テクノロジー:Safety

走行安全

「走りを極めれば安全になる」という考え方。

SUBARUにとって「走り」は、単に愉しみを提供するものではなく、安全を高めるための重要な要素です。万一の事故に遭遇したとき、安全に回避ができること。様々な天候や路面状況で、普段と同じような安定した走りができること。「走る・曲がる・止まる」というクルマの基本を磨くことは、もしもの時に思い通りにコントロールできる、安全で頼もしいクルマづくりにもつながっているのです。


走行安定性

SUBARUは、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDという優れた基本性能をベースに、ボディやサスペンションを鍛え上げるとともに車両制御デバイスなどを採用。さまざまな側面から走行性能を考え、乗る人が心から安心できる安定した走りを生み出しています。

ライントレース性

想像してください。雨や雪の降る日に、いつもと同じ感覚でコーナーに入り、思い通りのラインを描いて曲がり、スムーズにコーナーから抜けるところを。SUBARUには、正確で安全なコーナリングを実現するさまざまな機能があります。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

コーナリング中に車が滑り出しそうになった際には、この装置が効果を発揮します。クルマの走行状態を各種センサーで常に検知し、理想の走行状態に近づけるようドライバーをアシスト。コントロールの限界付近では、4輪個別のブレーキ制御、エンジン出力制御、AWDトルク配分制御などを行い、横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えます。

TRACKモード

BRZのサスセッティングの進化に合わせて、VDCの基本制御も進化。Trackモードは、通常モードよりもドライバーのコントロール性を重視し、介入のタイミングを遅らせる機能です。さらに介入時の制御も滑らかなものとすることで、VDCの作動による車両の挙動の変化を抑制。誰もが安心してスポーツ走行を愉しめます。

アクティブ・トルク・ベクタリング

コーナリング性能や危険回避性能をさらに高める新機能です。旋回時、VDCによってフロント*の内輪側にブレーキをかけることで相対的に外輪側の駆動力を大きくし、クルマが外へ膨らむのを抑制。スムーズかつ安定した姿勢で旋回できるようアシストします。

*車種によってはフロントとリヤ

ブレーキ性能

クルマの安全性(特に危険回避性能)に直接関係するブレーキ。SUBARUはその性能を磨くだけでなく、ブレーキの「安心感」にもこだわっています。安心感のあるブレーキとは、思い通りの効きが得られること。普段は扱いやすく、はっとブレーキを踏んだときには即座に反応してくれる。しかも、晴れの日も雨の日も同じように。そんなブレーキを目指して、SUBARUはあらゆる環境と路面でテストを繰り返しています。

EBD付ABS

ABS(アンチロックブレーキシステム)は、急ブレーキなどによるタイヤのロックを検知すると、すぐにブレーキ圧を軽減。滑りやすい道路でも十分な制動力とコントロール性能を維持します。EBD(電子制御制動力配分システム)は、前輪と後輪の回転速度の差を検知し、走行状況に合わせて最適な割合で制動力を前後輪に配分するシステムです。ABSとEBDの組み合わせによって、危険回避の際はドライバーをアシストし、滑りやすい路面での制動力を増大させます。

ブレーキアシスト/ブレーキオーバーライド

ブレーキアシスト

緊急時のブレーキングでは、ドライバーの多くが十分なブレーキ力をかけることができず、被害が大きくなることがよくあります。ブレーキアシストは、ブレーキペダルを踏み込む速度と量に反応し、必要であれば自動的にブレーキ力を増大させます。

ブレーキオーバーライド

アクセルとブレーキペダルが同時に踏まれた場合、ブレーキ操作を優先させる機能です。これはペダルの踏み間違いによる事故の防止に効果的です。

●技術や機能の搭載状況は、車種、グレード、モデルライフなどにより異なります。詳しくは各車種の専用サイトをご覧いただくか、販売店にお問い合わせください。
●写真および映像はすべてイメージで、実際の仕様とは異なる場合があります。写真および映像中の車両にはオプション装着車、開発車、旧年式車、ダミー車、他車種等が含まれている場合があります。

SAFETY 「予防安全」を見る

  • Technology テクノロジー
  • Design デザイン
  • Development Story 開発ストーリー