RYOUHEI YASUDA
安心と愉しさを守る人たち<
メカニック編#5 HAYATO MITA

困難に立ち向かう、プロフェッショナルチーム。

「スバルテクニカルセンター(STC)」はスバルチームの技術力向上支援を目的に全国6か所に設置されている。ディーラーでは対応が困難な高難度修理や、メカニックからの技術的な相談対応を行なっている。今月はディーラーとともにお客様の愛車を高い技術力を持ってサポートするSTCのスタッフに話を聞いた。

MITA'S TALK

STCは、スバルで車両を開発してきた技術者と、ディーラーのメカニックによって運営されている。異なる環境で知見と技術を磨いてきたプロフェッショナルたちによって高難度修理の対応を行なっている。

「STCに持ち込まれる高難度修理とは、ディーラーでは原因の特定が難しい、主に振動・異音の発生やエンジンなどのパワーユニットの故障などの修理を指します。例えば、不定期に発生する異音やエンジンの警告灯が一度だけ点灯した場合などは再現性が低く、クルマの状態をより詳細に診断できる設備を備えたSTCでなければ対応できない場合があります。スバル車の構造を熟知した技術者と、実際にお客様のクルマの修理を経験してきたメカニックが力を合わせ、高精度の診断機器を用いることで、迅速かつ確実に修理をすることができます。STCは、お客様の『このクルマに安心して乗り続けたい』という想いを叶える最後の砦でありたいと思います」

また、STCのもとへ寄せられる高難度修理の対応事例はスバルチーム全体のレベルアップにも活用されている。「私たちが対応してきた高難度修理の事例や解決方法を題材として、全国のスバルメカニックへ技術研修を行なっています。実際に起きた事例と、それに対する解決方法を共有することで、ディーラーの診断および修理能力のさらなる向上につなげています。さらに、STCは、車両開発における貴重な情報源として、メーカーの技術開発部門へのフィードバックも行ないます。例えば、気温の変化など特定の環境において生じた部品の変化が原因で異音が発生することがあります。こうした事例を伝えることで、新車の開発段階から構造を見直し、異音の発生を抑えるなど、より品質の高いクルマをお客様にお届けするための取組みにもつなげています」

高難度修理を確実に行ない、その積み重ねで得られた知見がメーカーとディーラーで活かされる。お客様へより良いカーライフを届けるために、STCはディーラーとメーカーの架け橋となっている。

STCの診断機器

技術研修中の安田

電話中の三田

三田 隼人

HAYATO MITA
スバルカスタマーセンター
スバルテクニカルセンター関東

  • 2003年 富士重工業入社
スバルカスタマーセンター スバルテクニカルセンター関東 三田 隼人
迅速に、かつ確実に。お客様のクルマと最後まで向き合う。

※2017年4月1日より株式会社SUBARUに社名変更いたしました。