〜初心者的、キャンプの楽しみ方〜

キャンプのすゝめ

巷にあふれるキャンプでのハウツー。それよりもなによりも、キャンプの「愉しさ」を思う存分伝えたい!という想いで始まったこの企画。4回目も番外編。舞台はマキノ高原。11月5日に行われたスバルファンミーティングでのレポートです。

Camping

【番外編】スバル的アウトドアの楽しみ方
スバルファンミーティングに行ってみた。(後編)

スバル FAN MEETINGのパンフレット

皆さん、こんにちは。カートピア編集室のオオタです。

カートピア編集室のオオタです

前回から、滋賀県にあるマキノ高原キャンプ場で11月5日に行われた
「スバルファンミーティング」の模様をレポートしています。

前編では、山道を難なくこなすフォレスターの実力を体感したり、

SUBARU FORESTTER

エコロジーな打楽器「カホン」の制作を見学してきました。

カホンを制作するオオハシさん

後編でも、ファンミーティングの魅力に迫ってみます!

FAN MEETINGの様子

取材を進めていたら、いつの間にかお昼の時間に。
午後に備えて腹ごしらえをするオオタ。

お弁当を食べるオオタ

なぜか僕の分だけ、だいぶ立派な幕の内弁当でした。

さて、お腹もいっぱいになったところで、引き続き会場を回ってみます。

高原内にあるヨキトギ川には、フィッシングコーナーが!

フィッシングコーナー

フィッシングコーナー

FAN MEETINGの様子

皆さんガンガン釣ってました!

そして、釣った魚はその場で焼いて食べることができます。

魚を焼いています

おいしそうなにおいに、お弁当を食べてしまったことを後悔……。

そして、その隣にはカヌー教室が!

カヌー教室

カヌーの練習に取り組む子供たちや、 

リオ五輪カヌーのスラローム種目で銅メダルを獲得した、羽根田卓也選手の姿も。

羽根田卓也選手

カヌーの腕を磨く子供たちの質問に、笑顔で答えていました。

カートピアブースの前には、最新のSUBARUラインナップが一堂に展示されていました。
また、専用アクセサリーでドレスアップされた新型インプレッサも。

SUBARUラインナップを展示

SPORTもカッコ良いですが、セダン党のオオタはG4推しです。

またキャンプ場らしく、アウトドアファッション誌「GO OUT」によるSUBARU SUVとのコラボレーションブースもありました。

GO OUTとSUBARU SUVのコラボレーションブース

新色、オークブラウン・パールのアウトバックが渋カッコいい感じで素敵です。

 

あれこれクルマを眺めていると、最新車種を熱心に確認する三人組が!
お話を聞いてみました。

コバヤシさんナラさんヤマオさん

左から、コバヤシさんとナラさん、そしてナラさんとお付き合いされてるヤマオさんです。

クルマ好きな人が集まるSNSで知り合ったというコバヤシさんとナラさん。
どうやら、他にもSNSでつながっている方が来場されていたようで、
ナラさん「デイキャンプゾーンが当たった仲間のところでまったりしたりして。オフ会みたいな場を作っていただいて感謝です」
SNSで仲を深めて、ファンミーティングで顔を合わせる。そんな楽しみ方もできるんですね。

展示車だけでなく、参加されている方のクルマを見て、色々勉強になることもあったそう。
コバヤシさん「どういういじり方ができるのかな、とか。乗る人によって同じクルマでも全然違う仕上がりになるので」
自分好みに育てていくのもクルマの楽しみ方の一つ。まさに、十人十色になるわけです。

ナラさんとお熱い感じのヤマオさん、クルマはあんまり……なご様子。
それでも、フォレスターの登坂同乗体験などのアクティビティは楽しめたそうです。
ファンミーティングの感想を伺うと、
ヤマオさん「全然興味なかったけど、いろんなクルマを見れていい経験になりました。まずは免許取ろうかな(笑)」

クルマに興味がない人でも、アクティビティに参加することでイベントを一緒に楽しめる。
そしていつかクルマに、SUBARUに興味を持ってもらえれば……。

 

FAN MEETINGの様子

原っぱでは、マウンテンバイクの体験教室が行われていました。

マウンテンバイクの体験教室

高原を自転車で駆け抜けたら、気持ちいいんだろうなぁ。
(体験に参加したかったのですが、段取りが悪くてできませんでした……。)

カホン作りに触発されたオオタ。
何か、形に残るものを作りたくなりました。

会場マップを見ると、小高い丘の上に天体望遠鏡を手作りできるというブースが!

FAN MEETINGの様子

天体望遠鏡を手作りできるブース

「スバル=六連星」という名前から、星に深い思い入れのあるスバル。
そして星とは切っても切り離せない、天体望遠鏡などを扱うVixenさんのブースです。

「手作り望遠鏡」と聞くと、とてつもなく大変なものを作るのでは……と不安になりましたが、組み立て自体はとても簡単です。

説明を受けるオオタ

では、何が手作りか、というと、

手作り望遠鏡

真っ白な筒に、それぞれが思い思いのデザインを施せるんです。

さらに、この筒はトイレットペーパーの芯と同じサイズ。
トイレットペーパーの芯って、絶対ゴミになりますよね。
でも、その芯に望遠鏡のためのデザインを施せば、まるでスマホのケースのように、気分次第で着せ替えも出来ちゃうってことです。

 

FAN MEETINGの様子

おや?

