SUBARUスタッドレスタイヤセット

SUV独特の「ふらつき」にも対応し、高速走行時の安定性を向上させた、高性能SUV用スタッドレスタイヤ。DUNLOP WINTER MAXX SJ8
おすすめポイント:●氷上ブレーキ性能→11%アップ ●ライフ性能→7%アップ

氷上ブレーキ性能、11%アップ 。ライフ性能、7%アップ 。

■総合性能

※上記のグラフは特長・特性をイメージしたものです。

乗用車用WINTER MAXX のテクノロジー「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」を採用。

氷上性能の高さが好評の乗用車用WINTER MAXX のテクノロジー「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」を採用。氷上性能の高さを徹底追求するとともにライフ性能も同時に両立。

*1 : 試験条件 ●タイヤサイズ:225/65R17 102Q ●空気圧(kPa):F220/R220 ●テスト車両排気量:2400cc ●駆動方式:4WD ●ABSの有無:有 ●初速度:20km/h ●テスト場所:住友ゴム工業(株)旭川タイヤテストコース ●路面:氷盤路 ●制動距離:WINTER MAXX SJ8=14.3m、GRANDTREK SJ7=16.0m

*2 : 試験条件 ●タイヤサイズ:225/65R17 102Q ●空気圧(kPa): F220/R220 ●テスト車両排気量: 2400cc ●試験距離:8000km ●ローテーションの有無: 無 ●推定ライフ(指数): WINTER MAXX SJ8(107)、GRANDTREK SJ7(100)

※上記タイヤ試験条件に関する詳細なデータについては、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。
※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っています。
※試験結果はあくまでもテスト値であって運転の仕方によっては異なります。

「SUV独特」の、ふらつきに対応。高速走行時の操縦安定性能を12%向上。

試験条件 ●タイヤサイズ:225/65R17 102Q ●空気圧(kPa): F220/R220 ●テスト車両排気量:2400cc ●駆動方式:4WD ●試験速度:100km/h ●路面:アスファルト路(ドライ) ●評価方法:ISO3888-1に定められているコースをパイロンで作成してヨーをセンサーで計測。 ●ヨーレイトピーク値:WINTER MAXX SJ8=22.8 deg/sec、GRANDTREK SJ7=25.9 deg/sec

多くのエッジが、氷の路面をしっかり引っかく「MAXXシャープエッジ」

ダンロップ独自のサイピング技術「ミウラ折りサイプ」のサイプ幅を25%細くした「新ミウラ折りサイプ」採用により、エッジ成分が増加した「MAXXシャープエッジ」を新開発。シャープになった溝幅がブロックの倒れ込みを抑制することで接地面積を拡大、そして増加したエッジがアイスバーンをしっかりと引っかくことで、氷上でのブレーキ性能を一段と向上させています。

新ミウラ折りサイプの「MAXXシャープエッジ」がブロックの倒れ込みを抑制し、多くのエッジでアイスバーンをしっかり引っかく。

25%シャープな新ミウラ折りサイプがブロックの倒れ込みを抑制

25%シャープな新ミウラ折りサイプによりエッジ成分を増加

増加したエッジがアイスバーンをしっかり引っかく

ブロック剛性を高め、氷面の凹凸にしっかり密着する「ナノフィットゴム」

ダンロップ独自の新材料開発技術「4D NANO DESIGN」を駆使して開発された「ナノフィットゴム」は、高密度シリカと新開発の軟化剤を絶妙に配合することにより、ゴム全体は剛く、接地面だけを柔らかくすることに成功。マクロレベルでのブロック剛性を高め、また、アイスバーンのナノレベルの凹凸にしっかり密着し、氷上でのブレーキ性能を大きく向上させています。

WINTER MAXXアイスバーンブレーキのメカニズム(イメージ図)

マクロ領域でブロック剛性をアップ

ナノ領域のゴムの柔軟性でアイスバーンの凹凸に密着

高密度シリカのネットワークがゴムの剛性と柔軟性の両立を実現

たくましくなった雪上性能

雪上性能を高めたパターンデザイン

容積が9%アップしたラグ溝が、雪をしっかり掴み排雪することで、雪上トラクションが大きく向上。

※住友ゴム工業(株)従来品(DSX-2)との比較において

ウエット&シャーベット性能も向上

排水効果を高めた主溝

「SUV専用設計」のダブルイナズマグルーブと、方向性のあるラグ溝が排水性を向上。ウエット性能、シャーベット性能を高めています。

高速走行時の操縦安定性能を12%向上*3。

ドライ性能を一段と向上

WINTER MAXX SJ8は、パターン全体の剛性を高めることで高重量・高重心から起こる「SUV独特」の、ふらつきに対応。高速走行時の操縦安定性能を12%*3向上させました。

*3:試験条件 ●タイヤサイズ:225/65R17 102Q ●空気圧(kPa):F220/R220 ●テスト車両排気量:2400cc ●駆動方式:4WD ●試験速度:100km/h ●路面:アスファルト路(ドライ) ●評価方法:ISO3888-1に定められているコースをパイロンで作成して操舵角、ヨーをセンサーで計測。各タイヤ5回計測を行い、最大・最小を除いた3回の平均値を算出 ●ヨーレイトピーク値(dog/sec):WINTER MAXX SJ8=22.8/GRANDTREK SJ7=25.9

※上記タイヤ試験条件に関する詳細なデータについては、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。
※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っています。
※試験結果はあくまでもテスト値であって運転の仕方によっては異なります。

車種から選ぶ

IMPREZA
SUBARU XV
New FORESTER
FORESTER
LEGACY OUTBACK

LEGACY B4
LEVORG
WRX STI・S4
SUBARU BRZ
EXIGA CROSSOVER7

CHIFFON
STELLA
PLEO+

ご注文・お問い合わせはお近くの販売店へ!

ページトップへ戻る

カタログ請求
見積りシミュレーション
試乗車検索
販売店検索