ホーム > アフターサービス > メンテナンストップページ

メンテナンス

SUBARU OFFICIAL WEBSITE

消耗部品交換

大切な愛車と長く付きあうには、日頃のメンテナンスは欠かせません。
消耗部品のメンテナンスを怠ると思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも・・・。
交換のサインや目安を確認して、早め早めの交換を心がけましょう。

エンジンオイル/フィルター:・エンジンの調子が悪い・燃費が悪くなった

エンジンオイル


消耗による状態の変化
エンジンオイルの役割 エンジンオイルは、エンジン内部の金属部分に油膜を作り、回転やピストン運動の摩擦を軽減します。
また、シリンダー内部の密封や防サビ、冷却、洗浄作用など様々な役割を果たしています。
こんな症状が交換のサイン! ・エンジンの調子が悪くなった
・スムーズに加速しない
・パワー不足を感じる
・エンジン音が以前より大きくなった
・以前より燃費が悪くなった
交換時期の目安

約1年、または約10,000kmごと
(理想では約6か月または、約5,000kmごとのどちらか早い方で実施)


※一部車種は交換時期の目安が異なります

詳細はこちら

エンジンオイルの商品詳細はこちら

オイルフィルター


消耗による状態の変化
オイルフィルターの役割 エンジン内を循環するエンジンオイルの汚れをろ過して清浄し、オイルのコンディションを保つのがオイルフィルターの役目です。
エンジン内の摩擦により発生するスラッジ(金属粉)やカーボンなどの不純物を清浄することで、エンジンの性能が維持され、寿命を延ばす効果も期待できます。
こんな症状が交換のサイン! ・エンジンの調子がよくない
・パワー不足を感じる
・以前より燃費が悪くなった
交換時期の目安

約10,000kmごと
(フィルター交換は、エンジンオイル交換と一緒に作業されることをお奨めいたします)


※一部車種は交換時期の目安が異なります

詳細はこちら

えらんで安心!スバルの純正オイルフィルター

※交換時期は一般的な使われ方(舗装路を1年に10,000km程度の走行)を前提として定めてあり、その代表例を示しています。
※走行距離が多い場合や未舗装路を走行する等、特殊な使われ方(シビアコンディション*)のお車については早めに(通常の時期の1/2)点検・交換してください。
*シビアコンディション:悪路・雪道走行、山道・登降坂路が多い。または、走行距離が多い、短距離走行の繰り返しが多いなど。
※車種によって異なります。詳細はメンテナンスノートまたは取扱説明書をご覧いただくか、SUBARUディーラーにお問い合わせください。

バッテリー:・エンジンのかかりが悪い・長期間使用している

バッテリー

バッテリーの役割 バッテリーは、エンジン始動時にスターターへ電気を供給する他、カーナビやライトなどの様々な電装品に電気を供給しています。
走行中はオルタネーターが発電して電装品へ電気を供給しますが、発電量が足りない場合は、不足分の電気をバッテリーが供給します。
こんな症状が交換のサイン! ・エンジンのかかりが悪くなった
・長期間使用している
・走行時と停止時でライトの明るさが違う
交換時期の目安 約2〜3年ごと(使用状況によって異なります)

※交換時期は一般的な使われ方(舗装路を1年に10,000km程度の走行)を前提として定めてあり、その代表例を示しています。
※走行距離が多い場合や未舗装路を走行する等、特殊な使われ方(シビアコンディション*)のお車については早めに(通常の時期の1/2)点検・交換してください。
*シビアコンディション:悪路・雪道走行、山道・登降坂路が多い。または、走行距離が多い、短距離走行の繰り返しが多いなど。
※車種によって異なります。詳細はメンテナンスノートまたは取扱説明書をご覧いただくか、SUBARUディーラーにお問い合わせください。

タイヤ:・雨の日など特に滑りやすい・乗り心地や燃費が悪くなった

タイヤ

タイヤの役割 タイヤはクルマと路面が接触する唯一の接点です。
走る、曲がる、止まるなどの走行機能に大きく影響します。
タイヤの異常は、パンクなどのトラブルを招き、重大な事故を引き起こす危険もあります。
こんな症状が交換のサイン! ・タイヤの溝が浅くなった
・スリップサインが出ている
・キズやひび割れがある
・雨の日などに特に滑りやすい
・乗り心地や燃費が悪くなった
交換時期の目安 スリップサイン(残り溝1.6mm以下)が出たら即交換
■タイヤローテーション(約5,000km毎)

