SUBAARU ACTIVE LIFE SQUARE

SUBARU - SPECIAL EVENT:
親子で学ぶ参加型イベント!「スバルの交通安全教室」 開催レポート

REPORT
top
SUBARU - SPECIAL EVENT|開催レポート 2015.10.24|「スバルの交通安全教室」を開催しました。小学校低学年の児童を対象に、安全のためのポイントを親子で楽しく学んだ様子をご紹介いたします。

4つの体験型プログラムで安全を学ぶ!

10月24日(土)、東京・恵比寿にあるスバルの本社ショールーム「スタースクエア」で、「スバルの交通安全教室」が開催されました。午前と午後、2回にわたって行われたこのイベントは、小学校低学年の児童を対象に、安全への意識を深めてもらおうと実施されたもの。当日は、映像紙芝居と4つの体験型プログラムを通じて、楽しく安全のためのポイントを学びました。

みんなの「なんで?」に答える映像紙芝居

まずは、ショールームに設置された大画面を使っての、映像紙芝居。司会のお姉さん(山田万里さん)の楽しいトークとともに、飛び出しの危険性や雨の日の歩き方、道路の横断の仕方などを学びました。

難しい標識を楽しく学ぶ!標識クイズ

最初の体験型プログラムは、標識クイズ。「横断禁止」「横断歩道」など、子どもたちの暮らしに役立つ標識が、3択クイズで出題されました。「間違えてもいいんだよ。ここで覚えて帰ってね!」とお姉さん。子どもたちは、元気よく手を上げて答えていました。

クルマが出すサインを知ろう!

2つ目の体験型プログラムでは、クルマの出すサインについて学びました。ブレーキランプ、ウィンカー、ハザード、バックランプ、ホーンなど、クルマが音や光で発するサインを知れば、危険を察知できますよね。中には「これはハザードって言うんだよ」と説明してくれた、詳しいお友達もいました。

クルマの“死角”を体感!クルマでかくれんぼ

今度は、クルマの“死角”を体験するかくれんぼ。運転席に鬼となる子が座って、他の子は運転席から見えない場所に隠れました。右の写真の赤いテープは、クルマの死角になる部分を表したもの。かくれんぼで死角を体験すると同時に、ドライバーから見えない場所を視覚的に学びました。

暗闇で反射板の大切さを体験するプログラムも

最後のプログラムは、暗闇での反射板体感。特設テントの中には、スバルのキャラクター「リフェットちゃん」がたくさん。この中から、反射板になっている光るリフェットちゃんを、ヘッドライトを使って探しました。反射板による夜間の視認性を学ぶプログラムです。

修了証授与!記念撮影をして教室安全教室は終了

すべてのプログラムが終わると、お姉さんから子どもたち一人ひとりに修了証が手渡され、記念撮影をして安全教室は終了となりました。参加された親御さんからは「学校でも安全を学ぶ時間があるが、ここまで詳しく教えないので、参加してよかった」といった声が聞かれました。スバルでは、メーカーとして安全意識を高めることも大切だと考えており、交通安全教室は今度も開催していく予定です。ぜひ、親子でご参加ください。

Photo Gallery

実際に運転席に座ってドライバーの目線を体験

死角実験ではテープを使って死角を再現しました

会場を楽しませてくれたMCのお姉さんこと、山田万里さん

運転席まわりのスイッチを実際に操作するお子さん

一人ひとりに修了証とリフェットちゃんの反射板キーホルダーを授与

「おもしろかった」と子どもたちも満足の安全運転教室でした

カタログ請求
見積りシミュレーション
試乗車検索
販売店検索