Driving

パワーユニット

SUBARU XV Advance プラズマイエロー・パール ローマウントタイプルーフレール+シャークフィンアンテナ、アイサイトセイフティプラス(運転支援/視界拡張)はメーカー装着オプション

PHOTO:Advance プラズマイエロー・パール ローマウントタイプルーフレール+シャークフィンアンテナ、アイサイトセイフティプラス(運転支援/視界拡張)はメーカー装着オプション 写真はイメージです。

モーターアシストが生む、
新感覚の走りの愉しさと、運転のしやすさ。

水平対向エンジン
[SUBARU BOXER]SUBARU BOXER ロゴ

SUBARUが理想のパワーユニットとして独自に磨き続けてきたSUBARU BOXER。左右対称に向き合ったピストンが水平方向に往復することで、互いの力を打ち消し合うため、振動が少なく、エンジンフィールは非常に滑らか。軽量・コンパクトで低重心な構造がもたらす運動性能の高さとも相まって、爽快な走りを愉しめます。

SUBARU XV [動画で解説]パワーユニット

[動画で解説]パワーユニット

※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれている場合があります。

e-BOXER
<2.0L 直噴エンジン+モーター> e-BOXER ロゴ

水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたパワーユニット「e-BOXER」。優れた重量バランスと低重心による安定感とともに、アクセルをひと踏みした瞬間からスムーズに加速する軽快な走りも実現。新感覚の走りの愉しさと運転のしやすさが実感できます。

標準装備
2.0e-L EyeSight
2.0e-S EyeSight
Advance
  • SUBARU XV e-BOXER <2.0L 直噴エンジン+モーター>
  • SUBARU XV e-BOXER
SUBARU XV [動画で解説]e-BOXER

[動画で解説]e-BOXER

※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれている場合があります。

シーンに応じたe-BOXER専用制御

エンジン駆動をベースに、エンジンとモーターを最適に制御。街中から高速道路まで、様々なシーンで軽快な加速を提供します。制御の状況はマルチファンクションディスプレイで分かりやすく表示します。

  • エンジンの効率が悪い低速回転域では、モーターだけで走行*1。静かでクリーンな走りを提供します。

    SUBARU XV 発進&低速走行時 EV走行
  • エンジンを駆動させ、モーターはその働きをアシスト。2つのパワーユニットを最適に使うことで軽快で気持ちの良い加速を味わえます。

    SUBARU XV 加速&中速走行時 モーターアシスト走行
  • エンジンの効率が良い高回転域では、エンジンだけで走行。必要に応じてモーターを回して発電し、バッテリーに充電します。

    SUBARU XV 高速走行時 エンジン走行
  • アクセルOFFやブレーキング時は、減速エネルギーを電気に変換して効率的に充電します。

    SUBARU XV 減速時 回生ブレーキ
  • ブレーキを踏んでクルマが停車すると、自動的にエンジンが停止*2。無駄な燃料消費を抑えます。

    SUBARU XV 停車時 アイドリングストップ

*1:状況によってはエンジンを始動させる場合があります。
*2:状況によってはエンジンを停止させない場合があります。
●システムの作動にはさまざまな条件があり、走行状況や車両の状態によって異なります。

機能に応じたe-BOXER専用制御

機能に応じてモーターアシストを活用する専用制御を備えています。


SI-DRIVE スポーツモード選択時:中速域において踏み込んだ瞬間から力強い加速を発揮しスポーティな走りを提供します。

アイサイト 全車速追従機能付クルーズコントロール作動時:ステアリングのスイッチで「ECOクルーズコントロール」をONにすると、モーターアシストと回生ブレーキを最大限活用し、より燃費に配慮した追従制御を行います。

