確かな基本性能を4つのポイントで体感!

こだわりの視界設計

体感POINT1
広々視界で安心・安全!

前も後ろも視界が広い。
運転のしやすさが全然違う。

運転席に座った瞬間に感じたのが、視界の広さ。
いつも乗っているクルマと、景色が全然違う。
周りがちゃんと見えているから、
余計な心配をせずに、安心して運転できるんだ。

前方視界

後方視界

体感POINT2
死角が少ないから、よく見える!

死角が少ないから、
交差点での右左折が安心!

交差点を曲がるとき、歩道を歩いていた小さい
子どもが死角に入っていて、ヒヤッとしたことがある。
その点、SUBARUのクルマは三角窓の視界が良いから安心。
小さな差だけど、大事なことだと改めて思った。

走行安全性能

体感POINT3
抜群の直進安定性だから
全然疲れない!

とにかく安定感がすごい。
低重心って、こういうことなんだ!

正直な話、真っすぐ走るだけなら、どのクルマでも同じだと思っていたけど、
乗ってみたら違っていた…。
地面に張り付いて走っているみたいで、スピードを上げても安定感抜群。
それほど運転経験がない私にも、違いがわかったことにも驚き。

体感POINT4
思いのままに
曲がれるから愉しい!

思い描いたように曲がれて、
クルマと通じ合えている気がする。

直線はもちろん、カーブを曲がるときにもふらつかず、
自分が思い描いたようにスムーズに走れて、気持ちがいい。
初めて試乗で、自分に合っているクルマを見つけられた。

新世代アイサイトをVR体感

衝突回避機能

対向車への
衝突回避をサポート!

事故につながる
「うっかり」を防いでくれる。
これは安心感がある。

交差点で、歩行者に気を取られていると、
対向車に気づくのが遅れてしまいがち。
ステレオカメラが対向車を認識し、ブレーキをサポート。
VRだから体験できる際どい衝突回避シーンで、
安全性を体感できる。

見えない先まで、しっかり
検知してブレーキサポート!

ヒヤッとするような場面も
体感できるんだ。

見通しの悪い交差点で、ヒヤッとした経験がある。
目視では確認しきれていなかった、もしものとき、
レーダーが横断するクルマを探知してくれる。
もしものときにこそ役立つ技術が大切なんだ。

高度運転支援システム

ハンズオフで
リラックスしてストレス軽減!

渋滞のイライラに、
さようなら!

クルマ好きでも嫌になる渋滞時、
前のクルマに合わせて、自動的に止まったり、走ったり、
ステアリング操作もアシストしてくれる。
ハンズオフで肩の力を抜いて、運転も会話も、心から愉しめる。
思い描いていた未来が、ついにやってきた!

安定したレーンキープで
運転をサポート!

追従機能って、意外と便利!
いつもより遠出してみようかな。

高速道路を走るのって愉しいけど、長距離はやっぱり疲れる。
体感するまでは、あまり信用していなかったけど、
一定の速度で走るだけじゃなく、
車間距離を保って追従してくれるのは便利だし、安心。
これならロングドライブも苦にならない。

アイサイト・ツーリングアシストをVR体感!

「疲れない」をサポートする機能

車線の真ん中を
キープしてくれて疲れにくい!

アシストしてくれるから
肩の力を抜いて
楽に運転できる。

カメラが区画線や先行車を捉えて、
車線の中央をちゃんとキープしてくれる。
これって、私が運転しながらやっていることと同じだ。
だったら、ある程度はクルマに任せて、
のんびりとドライブができそう。

前のクルマについていき
渋滞してもハンドルアシスト!

高速道路の運転も
快適に!

高速走行する先行車にも、車間距離を保って、
しっかりついていく。
渋滞時には、先行車に合わせて、
止まったり動いたりを繰り返す。
こんなに楽なら、追従機能を使わない理由がない。

アイサイトがあらゆるシーンでドライバーをサポート!

