ソルテラ

安全性能

01

大切ないのちを守る
先進の安全機能
「SUBARU Safety Sense」

幅広いシーンでぶつからないを
サポート

プリクラッシュセーフティ(歩行者〔昼夜〕・自転車運転者〔昼夜〕・自動二輪車〔昼〕検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)*1

衝突の危険がある場合、注意喚起とブレーキ制御で衝突回避をサポートします。

※対象物体、天候等によって、止まりきれないことや作動しない可能性があります。

見通しの悪い道での
安全確認をサポート

プリクラッシュセーフティ:フロントクロストラフィックアラート(FCTA)

前側方から接近する車両を検知するとドライバーに通知。その状態で発進しようとすると注意を促します。

交差点の進入時もぶつからないをサポート

プリクラッシュセーフティ:交差点衝突回避支援
(出合頭車両)*2

FCTAで検知した車両との衝突回避をサポートする機能です。左右が見えにくい交差点に進入するシーンでも安心です。

※対象物体、天候等によって、止まりきれないことや作動しない可能性があります。

ソルテラ プリクラッシュセーフティ:交差点衝突回避支援(出合頭車両)

交差点の出会い頭でも
ぶつからないをサポート

プリクラッシュセーフティ:交差点衝突回避支援
(右左折)

交差点右左折時のクルマや歩行者、自転車を検知。事故が起こりやすい交差点でも安心して運転できます。

※対象物体、天候等によって、止まりきれないことや作動しない可能性があります。

ソルテラ プリクラッシュセーフティ:交差点衝突回避支援(右左折)

もしもの時にはハンドル操作を
制御して衝突回避をサポート

プリクラッシュセーフティ:緊急時操舵支援*3

ブレーキ制御が作動しても衝突回避が難しく、周囲にスペースがある場合、ドライバーの操作がなくても回避するようハンドルを制御。とっさの事態にドライバーが反応できない時にサポートしてくれます。

ソルテラ プリクラッシュセーフティ:緊急時操舵支援

急発進を制御して
ぶつからないようサポート

プリクラッシュセーフティ:低速時加速抑制*4

前方に車両や歩行者がいる状態での急な飛び出しを抑えます。発進や渋滞の時も安心して運転できます。

※対象物体、天候等によって、止まりきれないことや作動しない可能性があります。

ソルテラ プリクラッシュセーフティ:低速時加速抑制

死角にいる車両をお知らせし、
車線変更時の危険を予測する

ブラインドスポットモニター[BSM]

ドアミラーからは見えにくい場所にいる車両を検知して、車線変更時に衝突の危険がある場合にはドアミラーのLED表示灯で注意を促してくれる機能です。

ソルテラ ブラインドスポットモニター[BSM]
  • ■後方車両接近告知

    後方車両が接近した場合、メーター表示や警報音でドライバーにお知らせして状況判断を促します。

  • ■周辺車両接近時サポート(通報提案機能)

    後方車両が必要以上に接近してきた場合、警察もしくはヘルプネット®への接続を提案します。

  • ■後方車両への接近警報

    後方車両が必要以上に接近し、追突される可能性が高い場合にハザードランプを高速点滅させて注意喚起します。

踏み間違いの急発進を制御して
ぶつからないようサポート

パーキングサポートブレーキ
(前後方静止物・周囲静止物)[PKSB]*5*6*7

前進・後進時のペダルの踏み間違いによる急な飛び出しを抑えるほか、障害物に近づくと警告とブレーキ制御で衝突の回避を図ります。

※対象物体、天候等によって、止まりきれないことや作動しない可能性があります。

ソルテラ パーキングサポートブレーキ(前後方静止物・周囲静止物)[PKSB]

後退時の危険を知らせ、
ぶつからないようサポート

パーキングサポートブレーキ
(後方接近車両)[PKSB]*5*6*7

後退時に後側方から接近する車両を検知してドライバーにお知らせ。ぶつかりそうな場合にはブレーキ制御によって衝突回避をサポートします。

※対象物体、天候等によって、止まりきれないことや作動しない可能性があります。

ソルテラ パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)[PKSB]

後退時に歩行者と
ぶつからないようサポート

パーキングサポートブレーキ
(後方歩行者)[PKSB]*5*6*7

後退時に歩行者を検知してドライバーにお知らせ。ぶつかりそうな場合にはブレーキ制御によって衝突回避をサポートします。

※対象物体、天候等によって、止まりきれないことや作動しない可能性があります。

ソルテラ パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)[PKSB]

降車時に安心して
ドアを開けられる

安心降車アシスト[SEA]

