SUBARUの「総合安全」でクルマに乗るすべての時に安全を。

2030年、SUBARUは死亡交通事故ゼロへ。

SUBARUの「総合安全」によって、
死亡重傷事故数が10年で約50%低減しました。

販売台数100万台当りの死亡重傷事故数

※公益財団法人交通事故総合分析センターのデータを基にSUBARUが独自に算出(重傷含む)
※対象は、各年の過去5年の販売車

日本国内で過去5年に初度登録されたSUBARU登録車が関連する死亡交通事故件数

※2017年: 2013年~2017年に初度登録されたSUBARU車
 2018年: 2014年~2018年に初度登録されたSUBARU車
 2019年: 2015年~2019年に初度登録されたSUBARU車

LEVORGとWRX S4がJNCAP安全性能評価で大賞を受賞。
これからもSUBARUは、
死亡交通事故ゼロの目標に向けて歩み続けます。

LEVORG WRX S4

※国土交通省および独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)において、レヴォーグが最高評価を獲得し、「自動車安全性能 2020 ファイブスター賞」を受賞。さらに、最高得点である186.91 点(190点満点)を獲得し、「自動車安全性能 2020 ファイブスター大賞」を受賞しました。 ※試験車両はレヴォーグ、同一車種としてWRX S4も受賞。

SUBARUの「総合安全」でクルマに乗るすべての時に安全を。

100年前航空機づくりに端を発するSUBARUは、
人を中心としたクルマづくりで、独自の安全技術を磨きあげてきました。
走り出す前から万一の時まで、クルマに乗るすべての時に安全を。
SUBARUの総合安全は、これからも進化し続けていきます。
すべては、事故のない未来を目指して。

SUBARUの「総合安全」は、2020年「つながる安全」が加わり死亡交通事故ゼロに向けて進化しました。

SUBARUの総合安全「0次安全 予防安全 衝突安全 走行安全」

つながる安全 SUBARU STARLINK 詳しくはこちら

進化したSUBARUの「総合安全」が提供するのは、
「 クルマに乗るすべての時の安全 」です。

SUBARUの「総合安全」は、まだ安全志向が世の中に浸透していなかった、50年以上前に発売した「スバル360」の時代から、人を中心とした安全技術を独自に磨き続けています。

  • 1965
  • 1970
  • 1980
  • 1990
  • 2000
  • 2010
  • 2030

SUBARUは、死亡交通事故ゼロへ。

世界で評価される安全性

SUBARUの衝突安全性能は、世界各国の安全アセスメントで高い評価を受けています。

世界地図
  • JNCAP
  • EURONCAP
  • ANCAP
  • NHTSA
  • INSURANCE INSTITUTE FOR HIGHWAY SAFETY
  • 安全な車の選び方「安全な車選びで失敗しないためには?専門家とデータで徹底解説!」
  • SUBARUはなぜ安全?
  • アイサイトX「死亡交通事故ゼロの未来を実現する究極のぶつからないクルマへ」
  • つながる安全 SUBARU STAR LINK「24時間365日つながるサービスで命を守ります」

※1 SUBARU車乗車中の死亡事故およびSUBARU車との衝突による歩行者・自転車等の死亡事故ゼロを目指す
※機能には限界があります。常に安全運転を心掛けて下さい。

  • スマホで体感!SUBARUの革新 新世代アイサイト
  • SUBARU(スバル)の試乗車検索
  • 新型LEVORG アイサイトX体感試乗動画
  • 安全装置を搭載したSUBARUのサポカー
  • アイサイトワールド