「ヒヤリ!としない」「ぶつからない」をサポートする機能

見えづらいところは
センサーが教えてくれて安心!

後ろを見てくれている人が
いるみたいで安心。

もちろん目視で確認はするけど、
見えづらいところはセンサーがカバーしてくれる。
後方を確認してくれている人が
一緒に乗っているみたいな安心感。
車線変更時のヒヤリが減るのはとても助かる。

ブレーキ制御を行い
衝突回避をサポート!

「危ない!」
もしものときも安心!

ぶつかりそうになったら
衝突回避をサポートしてくれる。
この機能が全部のクルマについていたら、
世の中から事故はかなり減るだろうな。

ゾクゾク「お客様の声」更新中!

2018年取得レポートを掲載しています。

クルマに乗るすべての時に安全を 「納得」と「信頼」の体感リポート

100年前航空機づくりに端を発するSUBARUは、そのDNAを受け継ぎ、人を中心としたクルマづくりで、独自の安全技術を磨きあげてきました。この「総合安全」によって、死亡重症事故数が10年で約50%低減しています。※1「2030年、SUBARUは死亡交通事故ゼロへ※2」を目指し、走り出す前から万一の時まで、クルマに乗るすべての時に安全を提供すべく、SUBARUの「総合安全」は、これからも進化し続けていきます。

※1:公益財団法人交通事故総合分析センターのデータを基にSUBARUが独自に算出(重傷含む)
※2:SUBARU車乗車中の死亡事故およびSUBARU車との衝突による歩行者・自転車等の死亡事故ゼロを目指す

SUBARU BRAND
「2030年死亡交通事故ゼロへ。」
  • coming soon
Vol.1「0次安全」篇そもそも事故を起こしにくいクルマをPLAY MOVIE
PLAY MOVIE

納得の体感

視界性能

早速、運転席に
乗り込んでわかる視界の広さ

本間さん :早速、運転に乗りましたが、視界がとても広くて、開放感があります。

國分さん :視界の広さは、安全に運転する大切なポイントです!クルマを運転する時、見える範囲が狭いと運転に不安を感じませんか?

本間さん :確かに見えない部分に「自分が気づいていない危険があるかも」と慎重になりますね。

國分さん :SUBARUは長年「見えない部分を少なくする」ということを重要と捉え、クルマづくりをしています。例えば、クルマの骨格部分であるピラーでは、形や角度を工夫して、死角を減らしています。

國分さん :新型CROSSTREKだけに限らず、SUBARUのクルマは、クルマの周りに小学1年生くらいの子供がいるケースを想定し、前後左右のどのウインドゥからでも1m程度の高さの対象が目視できるように設計されているんです。

本間さん :運転席からの視界が広いと、危険に早い段階で気づきやすいですね。

「0次安全」について詳しく見る

Open

納得の体感

マルチビューモニター

クルマの死角を減らす
マルチビューモニター

國分さん :それでも、ドライバーの視界には死角となる部分があります。そこで、新型CROSSTREKにはドライバーの視界をサポートするマルチビューモニターが搭載されているんです。

本間さん、シフトレバーの下にある「VIEW」スイッチを押してください。

本間さん :モニターに真上から見たクルマの映像が映りました。

國分さん :フロント、リヤ、両サイドの4つのカメラ映像をリアルタイムで合成してクルマの全周囲が確認できる360°のトップビューです。

クルマの周りを一周してみますが…
本間さん、私がどこにいるか見えますか。

本間さん :はい!これならクルマの死角に小さなお子さんや障害物が隠れていてもしっかり確認できますね。苦手な車庫入れも、自信を持ってできそうです!

