44 SUBARU スバル販売会社グループ 「1地域1販売会社」だから &quote;私の地元”を実感できる。&quote;

44 SUBARU スバル販売会社グループ

「1地域1販売会社」だから &quote;私の地元”を実感できる。&quote;

千葉スバル自動車株式会社

募集中

会社概要

設立
1979年6月4日
資本金
1億円
従業員数
498名(2017年4月現在)
売上高
278億円(2016年度)
代表者
代表取締役社長 山本 本山
住所
〒261-0002 千葉市美浜区新港176-2
電話
043-243-2292
E-mail
recruit@chiba-subaru.co.jp
HP
http://www.chibasubaru.com/

採用情報

初任給
【カーライフアドバイザー(営業職)】206,000円(四大卒の場合)
【メカニック(整備職)】173,300円(二年課程卒の場合)
(2017年度4月実績) ※歩合給含まず。
諸手当
(共通)家族手当、通勤手当、時間外手当  (営業職)車両販売員手当、車両借上げ手当  (整備職)技能手当
昇給・賞与
昇給:年1回(4月) 賞与:年2回(7月、12月)
勤務地
千葉県内の各拠点
勤務時間
9:30~18:10(休憩1時間20分)
休日
毎週水曜日・第2・第3火曜日定休、月1日個人休、記念日休、有給休暇・特別休暇・GW・夏季・年末年始、他は当社カレンダーによる 年間休日107日
福利厚生
社会保険、企業年金、退職金制度、団体保険、財形貯蓄、自動車購入社員割引、社員旅行、サマーフェスタ、健保保養所、クラブ活動(野球・サッカー)
教育・研修
新入社員導入研修、フォロー研修、スバルアカデミー各種研修(職種・階層別)
採用担当者
総務部 人事教育課 高橋 克徳
過去3年間の新卒採用者数(男女別)
【2017年】男性:27名 女性:2名
【2016年】男性:25名 女性:0名
【2015年】男性:18名 女性:3名
育児休業取得対象者数・取得者数(2016年度実績)
【前年度の育児休業取得対象者数】育児休業取得対象者 2016年度:5名(男性:0名 女性:5名)
【前年度の育児休業取得者数】育児休業取得者 2016年度:2名(男性:0名 女性:2名)

社長からのメッセージ

お客様のSUBARUライフをより豊かなものにする、それが我々の責務です。

代表取締役社長 山本 本山 Yamamoto Motoya

SUBARUは、多くのお客様に愛され、支えられてきたブランドです。
そして今では、SUBARUが培ってきた確かな基本性能に、EyeSightをはじめとする先進機能を加えた“総合安全性能”、それらに裏付けられた『安心と愉しさ』をご提供するブランドとして、多くのお客様にご愛顧いただいております。
そのなかで千葉スバルは、SUBARUのディーラーとして千葉県全域のお客様にSUBARUのクルマをお届けしています。当社が目指す企業像は、「お客様のSUBARUライフがより豊かなものとなるよう全力でサポートすること」。
そして「信頼され続ける自動車ディーラーとなること」です。これらは『千葉スバル宣言』として、社員全員の胸に刻み込まれています。
しかしながら、お客様のSUBARUライフを豊かにし、信頼され続ける自動車ディーラーになるためには、“掛け声”だけでは実現できません。そこで、千葉スバルでは社員の一人ひとりが確実に成長できるよう、実効性のある教育研修制度や各種技能コンテスト等、独自の取り組みを実践しています。
また、お客様だけではなく社員の幸せも、千葉スバルにとって目標とすべき事柄のひとつ。社員の皆さんには、千葉スバルの社員としてふさわしいプロフェッショナルならではのスキルを磨きつつ、ライフワークバランスを大切にしながら充実した社会人生活を過ごしていただきたいと考えています。
そのために求められるのは、“自立した人材”であることです。
当社が求める人材像は、「やりがいを持ち、自ら考え行動できる、やる気に満ちた自立型人材」。
成長への後押しは惜しみません。それを糧としながら、思う存分活躍いただける若い皆さんとお会いできることを、楽しみにしています。

先輩からのメッセージ

お客様とSUBARUをつなぎ、素敵なカーライフの始まりをお手伝いする。
そのためのスキルを磨いていきたい

セールス 西川 野乃花 Nishikawa Nonoka 2013年入社 英文科卒

お客様がクルマの購入までにたどるプロセスは、十人十色です。積極的なご提案を喜ぶ方もいれば最低限のお声掛けを望まれる方もいらっしゃいます。クルマは、ご購入いただいてからがお付き合いの始まりです。お客様とSUBARUをつなぎ、素敵なカーライフの始まりをお手伝いできるように、これからも知識や接客などスキルを磨いていきたいと思います。

モータースポーツへの参加は「走り」と「安全」を追求するSUBARUの姿勢が表れている

メカニック 嶋田 遼介 Shimada Ryosuke 2013年入社 モータースポーツ科卒

モータースポーツへの参加が示すように、SUBARUは常に最先端の技術を求めており、今ではアイサイトのようにデジタル的な要素も取り入れています。それはひとえに、「走る愉しさ」と「安全性」を追求するため。お客様の「愉しさ」と「安全」を守るためにも、メカニックとしての研鑽は欠かせません。在籍する素晴らしい先輩メカニック達のように私も技術やコミュニケーション能力を磨き、ゆくゆくはチーフメカニックとして店舗を代表するメカニックに成長していきたいですね。