RYOUHEI YASUDA
安心と愉しさを守る人たち<
メカニック編#5 HAYATO MITA

1人でつくるより、さらに大きな安心をチームで。

スバルの店舗では、セールスやメカニックそしてフロントスタッフが、互いに連携し合い、お客様にサービスを提供している。柴田と高橋は、そのチーム力で「全国スバルサービス技術コンクール」にて頂点に立った2人だ。

SHIBATA&TAKAHASHI'S TALK

お客様の大切なクルマをお預かりし、確実に、かつ迅速にメンテナンスをするには、お客様に接するフロントスタッフとクルマに触れるメカニックのチームワークが欠かせない。そのため、「全国スバルサービス技術コンクール」においても、メカニックやフロントスタッフとしての技術力だけでなく、チーム力が問われる。今回は、普段は別々の店舗で活躍する二人がコンクールにおいて強いチーム力を発揮した原動力を探る。

フロントスタッフを「お客様とメカニックの間の架け橋のような存在」と表現し、「お客様との問診結果を正確にメカニックに伝え、メカニックが行なった整備点検の結果をお客様にわかりやすくお伝えするのが役目」と柴田は言う。「そのためには、メカニックの動きを観察し、その考えや次の動きを察してフロントスタッフが行動するチームワークが非常に重要です」。

そんな柴田に「問診結果を伝えるだけで、その原因をほぼ特定できるメカニック」と絶賛される高橋は、「お客様の大切なクルマを触らせて頂く」という気持ちとともに、柴田と同じようにチームワークの重要性を語った。「作業の状況や完了の見通しをお客様に伝えてもらえるよう、フロントスタッフとのリアルタイムな情報共有は欠かせません」。

「お客様の愉しいカーライフのために、不安を取り除き、スバルならではの安心を提供できるスタッフになりたい」と口を揃える2人。彼らが働く宮城スバルだけでなく、全国のスバルの店舗で、今日もスタッフのチーム力が束となり、お客様に「安心と愉しさ」をお届けしている。

フロント 柴田 真太朗

メカニック 高橋 和也

「全国スバルサービス技術コンクール」制覇の横弾幕

柴田 真太朗

SHINTAROU SHIBATA
宮城スバル自動車株式会社

  • 2003年 宮城スバル入社
  • 第30回全国スバルサービス技術コンクール
    マイスター部門 優勝
    [総合/個人(フロントスタッフ)]

お客様に何でもお話し頂けるような
信頼されるフロントスタッフになりたい。

宮城スバル株式会社 柴田 真太朗/高橋 和也

高橋 和也

KAZUYA TAKAHASHI
宮城スバル自動車株式会社

  • 2011年 宮城スバル入社
  • 第30回全国スバルサービス技術コンクール
    マイスター部門 優勝
    [総合/個人(メカニック)]

お客様の大切なおクルマに触るときは
ドアを閉める動作一つにまで気を使う。