「マルチビューモニター」について詳しく見る

Open

納得の体感

ヘッドランプ⼀体型
コーナーリングランプ

夜間の視界をサポートする
LEDコーナリングランプ

國分さん :私たちは暗くなってからクルマに乗ることもありますよね。そんな夜間の視界をサポートする、LEDコーナリングランプがSUBARU車で初めて、新型CROSSTREKに搭載されました。

本間さん :交差点で右左折する時に、ステアリングやウィンカー操作に合わせて、進行方向を照らしてくれるんですよね!
※時速が35km/h以下の場合

國分さん :また、新型CROSSTREKではヘッドライトのランプを、ターンランプに至るまでフルLED化しました。このおかげで、歩行者や他のクルマからも見えやすくなりました!

本間さん :運転する人の安心、歩行者や他のドライバーの安全も守るために、視界性能がとても重要なのだということが良くわかりました!クルマが走り出す前から、安全への取り組みが始まっているんですね。

國分さん :その通り!
次は実際に運転して、SUBARUの安全への取り組みをさらに知っていきましょう!

「LEDコーナリングランプ」について詳しく見る

Open

納得の体感

快適なシート構造

医学的なアプローチが
もたらす疲れにくく、
快適な乗り心地

國分さん :今日は新型CROSSTREKの乗り心地を実感できるように、道路にわざと凸凹した路面を作ったり、大きくハンドルを切ってクルマを左右に揺さぶるような特別なコースを走ってみます。

本間さん :普段、街中を走っている時でも、マンホールや道路の継ぎ目があって、凸凹を乗り越えて走っているんだな〜と感じます。時には、そういった揺れで疲れてしまうこともあります…

國分さん :そこで、新型CROSSTREKでは、大学医学部と連携し、乗り心地のメカニズムを追求しました。

その結果、人が感じる乗り心地は車体の振動だけではなく、頭が揺れる時の視覚情報などによっても、変わることがわかったのです。

本間さん :頭の揺れがポイントとは、知りませんでした!

國分さん :また、頭の揺れは腰や骨盤の動きが基になっています。CROSSTREKのフロントシートは、骨盤にある“仙骨”を抑える構造になっていて、頭の揺れを低減。長時間座っても疲れを感じにくくなっています!

本間さん :クルマは人が乗るものですから、快適で、安心・安全にドライブを愉しめることが重要ですね!

「快適なシート構造」について詳しく見る

Open

もっとリポートを見る

「0次安全」について

「0次安全」リポートを
動画で詳しく見る

「0次安全」について
さらに詳しく見る

Vol.2「走行安全」篇 「走りを極めれば安全になる」という考え方
PLAY MOVIE

納得の体感

安全な走り

愉しいだけではない
SUBARUの安全な走り

國分さん :「走る・曲がる・止まる」はクルマの基本となる性能ですよね。この基本を忠実に、そして徹底的に性能を磨きあげること。それが「走りを極めれば安全になる」というSUBARUの走行安全の思想に繋がっているんです。

実際に走ってみて、どういうことか実感してもらいましょう!この先のパイロンの間を通って、レーンチェンジしてみてください。

本間さん :走る前は上手くできるか少し不安だったんですけど、自分のハンドル操作に合わせて、クルマがちゃんと動いてくれたという感じがしました!

國分さん :そう! それなんです!
「ここでハンドルを切って曲がろう」と思った時に、クルマがどんなふうに動くか、イメージして走っていたと思うんですよね。もし自分の想像とクルマが違う動きをしたら、どうなるでしょうか。

本間さん :びっくりして変なタイミングでブレーキを踏んだり慌ててハンドルを切ってしまうかもしれません…

國分さん :そうすると一緒に乗っていた私も「怖い」と感じると思います。ではなぜ、本間さんも私も怖さを感じなかったというと、本間さんが「自分の意のままにクルマを操ったから」なんです。

クルマの基本となる骨格が頼りないと、まっすぐ走ってくれなかったり「意のままに操る」と言う感覚は得られなくなってしまうんです。
だからSUBARUは外からの力に負けない骨格スバルグローバルプラットフォームとフルインナーフレーム構造を多くのSUBARU車に採用しているんです。

「スバルグローバルプラットフォーム×
フルインナーフレーム構造」について詳しく見る

本間さん :もう一つ、「自分の意のままにクルマを操る」ための大事なポイントは、低重心と左右対称レイアウトが特徴のシンメトリカルAWDと水平対向のBOXERエンジンですよね!

