUBARU XV カーゴルーム(2名乗車時)

カーゴルームの写真は説明用の積載イメージです。実際のご使用にあたっては、荷物に合わせて適切な方法で積載してください。

容量と使い勝手

カーゴルームの容量は385ℓ(VDA法)を確保。後方視界を妨げることなく、9.5インチサイズのゴルフバッグを3個収納することができます。また開口部の幅も広く、荷物の積み降ろしが楽に行えるなど、SUBARUならではのパッケージングの哲学が注ぎ込まれた、優れた使いやすさを備えています。

*ドイツの自動車工業会による測定方式。

  • サイズを表示
    荷室高 777mm/荷室開口部最大幅 1039mm/荷室開口部幅(下部) 1034mm
    SUBARU XV カーゴルーム

フック&サブトランク

荷物の固定や小物の吊り下げに便利なフック(計6ヶ)、かさばる小物や汚れた荷物をスマートに収納できるサブトランクも装備。
使う人のことを考え抜いた実用性を備えています。