X-MODE作動時:モーターのトルクやレスポンスの良さを活かして脱出性を向上させ、走破性と安心感をさらに高めます。

e-アクティブシフトコントロール

「SI-DRIVE」のスポーツモード選択時に、スポーティな走りをサポートするe-アクティブシフトコントロール。コーナー進入時、アクセル・ブレーキの操作状況などからスポーティな走行と車両が判断した場合に制御を開始し、高いエンジン回転数によるコーナリングを維持。コーナー後はモーターアシストを作動させ力強い加速を実現するなど、ダイレクトな変速感覚が味わえます。

標準装備
2.0e-L EyeSight
2.0e-S EyeSight
Advance
SUBARU XV e-BOXER
  • 1.6Lエンジン

    優れた出力性能と環境性能を備えたBOXERエンジン。軽量で剛性が高く、摩擦を抑えた設計により、ドライバーの感性に響く、素直で気持ちの良い加速感を提供します。

    標準装備
    1.6I EyeSight
    1.6i-L EyeSight
      
  • SUBARU XV 1.6L直噴エンジン
  • リニアトロニック

    ダイレクトな加速フィールと優れた燃費性能を提供するリニアトロニック。ワイドな変速範囲により、発進時はよりパワフルに、高速巡航時はより低燃費な走行を実現。走りの歓びを高めます。

  • SUBARU XV リニアトロニック

好みに合わせて選べる走行特性。

  • SI-DRIVE

    気分やシーンに合わせて走行性能を使い分けられるSI-DRIVE。燃費に配慮した「インテリジェントモード(I)」と、リニアな加速の「スポーツモード(S)」が選べます。

    標準装備
    2.0e-L EyeSight
    2.0e-S EyeSight
    Advance
  • SUBARU XV SI-DRIVE
  • パドルシフト

    ステアリングから手を離さずにMT感覚のシフト操作が愉しめます。Dレンジ走行中でもパドルの操作によって一時的にマニュアルモードに移行できます。

    標準装備
    1.6i-L EyeSight
    2.0e-L EyeSight
    2.0e-S EyeSight
    Advance
  • SUBARU XV パドルシフト

走行性能に寄与するテクノロジー。

エアロダイナミクス

空力性能に優れたフォルムをベースに、ルーフスポイラーやアンダーカバーなど、空気を整流するパーツを適所に採用。空気抵抗を減らし、走行安定性と燃費性能を高めます。

  • SUBARU XV ルーフスポイラー 写真は2.0e-S EyeSight

    ルーフスポイラー 写真は2.0e-S EyeSight

  • SUBARU XV エンジン&フロア下アンダーカバー

    エンジン&フロア下アンダーカバー

  • アルミ製フロントフード

    軽量なアルミ製のフロントフードを採用。燃費性能や運動性能の向上に貢献します。

  • SUBARU XV SI-DRIVE

燃料消費率

2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)

標準装備
2.0e-L EyeSight
2.0e-S EyeSight
Advance

燃料消費率(国土交通省審査値)

  • JC08モード
  • 19.2 km/L

燃料消費率*1(国土交通省審査値)

  • WLTC8モード
  • 15.0 km/L

  • 市街地モード(WLTC-L)*1

    11.5 km/L

  • 郊外モード(WLTC-M)*1

    15.5 km/L

  • 高速道路モード(WLTC-H)*1

    16.8 km/L

1.6L DOHC

標準装備
1.6i EyeSight
1.6i-L EyeSight

燃料消費率(国土交通省審査値)

  • JC08モード
    • 15.8 km/L

      1.6i EyeSight

    • 15.8(15.4)*2 km/L

      1.6i-L EyeSight

燃料消費率*1(国土交通省審査値)

  • WLTC8モード
  • 13.3 km/L

  • 市街地モード(WLTC-L)*1

    9.6 km/L

  • 郊外モード(WLTC-M)*1

    13.9 km/L

  • 高速道路モード(WLTC-H)*1

    15.4 km/L

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法に応じて燃料消費率が異なってきます。

*1:WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは高速道路等での走行を想定しています。

*2:( )内はオプション装着により車両重量が1430kg以上となった場合の数値です。