國分さん :その通りです!
エンジンなど重たいものは、できるだけクルマの低い位置に搭載。
さらにそれらをクルマの左右の中心に配置することで、シンメトリカルなレイアウトが完成します。
左右のどちらかに重量が偏ることがないので、運転していて扱い易いクルマになるんですよね。

本間さん :SUBARUといえば4輪駆動のAWDというイメージですが今私たちが乗っているクルマはFWDなんですよね。

國分さん :そうなんです。今回の新型CROSSTREKでは、これまでのAWDに加え、新たにフロント2輪駆動のFWD車がラインナップされたんです。

もちろんFWDでもAWDと同様、優れた安定性はそのままにFWDならではの軽快なハンドリングが愉しめます。

本間さん :自分の走りの好みや、ライフスタイルに合わせてSUBARUを選ぶ幅が広がったのは嬉しいですね!

國分さん :また、先ほどお話しした骨格やシンメトリカルなレイアウト の他にもう一つ、地面から伝わる衝撃や振動を抑制する大事なパーツとして、サスペンションがあります!
SUBARUは多くの車種でフロントストラット式、リヤはダブルウィッシュボーン式を採用しています。

國分さん :一般的なFWD車ではトーションビーム式サスペンションが多く使用されていますが、新型CROSSTREKでは、タイヤの接地が良く、グリップ力も維持し易いので、AWDでもFWDでもダブルウィッシュボーン形式を採用しています。

本間さん :それで左右の揺れが少なかったんですね。

私は今まではアイサイトなどの先進技術を進化させて安全性能を高めるのだと思っていましたが、走行性能もすごく重要なんだ、ということがわかりました。

Open

「走行安全」について

「走行安全」リポートを
動画で詳しく見る

「走行安全」について
さらに詳しく見る

Vol.3「予防安全」篇 先進技術で安全運転を支援する
PLAY MOVIE

アイサイト搭載車の追突事故発生率0.06

※2014年~2018年に発売したアイサイトVer.3搭載車数(456,944台)と、
公益財団法人・交通事故総合分析センター (ITARDA)のデータ(追突事故数:259件)より、
SUBARUが独自算出。

納得の体感

プリクラッシュブレーキ

万が一の前に
衝突回避を支援

國分さん :予防安全といえば、事故を起こす前に危険を察知して、ドライバーに知らせたり、運転をサポートしてくれる技術で、アイサイトは代表的な機能の総称です。

ところで本間さん、アイサイトの機能は大きく分けて2つあるのはご存じですか?

本間さん :「衝突回避の支援機能」と「運転負荷の軽減機能」ですよね!

國分さん :そうです!
「衝突回避の支援」でまず代表されるのが「プリクラッシュブレーキ」です。衝突の危険がある時、初めは警告音で危険を知らせます。それでもドライバーの回避動作が起こらず、このままでは衝突を免れないと判断されたときは自動でブレーキ制御が作動してくれます。

本間さん :歩行者などが急に飛び出してきてしまった時も、そういった機能があると、心強いですね!
※機能には限界があります。システムに頼った運転をせず、安全運転を心掛けてください。

「予防安全」について詳しく見る

Open

納得の体感

アイサイト広角単眼カメラ

周囲の環境を認識し
運転をサポートする
アイサイトがさらに進化

國分さん :また、特に事故が多い交差点での衝突回避性能を高めるため、新型CROSSTREKでは、ステレオカメラに加えて、「広角単眼カメラ」をSUBARUで国内初搭載しました。

本間さん :アイサイトが3つの目になったんですか?

