SUBARUのアフターサービス

SUBARUのアフターサービストップページ

SUBARUの最新テクノロジー

スバルセレクトモニター(SSM)とは?

SSMは、最新・高度な技術で開発された強力な故障診断装置です。
パソコンとの連携による多彩な機能で、おクルマの状態を迅速、正確に解析することができます。

車両に記憶されたすべてのダイアグコードの一括読み取りが可能

車両に搭載された各種システムには自己診断を行い異常な箇所を番号(ダイアグコード)で記憶する機能があります。
これを一括して読取り表示することで、異常部位を早く発見でき、迅速な修理に役立てることができます。

車両のリアルタイムデータを表示

車両上の各種システムの入出力データや制御データを計測することで、異常部位の発見に役立てることができます。

再現性の乏しい故障の探求に効果を発揮

診断機単体で常時計測する機能(ドライビングレコーダー)があり、なかなか再現しない故障現象も捉える手段を用意しています。

パソコンを使用せず、SDI単体で計測

パソコンを使用せずに、SDI(SUBARU Diagnostic Interface)単体で診断・計測を行うことができます。

燃焼状態に問題のある気筒を瞬時に判別

気筒モニタは、クランクシャフトポジションセンサーおよびカムシャフトポジションセンサーの信号を基に各気筒ごとのエンジン回転のばらつきを算出し、数値およびグラフにて問題のある気筒をわかりやすく表示します。
またSUBARU独自の機能で、水平対向エンジンにも迅速に対応できます。

検出したダイアグコードから、簡単な操作でサービスマニュアルの該当診断ページを一発検索

診断機に表示されたダイアグコードとサービスマニュアルをリンクさせることにより(マニュアルリンク)、該当マニュアルおよび該当ページを瞬時に表示することが可能です。
そのためサービスマニュアルを探す時間を大幅に削減し、作業の効率化を図るとともに、正確・確実な作業の助けとなります。

ユニット制御値と測定電圧値の同時高速計測で、現象の確実且つ総合的な判断が可能

車両は各システムにコンピュータが搭載され、制御しながら快適な走行ができるようになっています。
各システムの制御値と実際に動作している電圧値を同時に計測することで、制御が異常となっていないかを診断できます。
複雑化する電子制御系の診断もSSMだけでほぼすべて可能です。

アクティブテストで、個々の動作をすぐに確認

制御システムで使用されている各種アクチュエータを強制駆動する機能(アクティブテスト)があり、アクチュエータ駆動系統の診断を効率良く実施できます。

ユーザーカスタマイズの設定(一部車種)

お客さまのご要望により、おクルマの機能の一部設定を変更することができます。
車種により設定可能な項目が異なりますので、詳しくはSUBARUディーラーにご相談ください。

カスタマイズ可能な項目
(車種により異なります)
機能
盗難警報装置 警報の作動、警報の監視開始時間の設定、衝撃センサー(ディーラーオプション)の作動と感度
キーレスエントリー/キーレスアクセス 非常点滅灯の点滅作動、ブザー吹鳴の作動、自動施錠の作動と作動時間
キー閉じ込み防止 キー閉じ込み防止の作動
リアデフォッガー リアデフォッガーの作動時間
ルームランプ オフディレイの作動時間
バッテリー上がり防止機能 バッテリー上がり防止機能の作動時間
オートライト オートライト感度調整
オートワイパー オートワイパー作動


ページトップへ戻る