NEW LEVORG

SUBARUの未来が、ここから始まる。

10月15日発表予定先行予約
受付中
  • NEW LEVORG スペシャルサイト
  • NEW LEVORG 先行展示イベント

PLAY MOVIE

それは、レヴォーグの、そしてSUBARUの、かつてないフルモデルチェンジです。
「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というSUBARUに脈々と流れるグランドツーリングのDNAを受け継ぐと同時に、そのすべてを革新的に進化させた、新世代SUBARUの第一弾 ― レヴォーグ。
まだ誰も体験したことのない、まったく新しいツーリングの悦びへ。今ここから走り始めます。

画像はプロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

SUBARUの未来が、ここから始まる。

10月15日発表予定 先行予約受付中

それは、レヴォーグの、そしてSUBARUの、かつてないフルモデルチェンジです。
「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」という
SUBARUに脈々と流れるグランドツーリングのDNAを受け継ぐと同時に、
そのすべてを革新的に進化させた、新世代SUBARUの第一弾 ― レヴォーグ。
まだ誰も体験したことのない、まったく新しいツーリングの悦びへ。今ここから走り始めます。

レヴォーグ サイドスタイル

PHOTO:GT-H EX アイスシルバー・メタリック スマートリヤビューミラーはメーカー装着オプション 写真はレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

レヴォーグ リヤスタイル

EXTERIOR

BOLDER DESIGN

新たなデザインコンセプト「BOLDER」デザインを採用。SUBARUが提供する価値や、クルマが持つ個性をより“大胆”に際立たせることを目指し、レヴォーグでは「意のままにコントロールする愉しさ」や「先進性」を表現しました。アクティブな気持ちを駆り立てる、スポーティなスタイルに磨き上げています。

PHOTO:GT-H EX アイスシルバー・メタリック スマートリヤビューミラーはメーカー装着オプション 写真はレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

レヴォーグ インテリア

INTERIOR

Progressive × Impressive

レヴォーグの先進性を象徴するデジタルコクピットを新たに採用。大型かつ高精細の11.6インチセンターインフォメーションディスプレイには、ナビゲーションや車両設定、エアコン調整など、さまざまな機能を集約。12.3インチフル液晶メーターと連携して、よりスマートに運転をサポートします。

PHOTO:GT-H EX 写真は撮影用に点灯しています。写真はレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

レヴォーグ インテリア レヴォーグ インテリア

Quality × Relaxation

クルマで移動する時間をもっと愉しく快適に、そして誰もがくつろげる空間を目指して。長時間の運転でも疲れにくい新設計のフロントスポーツシートの採用をはじめ、後席の座り心地や足元スペースの広さも徹底的に追求。また、インテリアの細部にわたって素材や形状に工夫を注ぎ、上質感と快適性を磨き上げています。

PHOTO:GT-H EX スマートリヤビューミラーはメーカー装着オプション 写真は撮影用に点灯しています。写真はすべてレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

動画:デザイン&コクピット篇

デザイン&コクピット篇

※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれています。

EyeSight

先進安全

もっと快適で、安心のドライブへ。
革新的な進化を遂げた、
新世代アイサイト搭載。

レヴォーグ セーフティ
SUBARU最高峰の運転支援システムが目指すもの。
それは、安心に満ちた快適なドライブと、
交通事故のない社会の実現。
  • 新世代アイサイト

  • [GT、GT-H、STI Sportに標準装備]

  • 360度センシングを実現し、基本性能を磨き上げた運転支援システム。

  • レヴォーグ セーフティ
  • レヴォーグ セーフティ
  • SUBARUが長年にわたって磨き続けている運転支援システム「アイサイト」が、革新的な進化を遂げました。広角化した新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現。ソフトウェアの性能向上や、電動ブレーキブースターの採用などにより、これまで以上に幅広いシーンで安全運転をサポートします。

  • 動画:アイサイト篇

    アイサイト篇

    ※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれています。
  • 交差点での衝突回避サポートなど、リアルワールドで役立つ機能を追加。

