点検

日常点検整備

日常おクルマを使用する過程で、お客さまが運転前や走行距離の状況から判断して、必要に応じて行う点検です。
非常に大切な項目ばかりですので、日常点検整備はおこたらず実施するよう心がけてください。



点検項目と点検順序

順序に従って実施していただくと効率よく点検整備ができます。
異常な点があった場合やご自分で点検するのが不安な方はSUBARUディーラーにお任せください。

ボンネットを開けて(エンジンルーム内)

①ブレーキの液量

②バッテリーの液量

③エンジンオイルの量

④冷却水の量

⑤ウィンドゥウォッシャーの液量

クルマのまわりから

⑥タイヤの空気圧

⑦タイヤのき裂、損傷

⑧タイヤの溝の深さ

⑨タイヤの異常摩擦

⑩灯火装置、方向指示器の汚れ、損傷

運転席に座って

⑪駐車ブレーキ機構の引きしろ(踏みしろ)

⑫ブレーキの踏みしろ

⑬エンジンのかかり具合、異音

⑭ウィンドゥウォッシャーの噴射状態

⑮ワイパーの払拭状態

走行して

⑯ブレーキのきき具合

⑰エンジンの低速および加速の状態

⑱運行において異常が認められた箇所

警告

点検整備を確実に行い、異常が認められたときは必ずSUBARUディーラーで点検整備を受けてください。適切な整備がされていないと、思わぬ事故につながるおそれがあります。

換気の悪い場所ではエンジンをかけたままにしないでください。特に車庫内等、囲まれた場所では、排気ガスが充満し、ガス中毒になるおそれがあります。

注意

エンジンルーム内の点検作業ではエンジン高温部、回転しているプーリやベルト、自動的に回る冷却ファンに十分ご注意ください。思わぬケガをすることがあります。また、プラグやコード等の電気系統に触れると感電するおそれがあります。

点検整備をするときは、安全のため次のことをお守りください。
・水平で、人や交通の邪魔にならない安全な場所で点検してください。
・停車状態で点検するときは、駐車ブレーキをかけ、輪止めをするなど、車が動かないようにしてください。
・走行して点検するときは、周囲の交通事情に注意してください。

ボディの端部等で手にケガをしないよう、軍手等を利用してください。

エンジンルーム内に物を置かないでください。特に紙や布等燃えやすい物を置き忘れると、出火するおそれがあります。

ホース配管、配線等を外さないでください。故障の原因となるおそれがあります。




ページトップへ戻る