國分さん :ステレオカメラを「2つの目」と表現すると「第3の目」と言えるかもしれませんね。 広角単眼カメラによって、従来のアイサイトより広範囲をカバーしているので、歩行者が歩道にいる間から対象として捕捉し、万が一道路に飛び出した際に備えられるようになったんです。

本間さん :アイサイトの進化でますます安心ですね!

國分さん :そうですね。でも事故を予防するためには、私たちドライバー自身が周囲の状況に常に注意を払い、安全運転を心がけなくてはいけません。

本間さん :特に高速道路を運転するときは、緊張した状況が続いて、疲れやすいですよね。
注意散漫や、いつもならしないミスも起きやすくなります…

「アイサイト広角単眼カメラ」について詳しく見る

Open

納得の体感

アイサイト・ツーリングアシスト

高速道路運転時の
疲れを軽減!

國分さん :そんな状態をできるだけ軽減するために、アイサイトのもう一つの柱、「運転負荷の軽減機能」があります。

例えば、ツーリングアシストは高速道路を走行中、アクセルから足を離しても、設定した上限速度で走行します。ハンドルから手を離すことはできませんが、軽く添えるように支えるので、これまでより肩や腕にかかる負担が軽減されるようになります。

本間さん :ドライバーの疲労も軽減されて、ミスを起こしにくくなりますね!

國分さん :ただ、アイサイトは自動運転ではありません。運転の主体はあくまで私たちドライバー自身でアイサイトは私たちをサポートをする機能です。

本間さん :人とクルマが協力して、安全な社会を作る。アイサイトがあるから安全なのではなく、アイサイトは運転のパートナーなんですね。

「アイサイト・ツーリングアシスト」について詳しく見る

Open

もっとリポートを見る

「予防安全」について

「予防安全」リポートを
動画で詳しく見る

「予防安全」について
さらに詳しく見る

Vol.4「衝突安全」篇 万一のための、万全の備え
PLAY MOVIE

納得の体感

衝突安全ボディ

スバルグローバルプラット
フォームは、衝突時の安全
を守る「衝突安全ボディ」

國分さん :万が一、事故が起きてしまった時に備え、SUBARUは、日本に衝突に関する安全基準が適用される30年近くも前から、衝突実験を実施していました。長年の取り組みは、「スバルグローバルプラットフォーム」などクルマの骨格につながっています。

本間さん :「スバルグローバルプラットフォーム」って、乗り心地や走行性能につながるクルマの骨格かと思っていました!

國分さん :走行性能はもちろん、衝突時の安全を守る「衝突安全ボディ」でもあったんです。

ボンネットやリヤ部分が大きくつぶれて、衝突の衝撃をできるだけ吸収、人が乗るキャビンの変形を防ぎ、乗員を守ります。

「衝突安全」について詳しく見る

Open

納得の体感

エアバック

万一の衝突事故に備え、
乗員だけでなく歩行者を
保護するエアバック

本間さん :衝突の衝撃から人を守るには、エアバッグも重要ですよね。

國分さん :もちろん、新型CROSSTREKでは9つのエアバッグを備えています。
運転席エアバッグ、助手席エアバッグに加え足元を保護する運転席ニーエアバッグ、助手席シートクッションエアバッグ、側面衝突時に保護する左右のサイドエアバッグと乗員の頭部を保護するカーテンエアバッグです。

本間さん :アレ?全部で8つですよ。9つと言っていませんでしたか?

國分さん :9つ目はクルマにぶつかった歩行者を保護するエアバッグです。
SUBARUが目指す「死亡事故ゼロ」には歩行者の死亡ゼロも含まれます。現在多くの車種で、歩行者保護エアバッグは標準装備されているんです!