  • アイサイトの作動領域の拡大によって、事故が多発する交差点での右左折時や、出会い頭の衝突回避のサポートが可能になりました。また、ブレーキ制御だけでは衝突回避が困難な場合にステアリング制御もあわせて行う回避アシスト機能や、隣接車線の後方車両が接近している状況で、車線からはみ出しそうになった場合に逸脱を抑制する機能など、リアルワールドでの実用性を高めています。

  • より自然で人の運転感覚に近い、さらに安心できる制御へ。

  • 広角化したステレオカメラとソフトウェアの性能向上によって、先行車への追従時の加減速や車線逸脱抑制時のステアリング制御が、より滑らかで人の運転感覚に近いアシストへと進化。また、カーブでの追従性も向上させるなど、さらに安心できる運転支援を行います。

  • 新開発アイサイトX
    (エックス)

  • [GT EX、GT-H EX、STI Sport EXに標準装備]

  • 新世代アイサイトに「高度運転支援システム」を搭載。最も進化したアイサイトへ。

  • レヴォーグ セーフティ
  • アイサイトの安全性と快適性を飛躍的に高める「高度運転支援システム」を備えた、最先端の安全テクノロジー。それが、「アイサイトX」です。車線単位の道路情報を持つ3D高精度地図データをはじめ、GPSや準天頂衛星「みちびき」を活用した位置情報を組み合わせることで、運転支援機能を大幅に拡張。一定の条件を満たした自動車専用道路において、かつてないほど安心で快適な安全運転をサポートします。

  • レヴォーグ セーフティ
  • 動画 アイサイトX篇

    アイサイトX(エックス)篇

    ※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれています。
  • 渋滞時の疲れを大幅に軽減。もっと安心で、快適なドライブへ。

  • 渋滞時、一定の条件を満たすと、ステアリングから手を放すことができるハンズオフアシスト機能を搭載。さらに停車と発進を繰り返す渋滞でも、ドライバーが前を向いているなど一定の条件が揃えば、スイッチ操作をすることなく発進します。ノロノロ運転が続く渋滞の疲れやストレスを大幅に軽減します。

  • カーブ前&料金所前の減速や車線変更アシストなど、よりシームレスな運転支援を実現。

  • カーブや料金所へ入る前に減速するほか、方向指示器の操作で車線変更のアシストを行う機能を搭載。加減速と操舵制御のアシストをこれまでより長く、またシームレスに行うことで、より快適なドライブをサポートします。

  • caution●アイサイト / アイサイトXだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。本システムは運転者の判断を補助し、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。●アイサイト / アイサイトXの認識性能・制御性能には限界があります。 ●アイサイトXの高度運転支援システムは自動運転装置ではありません。運転にあたっては常に周囲の安全と自車の動作を確認し、危険を感じた際には直ちにステアリングやブレーキ操作等を行い危険を回避してください。 ●詳細は販売店にお問い合わせください。

  • ●写真はすべてレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

レヴォーグ セーフティ
レヴォーグ セーフティ

新開発の高度運転支援システム搭載の「アイサイトX(エックス)」など
先進安全についてさらにくわしく

Safety

総合安全

万一の事故やトラブル時に、
大きな安心を。
コネクティッド技術を、
国内SUBARUで初採用。

レヴォーグ セーフティ
SUBARUの「つながる技術」は、
さらなる安全のために。
もっと命を守るために。
  • SUBARUの総合安全

  • 全方位から安全を追求する「総合安全」が、大きく前進。

  • レヴォーグ セーフティ
  • “クルマは命を乗せるものだからこそ、まず、安全でなければならない”という信念のもと、全方位から安全性能を磨き上げているのが、SUBARUの「総合安全」です。そして今回、コネクティッド技術による「つながる安全」が新たに加わることで、その安心は飛躍的に向上。SUBARUの総合安全は大きく前進し、“2030年 死亡交通事故ゼロ”の実現を加速させます。

    *SUBARU車乗車中の死亡事故およびSUBARU車との衝突による歩行者・自転車等の死亡事故ゼロを目指す

  • 注:ご利用には、お申し込み手続きが必要です。新車購入の場合、初度登録日から5年間無料、6年目以降は有料となります。5年間無料の適用には、初度登録日から1年以内に利用申し込み完了が必要です。詳しくはWebサイトをご覧いただくか、販売店にお問い合わせください。 写真はすべてレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

