あなたが走る、その道で。

あなたが運転中に注意深く見ているものを、アイサイトで認識するために、
SUBARUは約30年前から実際の運転環境データを収集・解析しています。

※実際のアイサイトの認識イメージです。

アイサイトの認識イメージ1
アイサイトの認識イメージ2

アイサイトとは?

優れた認識性能を持つ、SUBARUの“眼”ステレオカメラ

アイサイトの、高い認識能力を支える「ステレオカメラ」の性能が大幅に進化。運転支援機能がさらにレベルアップしました。

人の目と同じように、左右2つのカメラで立体的に環境を把握。
クルマだけでなく歩行者や自転車なども識別し、対象との距離や形状、移動速度を正確に認識することができます。

アイサイトの好調を受け、国内外各メーカーでもプリクラッシュセイフティシステムの開発が進んでいます。先行車や歩行者などを検知するためのセンサーとして、ほとんどのメーカーがレーダーか、レーダーとカメラの組み合わせを採用。
ステレオカメラ単体で全ての制御を実現しているのはSUBARUのアイサイトのみ。長年磨き続けてきた、ステレオカメラの高い認識性能は、他社には無いアドバンテージです。

“事故ゼロ”という究極の目標に向かってアイサイトは、次のステージへ
疲れを減らし、愉しさを深める新機能 アイサイト・ツーリングアシスト

ツーリングアシストの機能と特長

ツーリングアシストの機能と特長

0km/h~約120km/hの幅広い車速域*1で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシスト。
区画線と先行車の両方を認識することで、渋滞から高速巡航まで、さまざまなシーンで運転負荷を大幅に軽減します。
それは乗る人の愉しさと自由を深める機能であり、事故のないクルマ社会に向けた確かな一歩なのです。

*1:車速の設定は必ず制限速度の範囲内で行ってください。

アイサイト・ツーリングアシスト インプレッションムービー

自動車専門誌のプロの方々、一般モニターの方々に新型LEVORGに搭載された 「アイサイト・ツーリングアシスト」をはじめとするアイサイトの新機能を体験していただきました。

メディアファーストインプレッション

メディアファーストインプレッション

自動車専門誌のプロが体験した「アイサイト・ツーリングアシスト」のレビュー・感想をご覧ください。

モニターインプレッション

モニターインプレッション

さまざまなシチュエーションで日々運転される方たちに首都高で実際に体験してもらったリアルな感想をご覧ください。

予防安全性能評価の受賞情報

2017・2016年度 予防安全性能評価最高ランク獲得

2017・2016年度予防安全性能アセスメント最高ランク獲得車種を動画でチェック

そもそも…「予防安全性能評価」とは?

オーナー満足度調査

SUBARUオーナーの8割の方がアイサイトを選んでいます。

お客様それぞれの異なるライフスタイルや様々なドライビングシーンで
アイサイトが大活躍しています。

ラインアップ

アイサイトが世界累計販売台数100万台を達成。
SUBARUだけの多彩なラインアップ

「もしも」の時にドライバーをサポートする運転支援システム アイサイトが今、多くの皆様に選ばれています。
この安心をすべての人へ届けるために多彩なラインアップにアイサイトを搭載しました。

  • GT TOURER LEVORG
  • WRX S4
  • IMPREZA SPORT
  • IMPREZA G4
  • LEGACY OUTBACK
  • LEGACY B4
  • FORESTER
  • EXIGA CROSSOVER7
  • SUBARU XV
  • GT TOURER LEVORG
  • WRX S4
  • IMPREZA SPORT
  • IMPREZA G4
  • LEGACY OUTBACK
  • LEGACY B4
  • FORESTER
  • EXIGA CROSSOVER7
  • SUBARU XV

JNCAP 予防安全評価最高ランク獲得車種をすべて見る車種の横に表示されている数字は、予防安全評価最高ランクを、その車種が獲得した年になります。

Back to TOP

  • SUBARUラインアップ
  • 試乗ポータルサイト
  • SUBARUのサポカー