SUBARU ACTIVE LIFE SQUARE

おすすめスポット by アクティブライフ編集部

世界遺産の登山道!高野山トレッキング
登山 初心者 近畿
map-title__thumb__img

たくさんのハイキングコースがあり、参拝客だけではなく山歩きを楽しむ人でも賑わう和歌山県・高野山。
なかでも「町石道(ちょういしみち)」とよばれるコースは、古から巡礼者が一町ごとに立つ町石の一つひとつに手を合わせて登ったといわれていて、登山道そのものが世界遺産に登録されている人気のコースです。

コースの紹介写真
編集部スタッフの集合場所は南海電鉄の九度山(くどやま)駅。
空海が母の暮らす慈尊院に月に9度会いに来ていたことから「九度山」と
名づけられたといわれていて、出発前から空海と高野山の歴史に思いを
馳せることができます。
コースの紹介写真
スタートの慈尊院からゴールの壇上伽藍の大塔までは、なんと約22 ㎞の長い道のり。
ですが、1町(約109m)おきに町石(ちょういし)という石柱が立っていて、歩いた距離を確認できるのでペース配分や休憩のタイミングを考えやすいのです。
コースの紹介写真
慈尊院からスタート。
山を開くときに庶務を行う政所と
された場所で、女人霊場としても
有名です
コースの紹介写真
歩きを進めていくと、古くから人々が祈りを捧げたり、自然と向き合ってきた跡が次から次へと現れます。
コースの紹介写真
二つ並ぶユニークな鳥居。
これは空海が建てたといわれる「二つ鳥居」で、
丹生明神と高野明神の二つの鳥居です。
コースの紹介写真
お昼ごはんは、平安・鎌倉時代に参詣者の休憩所として使われていたという「神田地蔵堂」の前で。
コースの紹介写真
のどかで美しい田園風景を眺めながらいただきました。
コースの紹介写真
もうひとつのお楽しみは、矢立茶屋の名物、やきもち。
小豆あんが入った自然な甘さの白餅とヨモギ餅。どちらの味も疲れを癒してくれます。
コースの紹介写真
太陽の強い光が差し込み、ときには雨が降り注ぎ、そのたびに表情を
変える深い緑の森を味わいながら、皆で励ましあって一歩ずつ歩きました。
最後、つづら折りの登り道を抜けると、そびえたっていたのが、「大門」。
コースの紹介写真
1705年に再建された大門は圧巻の存在感で、左右には金剛力士像が
安置されています。
コースの紹介写真
長い山歩きのゴールは、高野山の聖地と
呼ばれる「壇上伽藍」の根本大塔。
真言密教の根本道場におけるシンボルで、堂内そのものが立体の曼荼羅として
構成されているそう。 その前で記念撮影!

弘法大師が開山してから1200年の歴史の一端に触れながらの山歩きは、自然の中で体を動かす心地よさだけではなく、学びが多く、とても興味深いものでした。
みなさんも是非行ってみてはいかがでしょうか。

取材日:2014.06.10

このスポットへのアクセス
おすすめスポット一覧