レヴォーグ セーフティ
レヴォーグ セーフティ

24時間365日コールセンターとつながるSUBARU STARLINKなど
総合安全についてさらにくわしく

Driving

走行性能

乗る人すべてに、走りの愉しさを。
新開発エンジン&
進化したプラットフォーム。

レヴォーグ 走行性能
追い求めたのは数値ではなく、
クルマを運転する愉しさ。
  • 1.8L BOXER 直噴ターボ“DIT” × リニアトロニック

  • [全車標準装備]

  • 走りへの情熱とこだわりを結集させたパワーユニット。

  • レヴォーグ 走行性能
  • 新開発の「1.8L直噴ターボエンジン」を搭載。日常での扱いやすさを重視し、低回転域から300N・mの高トルクを発生。アクセルを踏み込むとしっかりとした加速感が得られ、高速道路上での合流や追い越しなども気持ち良く行えます。同時に、少ない燃料でより多くのエネルギーを生み出す最新技術リーン燃焼などの採用によって、優れた環境性能を実現したほか、レギュラーガソリンのため経済性にも優れています。

    さらに、変速ショックのない滑らかな加速と、リニアなレスポンスを提供する「リニアトロニック」も全面的に刷新。変速範囲の拡大によって、発進時の力強い加速や高速巡航時の燃費向上を実現しました。また、8速マニュアルモードを採用し、操る愉しさも一段と高めています。

    *DIT:Direct Injection Turbo

  • スバルグローバルプラットフォーム × フルインナーフレーム構造

  • [全車標準装備]

  • 心躍る走りと、心安らぐ乗り心地を両立する、進化したプラットフォーム。

  • 新型レヴォーグでは「スバルグローバルプラットフォーム」を核に、ボディのさらなる高剛性化と軽量化を実現する「フルインナーフレーム構造」を採用。サスペンションの刷新などとあわせて、ドライバーのステアリング操作にクルマが正確に反応する意のままの走りや、路面の凹凸を感じさせないしなやかな乗り心地、さらには高い静粛性を実現するなど、走りの質感が飛躍的に向上。誰もが安心して運転でき、いつまでも乗っていたくなるような快適で愉しいドライビングを提供します。

  • レヴォーグ 走行性能
  • 動画:ドライビング篇

    ドライビング篇

    ※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれています。
  • 写真はすべてレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

レヴォーグ セーフティ

全方位で進化した新開発の「1.8L BOXER 直噴ターボ“DIT”」など
走行性能についてさらにくわしく

Utility

ユーティリティ

シーンに合わせて自由自在。
行動力を後押しする、
多才なカーゴルーム。

レヴォーグ ユーティリティ
人生を豊かに広げる、
革新的な広さと使いやすさ。
  • 多彩な使い方に応える、大容量かつ機能的なカーゴルーム。

  • レヴォーグ カーゴルーム レヴォーグ カーゴルーム
    レヴォーグ カーゴルーム
    レヴォーグ カーゴルーム レヴォーグ カーゴルーム レヴォーグ カーゴルーム レヴォーグ カーゴルーム
  • 走りや安全と同じくらい、SUBARUはカーゴルームにもこだわりを注いでいます。 VDA法で561L(カーゴフロアボード上部:492L、サブトランク:69L)という大容量を確保するとともに、ひと目で使いやすさが感じられる広い開口部を実現しました。さらにリヤシートは3分割で倒すことができ、4名乗車時でもスキー板など長い荷物の積載が可能。様々なシーンで、優れた使い勝手を提供します。

    *ドイツの自動車工業会による測定方式

  • 極限まで空間を広げた、大型サブトランク。

  • レヴォーグ サブトランク レヴォーグ サブトランク
    レヴォーグ サブトランク
    レヴォーグ サブトランク
    レヴォーグ サブトランク レヴォーグ サブトランク レヴォーグ サブトランク
  • カーゴフロアボード下に備えたサブトランクも新設計し、VDA法で69Lという大容量を実現しました。加えて、サブトランク底面からルーフまで最大1105mmの高さがあるため、背の高い荷物を積載することができます。また、買い物袋などを吊り下げておくのに便利なフックを4ヶ所設け、細部にわたって使いやすさを追求しています。

