Driving

1.6L エンジン搭載モデル

SUBARU XV 2.0i-S EyeSight イメージ

写真はイメージです。

感性で味わう、加速の質感。

もっと滑らかに、もっと気持ち良く。

SUBARUは、世界的に見てもユニークなエンジン形式である「水平対向エンジン」の滑らかで安定したドライブフィールを核に、走りの愉しさや気持ち良さを徹底的に追求。SUBARU XVでは、クルマの動きや乗り心地のほか、加速フィールや音にまでこだわり、ドライバーの感性の領域を満たす走りの質感を磨き上げています。

    • 水平対向エンジン
      [SUBARU BOXER]

    • SUBARU BOXER SINCE1966

    SUBARUが理想のパワーユニットとして長年にわたって磨き続けているSUBARU BOXER。左右対称に向き合ったピストンが水平方向に往復することで、互いの力を打ち消し合う特性を持っています。そのため振動が少なく、エンジンフィールは非常に滑らか。軽量・コンパクトで低重心な構造がもたらす運動性能の高さとも相まって、他では得られない気持ちの良いドライビングを愉しめます。

  • SUBARU XV [動画で解説]パワーユニット

    [動画で解説]パワーユニット

    ※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、
    ダミー車、他車種等が含まれている場合があります。

  • 1.6L エンジン

    優れた出力性能と環境性能を備えた1.6L BOXERエンジン。高耐性化や軽量化、摩擦の低減などにより、ドライバーの感性に響く、リニアで気持ちの良い加速と音の一体感を提供します。

    標準装備
    1.6i EyeSight
    1.6i-L EyeSight
  • SUBARU XV 1.6L直噴エンジン

    出力性能と環境性能を両立させた1.6Lエンジン

  • リニアトロニック

    リニアな加速フィールと優れた燃費性能を提供するリニアトロニック。大幅な軽量化と静音化により、加速の気持ち良さと燃費性能を両立しました。また、発進時はよりパワフルに、高速巡航時はより低燃費に走れるよう、変速範囲を拡大しています。アクセルが高開度になるとステップ変速に切り替わる「オートステップ変速」も搭載。ダイレクトな加速感が走りの歓びを高めます。

  • SUBARU XV リニアトロニック

    加速の気持ち良さを高めたリニアトロニック

燃料消費率

1.6Lエンジン

  • 標準装備
    1.6i EyeSight
    1.6i-L EyeSight
  • 燃料消費率(国土交通省審査値)

  • JC08モード
  • 15.8 km/L

    1.6i EyeSight

  • 15.8(15.4) km/L

    1.6i-L EyeSight

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法に応じて燃料消費率が異なってきます。

*:( )内はオプション装着により車両重量が1430kg以上となった場合の数値です。