後方から接近する車両や自転車を検知して、降車時にドアや乗員とぶつかる可能性がある場合にお知らせします。

車線からのはみ出しを防ぐ

レーンディパーチャーアラート
[LDA]*8*9

車線からはみ出しそうになると警告やハンドルの振動でお知らせするとともに、ハンドル操作をアシスト。車線だけでなく縁石、ガードレールなども認識し、車線逸脱の危険を未然に防いでくれます。

自車の存在を歩行者に
知らせる

車両接近通報装置

低速時に外へ向けて音を発し、歩行者に車両の接近をお知らせします。

02

周りが見やすいからぶつけにくい

死角が少ないから、右左折、後退時も周囲を確認しやすい

視界性能

窓の支柱を細くするなどの工夫を取り入れ、運転の基本となる優れた視界性能を実現しました。全方位の死角が少なく、小さなお子様なども見やすいため、さまざまなシーンを安心して運転できます。

狭い道や駐車場などで
死角になる部分が見える

パノラミックビューモニター*7*10

車両の前後左右に装着されたカメラの映像をディスプレイに表示。見通しの悪い交差点や道路端への幅寄せ時などの安全確認をサポートします。

※走行中にセンターディスプレイを見続けることは前方不注意の原因となります。必ず目視で前方や周囲の状況を確認しながら使用してください。
※画面に映る人や障害物は実際の位置や距離と異なります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。

ソルテラ パノラミックビューモニター

パノラミックビュー&サイドクリアランスビュー表示

荷物満載時や夜間でも
後ろの視界がクリアに見える

スマートリヤビューミラー

バックドア部に取り付けられたカメラの映像をルームミラーに表示。後席乗員や荷物で視界が遮られる時、夜間などでもクリアな後方視界を保てます。

ソルテラ スマートリヤビューミラー

少ない視線移動で操作できるから、運転に集中できる

インターフェース

運転に必要な情報をわかりやすく伝えるメーター、機能や設定などを直感的に操作できるセンターディスプレイなどを採用したことで、運転に集中しながらいろいろな情報をインプットできます。

ソルテラ インターフェース

写真はET-HS

他車に配慮しながらハイビームの明るい視界を確保

アダプティブハイビームシステム[AHS]

より遠くまで明るく照らせるハイビームを使用中、他の車両に当たる部分だけを自動的に遮光。他車への眩しさを抑えつつ、積極的にハイビームを使って明るい夜間視界を確保できます。

ソルテラ アダプティブハイビームシステム[AHS]

03

万一の時にいのちを守る

衝突しても潰れにくいボディで
乗員のいのちを守る

衝突安全ボディ

効率的に衝突エネルギーを吸収する「e-スバルグローバルプラットフォーム」や、キャビンの変形を抑え、乗員とバッテリーを保護する強固なボディ構造などにより、高い衝突安全性能を実現しています。

バッテリーの損傷を防いで
被害の拡大を抑える

バッテリー保護構造

バッテリーを取り囲むように強固なフレームを配するなど、衝突のエネルギーを効率的に分散させる構造を採用。また、衝突を検知すると電源をカットする機能も取り入れるなど、万一の事態へ入念に備えています。

衝突時の室内での傷害を防ぎ
乗員のいのちを守る

6つの乗員保護エアバッグ*11

シートベルトとの組み合わせで前席乗員を保護するデュアルSRSエアバッグ、側面衝突に備えるSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグを装備。衝撃吸収構造を採用したルーフトリムと合わせて、乗員のいのちを守ります。

SRS=Supplemental Restraint System[補助拘束装置]

ソルテラ 6つの乗員保護エアバッグ

展開イメージ

急ブレーキを後方車に知らせて
追突を防ぐ

エマージェンシーストップシグナル

走行中に自車の急ブレーキを検知するとハザードランプが高速で点滅。後続車に素早く注意を促して追突の回避を図る機能です。

ソルテラ エマージェンシーストップシグナル

ブレーキを制御して衝突された後の二次被害を抑える

セカンダリーコリジョンブレーキ

停車中に追突される可能性を検知した場合、または走行中に衝突を検知するとブレーキを作動。衝突された勢いで他車に衝突してしまうなどの二次被害の抑制を図る機能です。

衝突時に乗員の体を支えて胸や腹部への負担を減らす

プリテンショナー&フォースリミッター付3点式ELRシートベルト

衝突時に乗員の体をしっかりと拘束しつつ、胸部にかかる負担を軽減してくれる機能を前席とリヤ左右席に採用しています。

04

事故や故障時の対応をサポート

24時間365日
つながるサービス

T-Connect(安心・安全機能)

例えばエアバッグが作動するような重大な事故が起きた場合や、運転中にドライバーが意識を失うなどの異常時には、自動的にコールセンターに接続していち早く救命活動をサポートします。