※交換時期は一般的な使われ方(舗装路を1年に10,000km程度の走行)を前提として定めてあり、その代表例を示しています。
※走行距離が多い場合や未舗装路を走行する等、特殊な使われ方(シビアコンディション*)のお車については早めに(通常の時期の1/2)点検・交換してください。
*シビアコンディション:悪路・雪道走行、山道・登降坂路が多い。または、走行距離が多い、短距離走行の繰り返しが多いなど。
※車種によって異なります。詳細はメンテナンスノートまたは取扱説明書をご覧いただくか、SUBARUディーラーにお問い合わせください。

エンジン:・クルマのパワー不足を感じる・以前より加速性能や燃費が悪くなった

スパークプラグ


消耗による状態の変化
スパークプラグの役割 スパークプラグは、エンジンの心臓とも言える重要なパーツです。
吸入・圧縮された混合ガスに火花を着火することでエンジンを動かす役割を担っています。
こんな症状が交換のサイン! ・停止距離が長くなった
・以前より加速性能や燃費が悪くなった
・排気ガスが増えてきた
交換時期の目安 イリジウムタイプ : 約100,000kmごと(TREZIA:約200,000kmごと)
ノーマルタイプ :約15,000〜20,000kmごと

オートマチックフルード(ATF)・CVTフルード


消耗による状態の変化
オートマチックフルード(ATF)・CVTフルードの役割 オートマチックフルード(以下、ATF)とCVTフルードは、車の変速装置の中で働くオイルです。
エンジンオイルなど普通のオイルが主に潤滑作用を行っているのに対して、ATFとCVTフルードは潤滑作用だけでなく、変速装置内を油圧で制御する「作動油」としての役割も担っています。
また、ATFについては、エンジンのパワーを変速装置へ伝える「動力伝達」の役割もあります。
こんな症状が交換のサイン! ・変速時のショックが大きくなった
・発進や加速時にもたつく
・以前より燃費が悪くなった
交換時期の目安

約40,000kmごと


※一部車種は交換時期の目安が異なります

詳細はこちら

エアクリーナエレメント


消耗による状態の変化
エアクリーナエレメントの役割 エンジンは、ガソリンと空気の混合気を瞬間的に燃焼(爆発)させることにより、動力を発生して車を動かしています。
エアクリーナエレメントは、この空気中に含まれるゴミやホコリをフィルター部分できれいに除去し、十分な空気をエンジンに送る役割を果たしています。
こんな症状が交換のサイン! ・エンジンの吹け上がりが悪い
・クルマのパワー不足を感じる
・以前より燃費が悪くなった
交換時期の目安

普通・小型車:約50,000kmごと
軽自動車:約40,000kmごと


※クルマの使用状況によりフィルターの汚れ具合が早まることもあります。
特にホコリの多い悪路や砂地などを頻繁に走行する機会が多い場合には早めの交換をおすすめします。


※一部車種は交換時期の目安が異なります

詳細はこちら

えらんで安心!スバルの純正エアクリーナー

ベルト類


消耗による状態の変化
ベルト類の役割 ベルトには、タイミングベルトやVベルトなどがあります。
ベルト類は、エンジンの回転力を各装置に伝える役割をしています。
ベルトの張りが弱ければ滑ってしまい、逆に強すぎても各装置に負担をかけて故障の原因になってしまいます。
こんな症状が交換のサイン! ・目視でベルト類にひびや亀裂、たわみなどが確認できる
・エンジンルームから「キュルキュル…」などの異音がする
交換時期の目安 たるみ、ひび割れ、異音発生時
(30,000kmを過ぎたらご注意ください)

冷却水(LLC)


消耗による状態の変化
冷却水(LLC)の役割 冷却水(LLC)はエンジン内部を循環し、エンジンで発生した熱を吸収してラジエータで放熱することにより、エンジンを冷却しています。
また、冬季の冷却水の凍結によるエンジンやラジエータの破損を防ぐと共に、腐食防止剤により錆や腐食を防止します。
こんな症状が交換のサイン! ・劣化によるサビの発生や凍結でラジエターに与える悪影響を防止するために定期的な交換が必要
交換時期の目安

・初回 220,000kmまたは、11年目(どちらか早い方)
・以降 120,000kmまたは、6年ごと(どちらか早い方)