  • 六連星オーナメントに体を近づけると開く、パワーリヤゲート。

  • アクセスキーを携帯し、六連星オーナメントに肘など体の一部を近づけるとリヤゲートが自動で開く、「ハンズフリーオープンパワーリヤゲート」を新設定。スイッチ操作が不要なため、荷物で両手がふさがっている時や、アウトドアで手が汚れている時などでもスマートに開けられます。
    [GT、GT EX以外に標準装備]

  • レヴォーグ パワーリヤゲート
  • 動画:使いやすさ篇

    使いやすさ篇

    ※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれています。
  • 写真はすべてレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。撮影用の小物は商品には含まれません。荷室寸法はすべて社内測定値です。

レヴォーグ ユーティリティ

大容量かつ機能的なカーゴルームや新設計サブトランクなど
ユーティリティについてさらにくわしく

電子制御ダンパーとともに、
ドライブモードセレクトを搭載した
最上級グレード。

レヴォーグ STI Sport

STI Sport ― それは、走りやスタイルにさらなる質感を追い求め、個性と存在感を一段と研ぎ澄ませた特別モデル。ZF製電子制御ダンパーの採用とともに、「ドライブモードセレクト」を搭載。比類なき悦びを、かつてない体験を、今あなたのもとへ。

動画:STI Sport篇

STI Sport篇

※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれています。
レヴォーグ STI Sport
  • Sportiness × Elegance

    レヴォーグ STI Sport
    • レヴォーグ STI Sport
    • レヴォーグ STI Sport

ドアを開けると目の前に広がるのは、そのパフォーマンスに相応しい、洗練された風格をまとう特別なインテリア。ここには、落ち着いた大人の雰囲気を漂わせ、至高の走りへの期待感を昂らせるクオリティが隅々に息づいている。

レヴォーグ STI Sport
レヴォーグ STI Sport

それは、クルマが人に寄り添う、
SUBARU最先端のドライビングの愉しさ。

ドライブモードセレクト
[STI Sport、STI Sport EXに標準装備]

スポーツカーから高級車まで、クルマのキャラクターをスイッチひとつで変えることができる革新的なシステム。パワーユニットだけでなく、AWDシステムや電子制御ダンパー、パワーステアリング、アイサイト、エアコンに至るまで、さまざまなデバイスを緻密に制御。気分やシーンに合わせて、5つのモードから自由に使い分けることが可能。レヴォーグ STI Sportだけでしか味わえない、SUBARU最先端の走りの愉しさがここにある。

    • Comfort Mode

    • 滑らかで扱いやすい出力特性と、高級車のようなしなやかな乗り心地を提供する、快適性を重視したモード。

    • Normal Mode

    • 走りの愉しさと快適な乗り心地を最適にバランスさせた、標準モード。

    • Sport Mode

    • アクセル操作に忠実なスポーティな出力特性としながらも、乗り心地も重視したモード。

    • Sport+ Mode

    • アクセル操作に対するダイレクトな反応や、ロールを抑えた旋回性能、手応えのあるステアリングフィールなど、スポーツカーのような走りが愉しめるモード。

    • Individual Mode

    • 各デバイスの設定を、自由にカスタマイズできるモード。ドライバーモニタリングシステムと連携し、5名分まで登録可能。クルマに乗り込むと自動的にユーザーを認識し、スイッチひとつでカスタマイズした設定を呼び出すことができます。

  • PHOTO:STI Sport EX クリスタルホワイト・パール(有料色)スマートリヤビューミラーはメーカー装着オプション 写真は撮影用に点灯しています。本革シートはシートの側面と背面及びヘッドレストなどに合成皮革を使用しています。スマートリヤビューミラーはメーカー装着オプション 写真はレヴォーグ プロトタイプによるイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。

レヴォーグ STI Sport

新次元のドライビング制御システムを搭載した
NEW LEVORG STI Sportについてさらにくわしく

この車を検討している人によく見られている他の車

最近閲覧した車

  • 閲覧履歴がありません。
  • 閲覧履歴がありません。
  • 閲覧履歴がありません。