Driving

エコテクノロジー

ステラ 軽量高剛性ボディ イメージ

軽量高剛性ボディ イメージ

先進の環境テクノロジー。
クルマの愉しさと低燃費のどちらも大切に。

車両、ユニット、エネルギーマネジメントの進化により、
徹底して燃費を磨いています。

  • ゆとりあるパワーと低燃費を両立するエンジン
    DOHC 3気筒 12バルブエンジン
    標準装備
    L
    L スマートアシスト
    G スマートアシスト
    R スマートアシスト
    最高出力(ネット)38kW[52PS]/6800rpm
    最大トルク(ネット)60N・m[6.1kgf・m]/5200rpm
    • (2WD車)

      31.0km/ℓ

      JC08モード(国土交通省審査値)

      • 平成32年度 燃費基準 +20%達成車
      • 自動車取得税60%+自動車重量税75% 軽減
    • (4WD車)

      27.6km/ℓ

      JC08モード(国土交通省審査値)

      • 平成32年度 燃費基準 +10%達成車
      • 自動車取得税40%+自動車重量税50% 軽減
  • スポーティな走りを愉しめるターボエンジン
    DOHC 3気筒 12バルブ
    インタークーラーターボエンジン
    標準装備
    RS スマートアシスト
    最高出力(ネット)47kW[64PS]/6400rpm
    最大トルク(ネット)92N・m[9.4kgf・m]/3200rpm
    • (2WD車)

      27.4km/ℓ

      JC08モード(国土交通省審査値)

      • 平成32年度 燃費基準 +10%達成車
      • 自動車取得税40%+自動車重量税50% 軽減
    • (4WD車)

      25.6km/ℓ

      JC08モード(国土交通省審査値)

      • 平成32年度 燃費基準達成車
      • 自動車取得税20%+自動車重量税25% 軽減
■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法、習慣、整備状況およびその他の状況に応じて燃料消費率が異なってきます。
[環境対応車普及促進税制について]●適用期間:自動車取得税は平成29年4月1日〜平成30年3月31日、自動車重量税は平成29年5月1日〜平成30年4月30日新車届出分まで。●自動車取得税、自動車重量税は新車届出時に減税されます。●詳しくは、お近くの販売店までお問い合わせください。

パワーを効率よく伝えるために。

  • クールド i–EGR *1 *2

    イオン電流で燃焼状態を把握することで再循環ガスを最大化する、独自の低燃費技術「i-EGR *1 *2 システム」。水冷式のEGRクーラーで排気ガスを冷却して燃焼室に戻すことでノッキングを抑制し、熱効率を高めます。

    *1:ion controlled Exhaust Gas Recirculation. 「i-EGR」はダイハツ工業株式会社の登録商標です。
    *2:RS スマートアシストを除く。

  • ステラ クールド i-EGR イメージ
  • CVTサーモコントローラー

    エンジン冷却水とCVTフルードを熱交換させ、温度を最適化。エンジンの燃焼効率、CVTの変速効率を高め、低燃費に貢献します。

  • ステラ CVTサーモコントローラー イメージ
[その他のテクノロジー]
■気筒別燃焼制御 ■低粘度CVTフルード ■温度条件に応じた最適統合制御 ■吸気温度の低減 など

大切なエネルギーをムダなく使うために。

  • エコ発電制御

    減速時に発生するエネルギーを利用して、バッテリーを集中充電するエコ発電制御。高効率化したオルタネータにより走行時の充電を抑制しエンジン負荷を低減します。

  • ステラ オルタネータ
[その他のテクノロジー]
■停車前アイドリングストップの採用 ■LEDランプの採用 など

ボディはできるだけ軽く、滑らかに。

  • 軽量高剛性ボディ

    軽量・高剛性を実現したボディ。トンネル後端、リヤサスペンション取付点、サスペンションメンバー、サイドアウターとインナーの剛性を高めることで、優れた操縦安定性と乗り心地を実現しています。

  • ステラ 軽量高剛性ボディ イメージ
  • 優れた空力性能

    フロントアンダースポイラーとリヤスパッツで床下の風を整流。樹脂リヤゲート一体のルーフスポイラーで後流渦を制御。流線型ドアミラーやバンパーコーナーなどボディ各部の形状を最適化することで、優れた空力性能を実現しています。

  • ステラ 空力性能 イメージ
[その他のテクノロジー]
■転がり抵抗の低減 ■ボディ軽量化の取り組み(高張力鋼板+樹脂パーツの採用) など

パワフルなモードへ手元で切り替え。

  • 走行モード切替ステアリングスイッチ

    パワーモードスイッチをステアリングに搭載。主にシフトポジションが [D]レンジのときにスイッチをONにすると、エンジンの回転数を上げ、スロットルをより高開度に制御することで、軽快な走りとスムーズな加速を実現します。走行中、ONとOFFの切り替えをステアリングから手を離すことなく行えます。

  • ステラ 走行モード切替ステアリングスイッチ
    写真はR スマートアシスト

アイドリングストップ中の送風を冷やす。

スマートクール(蓄冷エバポレータ)

冷房の使用で冷える蓄冷材をエアコンユニット内に搭載。アイドリングストップ中、送風に切り替わっても一定時間は冷たい風を維持するので、暑い日でも快適に過ごせます。

標準装備
R スマートアシスト
RS スマートアシスト

エコドライブの効果を、見て実感。

エコドライブアシスト照明&マルチインフォメーションディスプレイ

平均燃費、現在のエコドライブ度のほか、アイドリングストップ作動中の経過時間や積算時間も表示。アイドリングストップの効果を実感できます。

エコドライブアシスト照明

  • ステラ エコドライブアシスト照明 ホワイト
  • ステラ エコドライブアシスト照明 グリーン
燃費のいい運転をするほどに、照明がホワイトからグリーンへ。グリーンの状態を長く保つだけで上手にエコドライブできます。
  • ステラ エコドライブアシスト照明 パワーモード走行時
  • パワーモード走行時は、照明がホワイトになります。

マルチインフォメーションディスプレイ

  • ステラ マルチインフォメーションディスプレイ アイドリングストップ積算時間表示例
    アイドリングストップ積算時間表示例
  • ステラ マルチインフォメーションディスプレイ 平均燃費表示例
    平均燃費表示例
〈その他の情報表示〉
■アイドリングストップ時間 ■航続可能距離 ■外気温 ■スマートアシスト故障/停止警告(スマートアシストⅢ搭載車)

PHOTO:G スマートアシスト 写真は撮影用に点灯しています。 ※ステラ、ステラ カスタムではデザインが異なります。