※スバルスーパークーラント使用車種の場合。
但し、軽自動車や旧型車では車検ごとまたは40,000㎞が交換時期となるなど車種により異なる。


※一部車種は交換時期の目安が異なります

詳細はこちら

※交換時期は一般的な使われ方(舗装路を1年に10,000km程度の走行)を前提として定めてあり、その代表例を示しています。
※走行距離が多い場合や未舗装路を走行する等、特殊な使われ方(シビアコンディション*)のお車については早めに(通常の時期の1/2)点検・交換してください。
*シビアコンディション:悪路・雪道走行、山道・登降坂路が多い。または、走行距離が多い、短距離走行の繰り返しが多いなど。
※車種によって異なります。詳細はメンテナンスノートまたは取扱説明書をご覧いただくか、SUBARUディーラーにお問い合わせください。

ブレーキ:・ブレーキの効きが悪くなった・ブレーキを踏むと異音がする

ブレーキフルード


消耗による状態の変化
ブレーキフルードの役割 ブレーキペダルを踏んだ力を正確にブレーキ装置に伝えるためのフルードです。
こんな症状が交換のサイン! ・ブレーキの効きが以前よりも悪くなった
・ブレーキペダルを踏むと、ふわふわする感じがする
交換時期の目安

車検ごと


※一部車種は交換時期の目安が異なります

詳細はこちら

ブレーキパット(ディスクパット)


消耗による状態の変化
ブレーキパット(ディスクパット)の役割 ディスクパットは、シム、パッドクリップとともに、車輪と一緒に回転しているブレーキローターを挟みつけ、その摩擦力によって車を減速、停止させます。
こんな症状が交換のサイン!

・停止距離が長くなった
・ブレーキを踏むと不快な音がする
・ディスクパットが異常に磨耗している

交換時期の目安

摩擦材の残り3mm程度
(理想の交換は5mm程度)

えらんで安心!スバルの純正ブレーキパッド

ブレーキシュー

ブレーキシューの役割 ブレーキドラムを内側からシューでおさえて、その摩擦でタイヤの回転を止めます。
こんな症状が交換のサイン! ・リザーバータンクのレベルの低下が著しい
・ブレーキの効きが悪くなった
・ブレーキを踏むと異音がする
交換時期の目安 残り2mm程度

※交換時期は一般的な使われ方(舗装路を1年に10,000km程度の走行)を前提として定めてあり、その代表例を示しています。
※走行距離が多い場合や未舗装路を走行する等、特殊な使われ方(シビアコンディション*)のお車については早めに(通常の時期の1/2)点検・交換してください。
*シビアコンディション:悪路・雪道走行、山道・登降坂路が多い。または、走行距離が多い、短距離走行の繰り返しが多いなど。
※車種によって異なります。詳細はメンテナンスノートまたは取扱説明書をご覧いただくか、SUBARUディーラーにお問い合わせください。

安全/快適装備:・室内のイヤな臭いが気になる・雨水がきれいに拭取れない

エアコンフィルター


消耗による状態の変化
エアコンフィルターの役割 車内の空気は目に見えないホコリや排気ガス、花粉などでいっぱい。
エアコンフィルターは、そんな空気中の不純物や臭いをシャットアウトし、室内をクリーンな環境に保ちます。
標準装備の交換用タイプから、抗アレルゲン、花粉対応タイプなど種類もさまざまです。
こんな症状が交換のサイン! ・室内のイヤな臭いが気になる
・タバコを吸っている
・花粉の季節がつらい
交換時期の目安

約1年または、12,000kmごと


※一部車種は交換時期の目安が異なります

詳細はこちら

ワイパーブレード

ワイパーブレードの役割 ワイパーはガラスについた雨水や汚れを拭き取り、雨の日でもドライバーの視界を確保します。
こんな症状が交換のサイン! ・ワイパーを動かすとビビる
・ムラやスジが入りきれいに拭取れない
・長期間交換していない
交換時期の目安 状態を確認し早めに交換を

※交換時期は一般的な使われ方(舗装路を1年に10,000km程度の走行)を前提として定めてあり、その代表例を示しています。
※走行距離が多い場合や未舗装路を走行する等、特殊な使われ方(シビアコンディション*)のお車については早めに(通常の時期の1/2)点検・交換してください。
*シビアコンディション:悪路・雪道走行、山道・登降坂路が多い。または、走行距離が多い、短距離走行の繰り返しが多いなど。
※車種によって異なります。詳細はメンテナンスノートまたは取扱説明書をご覧いただくか、SUBARUディーラーにお問い合わせください。

キズ・ヘコミ修理

小さなキズ・ヘコミの簡易修理から、大きなキズの本格修理まで、ぜひSUBARUにお任せください。
プロの目で適切な修理プランをご提案するとともに、プロの技術と充実した設備であなたのクルマを修復します。

キズ・ヘコミ修理

メンテナンスのご予約はこちらから


ページトップへ戻る