インプレッサ G4 ユーティリティ パッケージング

ユーティリティ パッケージング

写真はイメージです。撮影用の小物は商品には含まれません。

パッケージング

使いやすさの
ベストバランス。

クルマという存在が、単なる移動手段を超え、乗る人の人生を豊かにするパートナーのような存在になってほしい。それがSUBARUの願いです。インプレッサは、荷室の使いやすさ、空間の広さ、取り回しのしやすさなど、求められるさまざまな要素をそのスポーティなスタイルの中に凝縮。乗る人それぞれの使い方やライフスタイルに対応する、確かな機能性を備えています。

インプレッサ G4 [動画で解説]パッケージング

[動画で解説]パッケージング

※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれている場合があります。

ボディサイズ

インプレッサは、ワイド&ローのスポーティなスタイリングや広い室内空間を実現しながら、日本の交通環境に配慮し、扱いやすさや取り回しの良さはしっかりと確保。死角の少ない良好な視界と相まって、狭い道でのすれ違いや街中での運転も安心して行うことができます。

インプレッサ ボディサイズ
インプレッサ G4 ボディサイズ

居住空間

新たなプラットフォームの効果により、ゆとりある居住空間を実現。足元の広い前席はドライバーに最適なドライビングポジションを提供するだけでなく、左右席間と肩周りにも十分なゆとりを確保しているので、のびのびとした快適なドライブを愉しめます。それに加え後席の足元も広く、フロントシートバック形状の工夫と相まって、ゆったりとくつろぐことができます。

インプレッサ ゆとりある前席左右席間

ゆとりある前席左右席間

インプレッサ G4 ゆったりと寛げる後席スペース

ゆったりとくつろげる後席スペース

乗降性

インプレッサはドア上方が大きく開くので、頭や身体が通りやすく、狭い駐車場などでもスムーズに乗り降りできます。また開口部も広いので、荷物やチャイルドシートの積み降ろしなどが楽に行えます。

インプレッサ G4 乗降性

トランクルーム

トランクルームの開口幅、荷室幅を拡張し、荷物の積み降ろしのしやすさを高めるとともに、460ℓ(VDA法)の大容量を確保。9.5インチサイズのゴルフバッグ4個を積むことができます。さらにリヤシートのバックレストを倒すことで、トランクルームを拡張可能。長い荷物を積載することができるほか、床面の段差が少ないため、荷物の出し入れもスムーズに行えます。

*ドイツの自動車工業会による測定方式。
ゴルフバッグや荷物の形状、大きさによっては積載できない場合があります。お持ちのゴルフバッグや荷物が積載できるかどうか、販売店でご確認ください。
インプレッサ G4 トランクルーム

スーツケースサイズ(mm):[30ℓ]530×360×240[36ℓ]570×390×240[58ℓ]690×470×250
ブランド:ゼロハリバートン モデル:ZRO-Polycarbonate

インプレッサ G4 [動画で解説]トランクルーム

[動画で解説]トランクルーム

※映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれている場合があります。

※1:2名/3名乗車時の数値は次の通りです。リヤシートバック背面前端~荷室ボード後端まで:1565mm、フロントシートバック~荷室ボード後端まで:1806mm。※2:開口部最大幅は1151mm

トランクルームの写真は説明用の積載イメージです。実際のご使用にあたっては、荷物に合わせて適切な方法で積載してください。
荷室寸法はすべて社内測定値です。

※本文中の比較表現は、従来型インプレッサ G4を比較対象としています。写真・イラストはすべてイメージです。また、インプレッサ SPORTが含まれています。