本間さん :走る前の安全、走りの安全、予防する安全、衝突時の安全。全方位で、運転する自分だけではなく、周りの安全も考えているんですね。

「エアバック」について詳しく見る

Open

「衝突安全」について

「衝突安全」リポートを
動画で詳しく見る

「衝突安全」について
さらに詳しく見る

Vol.5「つながる安全」篇 24時間365日つながるサービスで命を守る
PLAY MOVIE

納得の体感

SUBARU STARLINK

事故やトラブルが
起こってしまったその時に

國分さん :SUBARUの「つながる安全」。
いざという時にオペレーターと直接会話ができたりGPSと連動して自車位置を特定したり、最新の安心・安全技術です。

本間さん :SUBARU STARLINKですね。

國分さん :エアバッグが開くような衝突があると、自動でコールセンターのオペレーターに繋いでくれる「先進事故自動通報」をはじめとして、対象の警告灯が点灯した時、メールなどで通知してくれる「故障診断アラート」など様々な機能があります。

本間さん :事故や故障などの緊急時は、パニックになりやすいのでオペレーターと繋がると安心ですよね。

Open

納得の体感

ENDING

最後に、新型CROSSTREK
に試乗してSUBARUの
安全について学んだ一日を
振り返ります

本間さん :これまで知らなかったり、わかっていなかった部分について詳しく教えてもらい、すごく勉強になりました。
特に運転する時の視界の重要性や、これまで当たり前だと思っていた「走る・曲がる・止まる」が実はクルマのおかげだったとわかったり、「走りを極めれば安全になる」もそうですが、クルマの安全ってすべて繋がっているんだな、と思いました。

國分さん :今日一日でたくさんのことを吸収してくれたみたいですね!
SUBARUは、「2030年、交通死亡事故ゼロへ」をスローガンに掲げ、SUBARU車の乗員、SUBARU車と衝突した歩行者や自転車などの死亡事故をゼロにする取り組みを全力で行なっています。大切な命を守るため、人とクルマの未来が、今よりもっと幸せになるために。
今日お話しした5つの安全技術で、SUBARUはより安全で安心な社会の実現を目指します。

本間さん :新型CROSSTREKには新しい魅力が まだまだたくさんあります。
まもなく各お店に試乗車も届きますので、 ぜひお近くのスバルのお店で 試乗・体感してみてください。

Open

「つながる安全」について

「つながる安全」リポートを
動画で詳しく見る

「つながる安全」について
さらに詳しく見る

  • SUBARU SAFETY
  • Eysight World
  • This is SUBARU! 体感&展示キャラバン
  • ジブン自在SUV CROSSTREK

SUBARUのお店で、CROSSTREKをご試乗いただけます。

※一部店舗では試乗車のご用意が無い場合があります。店舗にお問い合わせください。

Special Contents This is SUBARU!をトコトン解説

CROSSTREK × SUBARU STARS SUBARUの総合安全を体感
LEGACY OUTBACKで学ぶ運転術 スバルスターズ 佐藤あかり・平澤果歩が体感!「安全運転のコツ」と「LEGACY OUTBACKの信頼感」
EyeSight World ドライバーを「ヒヤッと」「イラッと」させるモンスターたちのいたずらを、アイサイトマンが「アイサイト」のパワーを使って解決!
SUBARUのSUVでおでかけ試乗 VOL.1 仲良し四人家族に、FORESTERがやってきた!フォレスターに乗って家族でキャンプへGO!
SUBARUのSUVでおでかけ試乗 VOL.2 湘南サーフドライブには、アクティブにどこでも行けるSUBARU XVがピッタリ。SUBARU XVで行く、スバルスターズの女子旅!
LEVORG搭載 アイサイトX モータージャーナリスト藤島智子氏による解説と一般モニターの驚きと感動の声をご紹介!
モータージャーナリストがe-BOXER & アイサイト・ツーリングアシストを体感解説。
新開発パワーユニット e-VOXER 新開発パワーユニット e-BOXERの解説と試乗レポート
  • SUBARU試乗ポータルサイト
  • CROSSTREK
  • お店で体感
  • オンライン見積り
  • 試乗車検索