点検

ホーム > アフターサービス > 点検 > 日常点検整備 > ボンネットを開けて(エンジンルーム内)

【1】ブレーキの液量

リザーバータンク内の液量が「MAX(上限)」と「MIN(下限)」の間にあるか、タンク周辺から液漏れがないかを点検します

警告

ブレーキ液の減り方が目立って早いとき、液量がMIN(下限)より低いときはブレーキ系統の液漏れ等の可能性があります。
この場合、正常なブレーキ性能が得られず、思わぬ事故につながるおそれがあります。ただちにSUBARUディーラーにご連絡ください。

【2】バッテリーの液量

バッテリー各槽の液面が「上限」と「下限」の間にあるかを点検します。
バッテリー液が不足しているときはキャップを外し、各槽の液面上限線までバッテリー補充液(蒸留水)を補充します。補充後はキャップを確実に締めつけます。

警告

バッテリー液量を点検するときにはエンジンを止めてください。

バッテリーに火気を近づけたり、ショート、スパークをさせないでください。バッテリーからは可燃性のガスが発生しているので、引火爆発することがあります。

バッテリー液は希硫酸です。バッテリー液が身体につかないように気をつけてください。目や皮膚につくと、その部分を傷めます。万一、ついたときはすぐに5分以上多量の水で洗浄し、専門医の診察を受けてください。

バッテリーの液量がバッテリーの側面に表示されている下限(LOWER LEVEL)以下で使用を続けると、容量内の各部位の劣化の進行が促進され、バッテリーの寿命を縮めたり、破裂(爆発)の原因となるおそれがあります。

アドバイス

バッテリー端子の清掃は、SUBARUディーラーにご相談ください。

【3】エンジンオイルの量

オイルレベルゲージを抜き、ゲージ先端をきれいに拭いた後、いっぱいまで差し込み、再度引き抜いてオイル量が「上限」と「下限」の間にあるかを点検します。


操作方法
①ボンネット(エンジンカバー)を開け、オイル注入口のキャップをはずし、指定の「エンジンオイル」を注入します。
②オイルレベルゲージで確認しながらレベルゲージの「F」(上限)まで補給します。
③補給後、オイル注入口のキャップを確実に取付けます。

アドバイス

エンジンオイルのレベル点検では、車を水平な場所におき、エンジン始動前、またはエンジン停止後5分以上たってから点検、補給してください。

エンジンオイル注入口やそのキャップ裏、およびオイルレベルゲージに白濁した物質が付着している事があります。この白濁物質は、ブローバイガス中に含まれている水蒸気が、注入キャップやロッカーカバー部で冷却され結露して水分となり、エンジン内部のオイルと結合してクリーム状になったものです。そのため、気温が低い冬期で発生が顕著になります。また、暖機後の走行でエンジンの温度が上がると水分と分離して元に戻ります。この白濁物質によるエンジンへの影響やオイルの変質はなく、そのまま使用しても問題ありません。

オイル注入口からゴミ等が入らないように気をつけてください。

オイルをこぼしたときは、完全に拭き取ってください。

上限を越えて補給しないでください。オイル吹き出しやエンジン故障の原因になります。

【4】冷却水量

冷却水が冷えているときリザーブタンクの冷却水が「FULL」または「MAX」(上限)と「LOW」または「MIN」(下限)の間にあるかを点検します。
※ラジエターの冷却水が減るとリザーブタンクから自動的に補給される構造になっています。


操作方法
①冷却水が不足しているときはリザーブタンクのキャップをはずし「FULL」または「MAX」(上限)まで規定濃度の「純正クーラント」を補給します。
※リザーブタンク内に冷却水がないときはラジエター本体にも補給します。キャップをはずし口元まで補給してください。
LEGACY以外のターボ車は右図の注水タンクのキャップをはずし口元まで補給します
②補給後はキャップを確実に取付けます。

警告

エンジンが熱いときに、ラジエターのキャップをはずさないでください。
水温が下がってから布きれ等でキャップを包み、静かに開けてください。エンジン停止直後の水温が高いときキャップをはずすと蒸気や熱湯が吹き出し、やけど等思わぬケガをすることがあります。

アドバイス

冷却水量の減りが著しいときは、水漏れのおそれがあります。SUBARUディーラーで点検を受けてください。

必ず「スバルスーパークーラント」を補給してください。水等を補給すると凍結しやすくなったり、サビが発生する原因になります。また、不凍液、防錆剤が混入されておりますので、季節による交換は不要です。

【5】ウインドゥウォッシャーの液量

ウインドゥウォッシャータンク側面より液量を確認します。液量が少ない場合、ウインドゥウォッシャー液を補充します。

アドバイス

ウインドゥウォッシャー液は「スバルウインドゥウォッシャーフルード」をご使用ください。

冬季は水だけの補給はしないでください。凍結するおそれがあります。

ページトップへ戻る

カタログ請求
見積りシミュレーション
試乗車検索
販売店検索