SUBARUのエコへの取り組み

走りの愉しさと環境性能を備えた
パワーユニット

フォレスターとSUBARU XVに採用された「e-BOXER」は、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたパワーユニットです。効率を高めた2.0Lエンジン、コンパクトで高性能なモーターとバッテリー、燃費の向上を追求したリニアトロニックの組み合せがシーンに応じた走行性能を発揮。例えば「ECOクルーズコントロール」機能を使用すると、モーターアシストと回生ブレーキを最大限活用し、より燃費に配慮した追従走行を行うなど、新次元の走りと駆動制御を実現しました。

*Advanceに搭載

  • フォレスター イメージ
  • e-BOXER イメージ

心躍る走りと、
優れた環境性能の両立を目指して

フォレスターやSUBARU XVをはじめとした登録車には、縦置きチェーン式の新世代CVT(無段変速機)「リニアトロニック」を搭載。燃焼効率の良い運転領域をつねに活用することで、優れた燃費性能とリニアな加速フィーリングを実現しています。さらにシフォンやステラ、プレオ プラスは、オートマチック全車にCVTを採用。走りとエコへの想いは、すべてのモデルに共通しています。

※リニアトロニックの搭載は、一部の車種のみとなります。

  • SUBARU XV イメージ
  • リニアトロニック イメージ

PHOTO:(右)リニアトロニック

すべてのプロセスで、
環境に配慮したクルマづくり

クルマの生産時に工場から排出される廃棄物をゼロレベルにする「ゼロエミッション工場」化に取り組んでおり、廃棄物埋立量は2004年度からゼロレベルを継続達成しています。また、リサイクル性に優れたPP材の内外装部品への使用や、発電時に発生する排熱を冷暖房や急騰などに有効利用する天然ガスコージェネレーションシステムの導入、水使用量の低減など、クルマづくりのプロセスにおいても、環境負荷の低減を行っています。

  • 環境に配慮したクルマづくり イメージ
  • フロントバンパーの材質表示

PHOTO:(右)解体しなくても材質確認できる、材質表示の例

カタログ請求
見積りシミュレーション
試乗車検索
販売店検索