Safety安全設計

シフォン エアバッグ展開イメージ

エアバッグ展開イメージ

衝突安全ボディ

独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が行う側面衝突試験において、
最高ランクレベル5を獲得。

※当該車両の側面構造が非対称であるため、助手席側において側面衝突試験を実施。

  • ピラー内蔵スライドドア

    フロントドア後端部とリヤスライドドア前端部に、強度と軽量化を両立する「超高張力鋼板」を使用したピラーを内蔵。前後ドアにロックを配置することで、ドアがピラーの役割を果たし、ピラーのある運転席側と同等の強度・剛性を確保。さらに前後ドアにはインパクトビームを配置し、乗員への衝撃を緩和します。

    ■写真は補強箇所を説明するために合成、着色したものです。

  • シフォン ピラー内蔵スライドドア
    • ドアロックの配置
    • ドア内蔵ピラー部分
    • 通常補強部分
  • シフォン 歩行者傷害軽減ボディ

    フードヒンジ

    ワイパーピボット

    カウル

    フード

    フェンダー

  • 歩行者傷害軽減ボディ

    万一の対人事故を考慮しフード、フェンダー、ワイパーピボットなどの各所に衝撃緩和装置・吸収スペースを設定。歩行者保護性能をより高めています。

ACTIVE SAFETY

ABS(EBD付)

滑りやすい路面での急ブレーキ時に車輪ロックを防ぐABS。前後左右輪にブレーキ力を最適に配分し、常に安定した制動力を生むEBD付です。

■ABSは、タイヤ性能の限界を超えた状態では制御できません。また、制動距離を短縮することはできません。

VDC[ビークルダイナミクスコントロール]

急なハンドル操作や、滑りやすい路面でのコーナリング時に横滑りが発生した場合、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールして車両安定性を高めます。また発進・加速時にタイヤの空転を抑えて、アクセル操作を容易にします。

■VDCを過信しないでください。VDCが作動した状態でも車両の安定性の確保には限界があります。無理な運転をせず、安全運転を心がけてください。

エマージェンシーストップシグナル

約60km/h以上で走行中に強くブレーキを踏んだ場合、ブレーキランプ点灯と同時にハザードランプが自動で高速点滅して、後続車に注意を促します。

乗員保護機能

SRSエアバッグ

全車に標準装備のデュアルSRSエアバッグは、前からの強い衝撃時、瞬時に膨張・収縮し、乗員の頭部、胸部への重大な傷害を軽減します。また車両側方からの衝突の際、衝撃を緩和するSRSサイドエアバッグを装備。乗員頭部側面を覆うように広がり、衝撃を緩和するSRSカーテンエアバッグも選択できます。

デュアルSRSエアバッグ

標準装備
全車

SRSサイドエアバッグ

標準装備
R スマートアシスト
R Limited スマートアシスト
R Special スマートアシスト
RS Limited スマートアシスト
メーカー装着オプション(ブラックインテリアセレクションとして)
G スマートアシスト
G Special スマートアシスト

SRSカーテンエアバッグ

メーカー装着オプション
RS Limited スマートアシスト

*RS Limited スマートアシストに設定のSRSカーテンエアバッグはナビアップグレードパック・パノラミックビューモニターと同時選択できません。

SRS=Supplemental Restraint System[補助拘束装置]

■お子様は必ず後席に乗せてください。またチャイルドシートは後席に装着してください。このほかSRSエアバッグについては安全上ご注意いただきたい項目があります。必ず車両の取扱説明書をお読みください。なお、SRSエアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合など、状況によっては作動しない場合があります。SRSエアバッグはシートベルトの正しい装着を前提として効果を発揮します。

シフォン SRSエアバッグ 展開イメージ
展開イメージ

プリテンショナー&フォースリミッター付フロント3点式ELRシートベルト

衝突時のすばやい作動で乗員を保護します。

ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ&トップテザーアンカレッジ(後席)

ワンタッチでチャイルドシートの着脱や確実な固定が可能。衝突時のチャイルドシートの前方回転も抑えられます。チャイルドシートを装着した状態でのシートスライドも可能です。

■ISOFIX=ISO(国際標準化機構)規格のチャイルドシート固定方式。使用できるのは、道路運送車両の保安基準に適合したチャイルドシートのみです。詳しい取り付けは販売店にお問い合わせください。

安全運転をサポートするナビゲーション

[ディーラー装着オプション]

思わぬアクシデントや不注意による運転の危険を未然に防ぐため、ナビゲーション画面上に注意喚起を表示します。またパノラミックビューモニター使用時には進行方向のガイド線を表示、多角的に安全運転をサポートします。

高速道路逆走注意喚起

高速道路で逆走しないよう、入口に近づいた時(ルート設定時)、ランプに進入した時(ルート未設定時)、SA・PAでの駐車後の発進時などに注意喚起します。

  • シフォン 高速道路逆走注意喚起 高速道路進入時

    高速道路進入時

  • シフォン 高速道路逆走注意喚起 SA(サービスエリア)時

    SA(サービスエリア)時

  • 舵角連動ガイド線表示

    パノラミックビューモニターのガイド線をハンドルの切れ角に合わせて表示。進路を予測できます。

    *カメラの映し出す範囲は限られています。必ず車両周辺の安全を直接確認してください。また、字光式ナンバープレートとの同時装着はできません。

    ※本機能は、パノラミックビューモニターを装着した時のみ作動します。

  • シフォン 舵角連動ガイド線表示 リヤワイドビュー

    リヤワイドビュー

■別途、ディーラー装着オプションのパノラミックビューモニター対応純正ナビの装着が必要です。純正以外のナビを装着した場合、動作の保証は致しかねます。

■画像はすべてイメージです。