手作り望遠鏡用のシール

アルファベットシールの「A」が全然ありません。

「Aがないよ~」 と言うオオタ

「Aがないよ~」
隣で頑張る子供たちも、「Aが全然ないやん」と困惑気味。

そんなとき、
「あ、これ使えばいいんだ!」

アルファベットが並んだ折り紙を発見したオオタ

と、アルファベットが並んだ折り紙を発見。

早速、脅迫状の要領で切り抜いていきます。

ハサミでシールを切り抜きます

試行錯誤しながら、

手作り望遠鏡を作るオオタ

手作り望遠鏡を作るオオタ

完成!

手作り望遠鏡

星々のテープを張り巡らしてスバルっぽさを表現!

カートピア(cartopia)の名前も入れてみました。
(某自動車雑誌の名前みたいになってますが、この下に「I」と「A」が……)

……いろいろなセンスが欠けていることは明白です。
デザインセンス&写真撮られセンスが向上することは今後あるんだろうか……。

何はともあれ、早速覗いてみます。

手作り望遠鏡で会場を見てみます
(写真は許可を得て撮影しています)

確かによく見えます!山々が、スバル車が、皆さんの楽しそうな顔が!

手作り望遠鏡で会場を見てみます

次はどこへ取材に行こう?と、高台から観察して狙いを定めます。

ということで、次に訪れたのはデイキャンプゾーン。

デイキャンプゾーン

皆さん、自慢の愛車のそばにテントを張り、思い思いの時間を過ごしているようです。

デイキャンプゾーン

ゾーンを散策していると、あるご夫婦と出会いました。

フジイさんご夫妻

京都からお越しのフジイさんご夫妻です。

奥様「今日のイベントに当選したので、キャンプ用品も揃えました。今日がデイキャンプデビューなんです!」
全てが初めてのキャンプデビュー。早速、初めての失敗も。
ご主人「さっき、作った豚汁全部こぼしちゃって(笑)」

フジイさんご夫妻

普段から自転車が趣味だというお二人。この日も、愛車のフォレスターに載せていました。
ご主人「今日も二人で走りました。気持ちよかったです」
フォレスターの登坂同乗体験では、新たな発見があったそう。
ご主人「X-MODEを使ったことがなかったので、同じフォレスターなのにこんなところも走れるんだ!ってびっくりしました」
奥様「安定した走りはさすがスバルだな、って」

朝からイベントに参加。アクティビティを体験したり、趣味の自転車を楽しんだり、充実の一日を過ごせた様子。
奥様「今日一日本当に楽しくて。もうすぐ終わりの時間だけど、帰りたくないんです」

FAN MEETINGの様子

フジイさんご夫妻

お二人の名残惜しそうな表情、とても印象的でした。

心からイベントを満喫する皆さんのお話を聞いて、心がほっこりしたオオタ。
色々先輩方に報告しよう、とカートピアブースへと戻ります。

たくさんあったはずのカートピアもだいぶ少なくなっていました。

並べたカートピア

11月号に至っては全く残っていません!
発行したばかりだったので、お持ちでない方が多かったようですね。

日も傾きだし、終わりの時間が近づいてきました。
メインステージでは、カホン制作体験に参加した皆さんで演奏会をするようです。

FAN MEETINGの様子

メインステージでカホンの演奏会

それぞれ自作のカホンと共にステージへ。
みんなで「上を向いて歩こう」の演奏です。

手作り体験に参加していたボーイズ&ガールズはもちろん、
練習していない司会のお姉さんも飛び入り参加。

メインステージでカホンの演奏会

会場に響き渡る、温かな音色。
秋空の夕焼けにマッチして、とても幻想的なひとときでした。

 

カホンの演奏による見事なグランドフィナーレのあとは、みんなでお客様のお見送りです。

お客様のお見送り

写真には写っていませんが、
新型インプレッサのPGM、阿部さんや、BRZのPGM乾さんもいらっしゃいましたよ!

スパナくんもお見送り!(見つけられますか?)

お客様のお見送り

車中の皆さんは、とても満足そうな表情。

クルマが途切れ、ふと視線を山々へ写すと、うっすらと紅葉が始まっていました。

紅葉が始まった山々

こうして、オオタのスバルファンミーティング潜入は終了しました。

色々な方にお話を聞いていて多くコメントされていたのは、
「なかなかできない体験ができるのがよかった」
ということ。

デイキャンプなんてなかなかできないし、
山の急斜面なんてクルマで走らないし、
カホンなんてなかなか作れないし、
スバル車の開発に携わる方のお話を聞ける機会もないし、
カヌーやマウンテンバイクに乗る機会もなかなかありません。

「アウトドア的非日常」×「SUBARU的非日常」の絶妙なクロスオーバー。
それが今回のスバルファンミーティングだったのだと思います。

次回はどんなイベントになるのか楽しみです。

第3回が開かれた際には、皆さんもぜひ参加してみてください!

スバルファンミーティングmの風景

【今回のキャンプ場情報】
マキノ高原キャンプ場

住所:
〒520-1836 滋賀県高島市 マキノ町牧野931
電話:
0740-27-0936

営業期間
3月下旬~11月上旬 期間中は無休
温水シャワー
管理事務所裏に有。午後10時まで。
温泉施設:温泉さらさ
平日10時~21時(最終受付 20:30)
土日祝日 10時~22時(最終受付 21:30)
AC電源:炊事場に有 共同で使用可能

デイキャンプ(日帰り利用):10時~16時
チェックイン:午後1時~5時(繁忙時・混雑時は変更の可能性有り)
チェックアウト:正午12時(時間厳守・超過の場合、デイキャンプ料金が発生します)

詳しい情報は、マキノ高原キャンプ場 をご覧ください。
※上記の情報は最新の情報と異なる可能性がございます。必ず事前にご確認ください。

お店でもらって読む お近くの店舗検索
定期行動する 見本誌請求
アンケートにご回答で毎月10名様にオリジナルQUOカードをプレゼント!
カートピアとは