ヘルプネット®

交通事故や急な体調不良などの緊急時、専用ボタンまたは自動でヘルプネットセンターに接続し、オペレーターが状況に応じて警察や救急、医療機関等と連携。乗員の救助が必要な場合にはドクターヘリを派遣するなど、迅速に救命活動が行われるようサポートします。

eケア

警告灯が点灯した場合に、センターディスプレイにオペレーターへの接続画面を表示。オペレーターが車両から発信される情報を確認し、適切なアドバイスを行います。また、専用のスマートフォンアプリからアクセスキーのバッテリー残量などを確認することも可能です。

※T-Connectはトヨタコネクティッド株式会社が運営・提供するコネクティッドサービスです。お客さまとの契約はトヨタ自動車株式会社及びトヨタコネクティッド株式会社が行います。
※サービスのご利用には、お申し込み手続きが必要です。各サービスは新車購入の場合、初度登録日から5年間無料、6年目以降は有料となります(「オペレーターサービス」と「車内Wi-Fi」は除く。「デジタルキー」のみ初度登録日から3年間無料、4年目以降は有料となります)。詳しくはWEBサイトをご覧いただくか、販売店にお問い合わせください。データセンターと連携しないナビ機能は、お申込み不要でご利用いただけます。
※T-Connectの一部のサービスのご利用には、サービス専用アプリを使用するためのスマートフォンが必要となります。

意識を失っても
クルマを停めて事故を防ぐ

ドライバー異常時対応システム*12

長時間ハンドル操作がないなど異常が生じたと判断した場合、自動で減速・停止と周囲への警告、ドアロックの解除を行います。停車後はヘルプネット®へ自動接続。迅速なサポートを受けられます。

※作動には一定の条件があります。

05

駐車場や高速道路の運転を
サポートする

駐車・出庫の運転操作は
すべておまかせ

Advanced Park*7*13*14

標準装備
全車(ET-HSはリモート機能付)

スイッチ操作ひとつでステアリング・シフト・アクセル・ブレーキを車両が制御。縦列駐車も簡単に行えます。ET-HSには、スマートフォンアプリで車外からクルマを操作できるリモート機能も採用しています。

※運転者はシステムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。

加減速をアシストするから長距離運転や渋滞でも疲れにくい

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

高速道路や自動車専用道路を走行中、アクセル、ブレーキの操作をしなくても一定車速または先行車に追従して走行します。発進と停止を繰り返す渋滞時の運転操作もおまかせできます。

※車速の設定は必ず制限速度の範囲内で行ってください。
※運転者はシステムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。

追従走行中のハンドル操作を
アシストしてくれる

レーントレーシングアシスト
[LTA]*8*15

レーダークルーズコントロール作動時、車線の中央をキープするようにハンドル操作をアシスト。緩やかなカーブも安定して走れます。

スムーズな車線変更をアシスト

レーンチェンジアシスト[LCA]*16*17

LTA作動時、ドライバーが方向指示器を操作し、システムが作動可能と判断するとハンドルを制御して車線変更をアシストします。

※自動車専用道路走行時、約70km/h〜130km/hで作動可能

渋滞の疲れを軽減

Advanced Drive(渋滞時支援)

渋滞時に一定の条件を満たすと、車線維持・加減速・停車・発進操作をアシスト。ハンドルから手を離すことができ、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

※システムの作動中は、ドライバーモニター監視のもと、手を離して運転することができますが、自動で運転するシステムではありません。システムを過信せず常に周囲の状況を把握し、必ず安全確認をしながら運転してください。
※周囲の状況・道路の状態・ドライバーの状態によっては作動しないことがあります。
※状況に応じてディスプレイ表示でステアリングの操作を促すことがあります。その際はただちにドライバー自身でステアリング・ブレーキ・アクセルの操作を行い、安全を確保してください。
※認識性能・制御性能には限界があるため、システム作動中であってもドライバー自身の操作で安全を確保する必要があります。例えば、自車の前方に割り込み、工事区間、落下物等のシーンでは、必要に応じて自らステアリング・ブレーキ・アクセルを操作してください。

道路標識の見逃しを防いで
安全運転をサポート

ロードサインアシスト[RSA]

カメラで認識した道路標識をメーターに表示。標識と走行状況が合っていない場合は表示や警報音でドライバーにお知らせします。

普段の運転をさりげなくアシストして事故のリスクを減らす

プロアクティブドライビングアシスト
[PDA]

前方の歩行者などに近づきすぎないようにハンドル・ブレーキをアシストする、カーブ走行時や交差点右左折時に適切な速度に減速するなど、安全かつスムーズに走れるように運転操作をサポートします。

運転中の“うっかり”を注意して、
事故を未然に防ぐ

発進遅れ告知機能[TMN]*18*19

停止中に先行車の発進や青信号を見逃してしまった場合など、運転中の“うっかり”を音と表示でお知らせします。

ソルテラ 発進遅れ告知機能[TMN]